ニュース

新たに提供開始したサービスでいち早く10万人のアクティブユーザーを獲得するには?

世の中のニーズに答える新しいサービスをアプリやネット上でローンチしたとしても、人々の目に留まらずユーザーの数が増えないようではサービスは正当に評価されず、ビジネスとしても成り立たないものになってしまいます。小さな子どもをもつ親の情報交換サイトとして2016年にスタートした「Winnie」は2017年に「10万人のアクティブユーザー」という節目をクリアしており、そこに至るまでの成功のポイントを振り返ってブログで公開しています。続きを読む…

ニュース

県一般会計、微減見通し 図書館計画費も 静岡

静岡県の2018年度当初予算案の一般会計規模(歳出総額)は、各部局の提出ベースで1兆1860億円で、17年度当初(1兆2058億円)を1・6%程度下回る見通しとなった。新規に計上を見込む事業は、JR東静岡駅南口に整備予定の「文化力の拠点」に全館移転する県立中央図書館の基本計画策定費など。県当局が13

ニュース

第4・第5のキャリア実現か、楽天やドコモが欲しがる「新たな周波数帯(1.7GHz/3.4GHz帯)」を解説してみた

楽天が携帯電話事業に参入すべく、新たに開放される周波数帯の割り当てを申請する方針であることを先程Buzzap!でお伝えしましたが、一体どのような意味を持つ周波数帯なのかを解説します。詳細は以下から。◆今回割り当てられるのは1.7GHz帯と3.4GHz帯、新規事業者優先まず見てもらいたいのが、総務省が

ニュース

ispace(東京都港区)/月探査計画始動、月着陸船開発へ/清水建設らが出資

ispace(東京都港区)/月探査計画始動、月着陸船開発へ/清水建設らが出資[2017年12月14日1面]月着陸船のコンセプトモデルイメージ 資源探査などの宇宙開発を手掛けるベンチャー企業のispace(東京都港区、袴田武史代表取締役)は13日、月着陸船を独自開発し、月の周回と月面着陸に挑む計画を

ニュース

CVC「既に設立・検討」3割 社長100人アンケート

大企業がコーポレート・ベンチャー・キャピタル(CVC)を設立する動きが広がっている。日本経済新聞社の「社長100人アンケート」では、23.2%が「CVCを設立している」と回答、「検討している」をあわせると3割強になった。スタートアップ企業の力を借りて研究開発や新規事業育成のペースを上げるのが狙いだ。

ニュース

米ターゲット、即日宅配サービスの新興企業を買収

【ニューヨーク=河内真帆】米小売業大手のターゲットは13日、即日宅配サービスを提供するスタートアップ企業シップトを5億5000万ドル(約620億円)で買収すると発表した。ネット通販事業の強化の一環で、アマゾン・ドット・コムやウォルマート・ストアーズなどへの対抗手段と位置づける。 シップトは2014年

ニュース

会社に不満を言えないのは「会社にいる自分がすべて」だと思っているから——CINRA×サイボウズ 「若手社員が自らの働き方をデザインするためには?」

社員にとって、自分の勤めている会社が働き方改革に積極的なことは喜ばしいはず。しかし一方で、「仕事の量が減っていないのに残業だけ規制されて困る」「自由な制度があっても使い方がわからない」といったような声を聞くのも事実。社員はいつだって、会社の風土や制度に左右されてしまいます。現場で働く私たちは、どのよ

ニュース

そろそろ考えたい「スケジュール帳」の活用術/「ごきげん力」って何? 「お金のなる気分」12/14放送

本日夜午後11時半からBSジャパンで放送予定の「お金のなる気分 ~欲張り女子のケーザイ学~」(高橋真麻出演)からお届け。 2019年4月30日、今上天皇が退位、翌5月1日に皇太子さまが新天皇として即位され、現在の「平成」は新元号へと改元される。時代の一つの“節目”に向け、政府や宮内庁などの官公庁だけで[…]

ニュース

サンシャイン池崎が密かに抱く野望「池崎エンターテインメントを作りたい」

13日放送の「1周回って知らない話」(日本テレビ系)で、お笑いタレントのサンシャイン池崎が、芸能プロダクションを立ち上げたいという野望を語った。番組では「1周回って知らない テレビ業界のコレっていくら?」と題したコーナーで、サンシャイン池崎がVTR出演した。12日に放送された、同局の「ウチのガヤがすみません!」で池崎は、自身の貯金額が2,162万円だと絶叫していた。そんな池崎に「1周回って知らない話」の番組スタッフは、貯金の使い道を尋ねた。池崎は、腕を組みながら 全文トピックニュース 12月14日 06時50分

ニュース

楽天が日本で第4の携帯電話事業者(MNO)をめざす!新会社を設立し、1.7GHz帯および3.4GHz帯の周波数帯追加割当に申請と報道

楽天が日本で第4のMNOをめざす!周波数帯割当に申請へ 日本経済新聞は14日、楽天が日本で第4番目の移動体通信事業者(MNO)へ名乗りを上げる方針を固めたと報じています。総務省が2018年1月にも新たに携帯電話向けに割り当てる周波数帯に対して割当申請を行うとのこと。 …