ニュース

企業・経済深層レポート 空飛ぶクルマ実用化を目指す日本企業の苦悩

SFの世界では定番の「空飛ぶ車」。まだまだ実現は遠い未来の話かと思いがちだが、実は欧米を中心に実用化寸前まできている。日本政府はそんな世界の潮流に乗り遅れないよう、経済産業省が主導して「空飛ぶ車」の実現に向けた官民協議会を設立し、初会合を8月末に開いた。早ければ5年後(2023年)に実用化させる予定だというが、自動運転や電気自動車など、先進技術で後れを取っている日本は、どこまで世界に対抗できるのだろうか。まず、協議会設立の背景を全国紙経済部記者が解説 全文週刊実話 09月23日 09時00分

ニュース

EV化で進む車のデジタル開発、助っ人は新興企業

自動車開発の世界で、スタートアップ企業が存在感を増している。きっかけは電動化や自動運転に対応した効率的な開発・設計手法「モデルベース開発」(MBD)の広がりだ。業界で不足するデジタル技術のノウハウをスタートアップが補い、大企業との連携も広がる。「ケイレツ」があり新規参入が難しいとされた業界の姿は過去

ニュース

お客さんは過去と未来 社寺建築「匠弘堂」、宮大工の矜持

政治・選挙プラットフォーム政治山【記事】世界最古の木造建築として知られる法隆寺をはじめ、1000年以上前から存在する神社仏閣たち。現代では人口減少や宗教離れに伴い、お寺の檀家制度の崩壊などの影響を受けている神社仏閣を、いままで誰がどうやって建てて、補修して、残してきたのでしょうか。京都市左京区にある社寺建築専門の工房「匠弘堂(しょうこうどう)」です。

ニュース

福祉イベントで若手起業家講演 「障害を価値に」

福祉や介護の現場の課題ややりがいについて話し合うイベント「デイフェストーク」(社会福祉法人ながよ光彩会主催)が22日、長崎県長与町で開かれ、ユニバーサルデザインのコンサル会社を起業した垣内俊哉社長(29)が講演。「障害は視点を変えれば価値に変えられる」と訴えた。垣内さんは8年前、障害の有無や年齢にか

ニュース

USBソケットと電源スイッチ付きが便利!【バイクスマホホルダー】

充電ができる高性能ホルダーハンドルバーまわりにスマホ用ホルダーを着けるのは当たり前になってきたが、問題は電源。特にナビアプリの画面を常時表示させているとスマホの内蔵バッテリーが急激に減る。ツーリングライダーの多くは車体側からUSB電源ソケットを引き出しているが、USB電源…

ニュース

教師なしLDAから、半教師有りLDA(ガイド付きLDA)へ

教師有りLDAモデルを使って、何か面白いことができないか調べてみたいと思います。今回は、そもそも日本語での教師有りLDAモデルの解説記事が少なかったようなので、参考になったVikash Singh氏の英語版の記事の流れに沿って、半教師有りLDA(ガイド付きLDA)を解説していきたいと思います。【元記

ニュース

地方創生に貢献できる地域金融機関-「産業の新陳代謝」、「死んだ土地」に対する金融機関の役割

はじめに 先日、「地域おこし人サミット2018(主催:一般財団法人 未来を創る財団、6月30日~7月1日)」に参加した。 日本の各地には、地域おこしに取り組み、素晴らしい成功例をもつ地域おこしのキーパーソンが数多くいる。その方々のプレゼンテーションはとにかく面白い。地域ならではの風土、歴史などを利用し[…]

ニュース

ずっと仲良しでいたい!いつまでもラブラブでいるための掟とは?

最初はラブラブだったカップルや夫婦が、破局を迎える原因として最も多いものは何かご存知ですか?それは「性格の不一致」です。でも、育ってきた環境が違う2人の性格や考え方が違っているのは、ある意味当然とも言えますよね?そこでずっと仲良しでいられるか、破局に繋がるかを分けるのは、2人の間できちんとコミュニケ