ニュース

インドはなぜ世界的な「頭脳立地」になれたのか

今やマイクロソフト、グーグル、アドビシステムズなど、主要なIT系企業のトップをインド人がつとめる。なぜインドのIT産業はこれほどまでに発達したのだろうか。インドのバンガロールとムンバイの現地調査では、会議の合間や移動する車中でインドのIT産業に関するさまざまなエピソードを聞くことができた。印象的だったのは、(1)グローバルなビジネス展開がいつ頃から始まったのか、(2)バンガロールにIT産業が集積したのはなぜか、(3)21世紀に入ってからインドのIT産業はどう変貌しているかの3点だ。…この記事の続きを読む

ニュース

16歳の高校生が考案した「海洋ゴミ回収プロジェクト」が、北海でテスト開始。

毎年800万トンものプラスチックが海に捨てられているーー。この問題を解決するために考案されたプロジェクト「The Ocean Cleanup」は、自然エネルギーを用いてコストを最小限に抑え、海洋生物を傷つけずに、大量のゴミを回収・リサイクルできる可能性を秘めています。2016年6月22日に、そのプロ…この記事の続きを読む

ニュース

丸紅、CTコープと戦略提携 アジアの消費関連開拓

丸紅は19日、インドネシアの有力複合企業CTコープと戦略提携することで合意したと発表した。インドネシア国内に加え、共同でアジア地域での新規事業を探る。丸紅はアジアで現地に密着した小売り事業や販売金融を成長分野に位置付けており、近くタスクフォースを立ち上げ具体策を策定する。また、人材交流や人材育成プロ…この記事の続きを読む

ニュース

慶大のVC、ファンド第1弾を設立

慶大のベンチャーキャピタル、慶応イノベーション・イニシアティブ(KII)は19日、慶大の研究成果を活用したベンチャー企業に投資を行うベンチャーキャピタルファンドの第1弾を設立したと発表した。20の法人・個人から約45億円を調達したという。運用機関は今月1日から10年間で、最大2年の延長可能性がある。…この記事の続きを読む

ニュース

TDK社長、新規事業へ収益構造シフト クアルコムとの合弁軸

6月28日付で就任したTDKの石黒成直社長は、フジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、米クアルコムとの合弁事業を軸に、主力事業の再編を加速させる方針を明らかにした。来年1月に予定されている合弁契約後、クアルコムに譲渡する高周波部品事業などスマートフォン関連部品の収益比率を下げていく一方、IoT…この記事の続きを読む

ニュース

「愛」と「絆」創る結婚式提案 アタックス研究員・坂本洋介

仙台市内とその周辺地域、石巻市で葬祭会館20カ所と仏壇ギャラリー4店舗のほか、ケータリングサービス、コンシェルジュサービス、予約制ハイヤー事業を運営・展開する清月記(仙台市宮城野区)が5月1日、新事業としてブライダル事業を開始した。 「冠婚葬祭」というように婚(結婚式)と葬(葬儀)は、人生に関する催…この記事の続きを読む

ニュース

技術主導のイノベーションが失敗するシンプルな理由 – トヨタとソフトバンクで鍛えた「0」から「1」を生み出す思考法・ゼロイチ

「0」から「1」を生み出す力を日本企業は失っているのではないか?そんな指摘が盛んにされています。一方、多くのビジネスパーソンが、「ゼロイチを実現したいが、どうしたらいいのか?」と悩んでいらっしゃいます。そこで、トヨタで数々のゼロイチにかかわった後、孫正義氏から誘われて「Pepper」の開発リーダーを務めた林要さんに、『ゼロイチ』という書籍をまとめていただきました。その一部をご紹介しながら、「会社のなかで“新しいコト”を実現するために意識すべきエッセンス」を考えてまいります。…この記事の続きを読む

ニュース

採用とは、マーケティングである。|マーケターの企みVol.35:㈱ビースタイル 社長室 宇佐美啓さん(3/4)

  今月は、株式会社ビースタイルにてブランディング施策を手がける宇佐美啓さんにお話をうかがう。「女性の再就職支援・転職支援に強い人材サービス会社」といわれるビースタイルがなぜ「ゆるい就職」「変態×真面目採用」と […]…この記事の続きを読む

ニュース

NEC、企業のAI活用を支援するコンサルティングサービスを発売

日本電気株式会社(NEC)は、AI(人工知能)活用を支援するコンサルティングサービス「AIディスカバリープログラム」を発売した。  「AIディスカバリープログラム」では、業務革新や新事業創出に向けてAI活用を検討している企業を対象に、同社のAI技術群「NEC the WISE」を適用した事業ビジョン・コンセプトの企画や、AI活用シナリオの検討、アクションプランの策定、実現性検証などを行なう。また、迅速なサービス提供に向け、AIの適用実績を基にした「業種・テーマ別AI活用テンプレート」を整備・適用する。第1弾として、4業種(製造・エネルギー・交通・金融)、4テーマ(リスク回避・コスト削減など…>>続きを読む…この記事の続きを読む

ニュース

21th New Education Expo in 東京 現地ルポ[4]~アクティブ・ラーニング実践事例とプログラミング教育

「New Education Expo 2016 in 東京」が6月2日~4日の3日間、東京・有明の東京ファッションタウンビルで開催された。4回目の現地ルポでは、ICTを活用した授業づくりのスペシャリストである東京学芸大学の高橋純氏が1人1台の情報端末を活かした授業づくりの実践事例を紹介するセミナーと、特別支援教育におけるICT活用の優れた実践者で、学びの場.comの執筆者でもある北海道札幌養護学校教諭の郡司竜平氏が登壇したセミナー、そして展示ゾーンからは今注目のプログラミング教育に最適な教材をご紹介する。…この記事の続きを読む

ニュース

自動運転は、カフェを見よ。

慶應義塾大学大学院の前野隆司教授と東京大学i.school ディレクター横田幸信さんによる対談の最終回。技術者は「ヒューマンセントリック(人間中心)」や「デザイン思考」を敬遠しがち。では、どうアイデアを生み出すか。実践に向けた具体的プロセスを、自動運転車を例に披露する。「自動運転は、カフェを見よ」。…この記事の続きを読む

ニュース

女性活躍拡大と働き方改革に必要なマネジメントとは

5月20日に開催された、働く女性のためのイベント「WOMAN EXPO TOKYO 2016」のプレイベント、ダイバーシティマネジメントセミナー。「企業を強くする女性活躍推進」をテーマに、基調講演には、中央大学大学院戦略経営研究科(ビジネススクール)教授の佐藤博樹氏が登壇。「女性の活躍の場の拡大と働…この記事の続きを読む

ニュース

リコー「シータ」が開拓した360度の画像世界 (VR(バーチャルリアリティー) 製造も営業も変える第3の波)

「VR元年」と呼ばれる今年、存在感を増しているデジタルカメラがある。リコーが2013年に世界に先駆けて開発した全天球カメラ「THETA(シータ)」だ。シータの登場で、360度の画像世界を手軽に楽しめるようになった。…この記事の続きを読む