ニュース

シェアリングエコノミーが 地方を変える

このところ、民間の住宅に旅行者を有料で泊める「民泊」をめぐる議論が活発化しています。国家戦略特区として1月に東京都大田区で民泊特区がスタート。法改正や仕組みづくりなどの動きも進んできました。一方でホテル・旅館業界には、民泊に反対する声があるようです。今のところは民泊の宿泊日数に制限を設けるなど規制を…この記事の続きを読む

ニュース

米イーベイ、1~3月の売上高4%増 純利益は23%減

【シリコンバレー=藤田満美子】電子商取引の米イーベイが26日発表した2016年1~3月期決算は、売上高が前年同期比4%増の21億3700万ドル(約2380億円)だった。昨年分離した決済事業の米ペイパルなどからの利益がなくなったため、純利益は23%減の4億8200万ドルとなった。 1~3月期の取扱高は…この記事の続きを読む

ニュース

米ツイッター、1~3月の売上高36%増 最終赤字が継続

【シリコンバレー=兼松雄一郎】米ツイッターが26日発表した2016年1~3月期決算は売上高が前年同期比36%増の5億9452万ドル(約660億円)だった。伸びが鈍っている利用者数は前の四半期と比べても、ひとまず増加傾向へと持ち直した。研究開発費や販売促進費などがかさみ、最終損益は7973万ドルの赤字…この記事の続きを読む

ニュース

なぜ日本のエージェンシーはデジタルシフトできないのか?:対談 電通アイソバー得丸氏 ✕ 元オグルヴィ馬渕氏

世界の名立たるエージェンシーと比較すると、日本のデジタルエージェンシーは統合マーケティングが求められる時代に対応できていない。おかげで、力不足だと見る向きすらあるほどだ。その背景には、デジタル黎明期よりネット広告専業代理店が先行して存在感を増してきたことによって、広告代理店、制作プロダクション、あるいはソリューションベンダーなどへ機能がいまだに断片化していることが挙げられる。 つまり、あらゆる打ち手を比較検討し、統合的にミッションを遂行できるデジタルエージェンシーは多くないのが現状なのだ。折しも、1月の組織改編から半年を待たずに、電通が新会社・電通デジタルの発足を発表したことには、その危機感と力の入れようがうかがえる。 そこでDIGIDAY[日本版]では、海外のエージェンシーの動向と文化を知り尽くしている電通アイソバーの得丸英俊氏、そしてオグルヴィ・ワン・ジャパンの代表を務めた馬渕邦美氏への取材を企画。海外エージェンシーにおけるデジタルシフトの展開を参考に、日本のエージェンシーの課題と、それらをどう克服できるかを探った。 The post なぜ日本のエージェンシーはデジタルシフトできないのか?:対談 電通アイソバー得丸氏 ✕ 元オグルヴィ馬渕氏 appeared first on DIGIDAY[日本版]….この記事の続きを読む

ニュース

熊本地震でネット通販に携わる人たちができること

ネット通販事業者が熊本地震の被災地支援としてできること、今後の考えられる企業の課題について解説私は東日本大震災を千葉県で体験しました。そのことに加えて、被災地にボランティアに行き、なおかつ販促のコンサルタントという立場で、何かお役に立てる情報が発信できるのではないかと思い、ブログに記事をアップしまし…この記事の続きを読む

ニュース

会社の果たすべき責任は、会社がなくなっても個人が生きていけるようにすること──誰もが「働きたくなる会社」は存在しない

DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー(DHBR)とサイボウズ式で考える「働きたくなる会社」──。日本企業の未来について、サイボウズをモデルケースに議論をします。DHBRの第3回討論会では「多様性」や「いい会社」についての議論が起こり、「働き方を多様化することで、世界一のグループウェアを生み…この記事の続きを読む

ニュース

ジャパネットたかたが1.7億円を寄付、商品売上や社内募金を熊本地震被災地へ

寄付したのは、4月21日のテレビ通販、ラジオ通販で販売した防災グッズの売上全額、ECサイトでの売り上げの一部ジャパネットたかたなどを傘下に持つジャパネットホールディングスは、熊本地震災害の義援金として1億7858万円を寄付したと発表した。寄贈するのは創業者・高田明氏が出演を果たした4月21日のテレビ…この記事の続きを読む

ニュース

<ZDNet Japan>FinTechが金融イノベーションを巻き起こす

前回「FinTechの今 グローバルから見た日本」は、グローバルの動向として、FinTech投資規模の加速度的な増加と「資産管理」や「トレーディング」といった、より複雑な金融プロダクトに踏み込んだ投資が増加傾向にあることを示した。 その上で、グローバルと日本のFinTech市場の差異について、Fin…この記事の続きを読む

ニュース

株式会社STANDING OVATION新しい着回しアイデアを発見できるファッション・コミュニティアプリ『XZ(クローゼット)』ファッション通販サイトStylifeと連携

~自分の手持ち服に新品アイテムを組み合わせてシミュレーションを楽しめる、新しいファッション体験を提供~株式会社STANDING OVATION(所在地:東京都渋谷区・代表取締役:荻田 芳宏)の運営する、新しい「着回し」アイデアを発見できる女性向けファッション・コミュニティアプリ『XZ(クローゼット)』(以下、『XZ』)……この記事の続きを読む

ニュース

[やじうまミニレビュー] 小さいのに必要なものが全部入れられる「お財布ポシェット」

最近のスマホケースの傾向として、お財布一体型ものが多いと感じております。確かに便利そうではありますが、「もうちょっと持ち物が多い」「ハンカチや口紅も携帯したい」という女性には、もの足りないかもしれません。そんな方におすすめなのが今回ご紹介する「お財布ポシェット」です。 …この記事の続きを読む