ニュース

無印良品のトップページが「ネットストア」に――Webサイトの刷新目的とその内容とは

良品計画は8月8日、「無印良品」のWebサイトを全面リニューアルし、「ネットストア」をトップページに置く設計などに刷新した。「無印良品」のブランドサイトは「ネットストア」を中心に据え、多様化する消費者行動に対応する設計に変えた。目的はユーザビリティや顧客体験などの向上。「オムニチャネル視点で、店舗/

ニュース

西部ガス、グループ連携を推進――担当部門の人員増強

西部ガスはグループ企業間の連携を進めるため、担当する事業推進部の人員を増やす。主力の都市ガス事業に加えて、住宅関連や飲食などグループの事業内容が多岐にわたるなか、異なる部門同士で理解を深め、新規事業の創出など相乗効果を生み出す。 事業推進部の中で、新規事業推進を担当する事業開発室を3人から8人に増員

ニュース

エイジアは18年3月期1Qが大幅増収増益、通期も2桁増益・増配予想

エイジア<2352>(東2)はメール配信システムの大手である。eコマース分野を強化し、AI(人工知能)を活用した新サービス開発も推進している。18年3月期第1四半期は大幅増収増益だった。そして通期も2桁増益・増配予想である。株価は好業績を評価して2月の年初来高値を試す展開が期待される。■メール配信などe-CRMシステム「WEBCAS」シリーズが主力 自社開発e-CRMシステムのWEBCASシリーズを提供するアプリケーション事業を主力として、システム受託開発なども展開している..

ニュース

ソーバルは上場来高値圏、18年2月期2桁営業増益予想で配当増額や株式2分割(9月1日付)も好感

ソーバル<2186>(JQ)は組み込みソフト開発などエンジニアリング事業を展開している。18年2月期2桁営業増益予想である。株価は配当予想増額や株式分割も好感して上場来高値圏だ。好業績を評価する流れに変化はなく、目先的な過熱感が解消して上値を試す展開が期待される。なお9月1日付で1株を2株に分割する。■組み込みソフト開発などエンジニアリング事業を展開 組み込みソフト開発、ウェブ・スマホアプリ開発、ハードウェア設計・開発などのエンジニアリング事業を展開している。技術力と経験豊..

ニュース

ものまねではない「原始的なイノベーション」は子どもに学べばいい

昨今、イノベーション創出のマインドセットや思考法として、「固定概念を持たないこと」や異なる情報を組み合わせる「新結合」の概念、デザインシンキングなどが提唱されています。しかし、「固定概念を持たないこと」や「自由に情報を組み合わせること」、「失敗を恐れず、アイデアをどんどん発散していくこと」は、私たち大人が子どもの頃から身につけていたことではないでしょうか? 今回は、子どもがその成長・発達の段階でみせるイノベーティブな観察力・情報編集力に注目し、大人がそこから学び、気づきを得るためのヒントをお届けします。

ニュース

【日本発!起業家の挑戦】VRで医療現場のコミュニケーション円滑に

医療業界には規制が多く、ディスラプト(破壊的革新)が難しい。治療を受ける患者からすればそれは多くの場合望ましいことだが、最近、医療分野でのイノベーションがスタートアップから生まれている。破壊的と言うよりはシンプルなイノベーションが慎重に、少しずつ変化を促し、人々の健康な暮らしを実現しようとしている。

ニュース

シリコンバレーの醜聞に学ぶ印新興企業

世界のハイテク産業の集積地である米シリコンバレーが相次ぐセクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)問題に揺れる中、インド・バンガロールの新興企業は同様のトラブル回避に向けた対策を講じている。インドのハイテク産業の中心地である同市には、ソフトウエア大手インフォシスやITサービス大手ウィプロなどの国内企業

ニュース

「学生が良いインターン先を選べるようにしたい」実現に向けTECH::CAMPを受講し、起業。

パートナー企業のブログから転載です!==== プロフィール 松岡大司さん 早稲田大学国際教養学部卒業 2017年4月にTECH::CAMP受講 長期インターンシップのクチコミサイトを作り、起業したい ――なぜプログラミングを学ぼうと思われたのでしょうか? 起業のために必須の…

ニュース

設立3年のソラコム、なぜKDDIの子会社になる道を選んだのか(佐野正弘が斬る!ニュースなアプリの裏側)

KDDIは2017年8月2日、IoT向けの通信サービスやソリューションを提供するベンチャー企業のソラコムを子会社化すると発表した。急成長を遂げているソラコムはなぜKDDIの傘下となる道を選んだのか。そしてKDDIがソラコムを買収する狙いはどこにあるのだろうか。

ニュース

Googleがランサムウエアの身代金ルートを追跡、月間1億円を“稼ぐ”ウイルスも(シリコンバレーNextレポート)

パソコンに感染してデータを暗号化し、身代金を要求する「ランサムウエア」。2016年から急増している身代金の支払いプロセスを米Googleが追跡したところ、27億円を超える身代金がロシア人が運営するビットコイン取引所で換金されていたことが判明した。同取引所の運営者は2017年7月に逮捕されている。

ニュース

メルカリ経済圏膨張 ブランド品特化の姉妹アプリ投入

フリマアプリ最大手のメルカリ(東京・港)は21日、ブランド品の個人間売買を仲介する新しい専用アプリの配信を始めた。現在のアプリを使っている利用者が、同じIDで手軽にブランド品を売買できる。今後はメルカリのIDをサービスに利用する他社も募る。高いシェアを握る同社が社内外に事業を広げることで、「メルカリ