ニュース

今こそCOBOLを学ぶべき理由(後)(今こそCOBOLを学ぶべき理由)

COBOLを仕事にするという発想を敬遠する材料の1つとなり得るのは、刺激が少なくてお堅い企業がCOBOLを使っているケースが多いという点だ。Web 2.0やモバイルのアプリがひしめく華やかなスタートアップの世界では、魅惑的な新言語が使われているが、COBOLにはその手の魅力はない。率直に言えば、大手金融機関向けにCOBOLでプログラミングする毎日というのは、かなり退屈そうに聞こえる。…この記事の続きを読む

ニュース

春の褒章:704人

政府は今春の褒章受章者を28日付で発表した。受章者は704人(うち女性199人)と26団体で、29日に発令される。学問や芸術などで功績を残した人に贈られる紫綬褒章は16人(うち女性1人)。映画「Shall we ダンス?」で知られる映画監督の周防(すお)正行さん(59)、囲碁棋士の石田芳夫さん(67…この記事の続きを読む

ニュース

限界集落から、誰よりも早く、面白いことを仕掛けます。

人は無意識的に、みんなと同じ方向に動いてしまうのです。少なくとも「資本主義的」な意味で成功したければ、その圧力から逃れないといけない。同時代を生きている以上、なかなか脱することは難しいのですが…。— イケダハヤト (@IHayato) 2016年4月23日 自分が「イケて……この記事の続きを読む

ニュース

シルバー産業に外国資本が続々

中国におけるシルバー産業市場の将来性に目を付けた外国資本が続々と進出を始めている。 北京で5月3~5日に開催される「第5回中国国際シルバーサービス業博覧会」には、米国、カナダ、フランス、英国、日本、シンガポールなど10余りの国や地域からの出展が予定されている。中でもフランスや日本は今回、集団で出展し…この記事の続きを読む

ニュース

中古宝石、ネット詐欺防ぐ グリーム、保険・鑑定・販売で一貫対策

7000ドル(約77万8000円)もする中古のルビーのネックレスをオンラインで購入するのは、リスクが高い行為だと思われるかもしれない。しかし米スタートアップ企業のグリーム(ニューヨーク)は、中古宝飾品を安全に取引する方法を確立して成功している。 …この記事の続きを読む

ニュース

春の褒章:受章者は704人と26団体

政府は今春の褒章受章者を28日付で発表した。受章者は704人(うち女性199人)と26団体で、29日に発令される。学問や芸術などで功績を残した人に贈られる紫綬褒章は16人(うち女性1人)。映画「Shallwe ダンス?」で知られる映画監督の周防(すお)正行さん(59)、囲碁棋士の石田芳夫さん(67)…この記事の続きを読む

ニュース

アップル、端末頼みの成長限界 ソフトへ軸足転換

【シリコンバレー=兼松雄一郎】米アップルの成長神話が曲がり角にさしかかっている。斬新な新製品をタイミングよく投入して事業を拡大してきたが、1~3月期は13年ぶりの減収となった。スマートフォン(スマホ)、タブレット(多機能携帯端末)、パソコンがそろって2桁のマイナスに沈んだ。ハードに依存した成長は限界…この記事の続きを読む

ニュース

チョウザメ養殖、新段階 豊根村と幸田町が連携(4月28日)

地方創生交付金で新たに設けた養殖用の水槽=豊根村下黒川で 豊根村が取り組んでいるチョウザメ養殖プロジェクトが、新たな段階に入った。幸田町と連携し、二〇一六年度から低温プラズマ技術を養殖に応用した実証実験が始まる。国の地方創生交付金を活用し、名古屋大の支援を受けて取り組む大型事業だ。二十七日、村役場で…この記事の続きを読む

ニュース

「社会的インパクト投資」とプロジェクト―次のスタートアップのパーティー会場

元マイクロソフト・ベンチャーズ エヴァンジェリストで、2015年5月から自主サバティカル中の馬田隆明氏。「Medium」掲載の氏のブログが話題だ。記事転載(再編集)にて、スタートアップ時代の終焉とプロジェクト時代の始まりを探る本連載。 第3回目の記事は、「次のスタートアップのパーティー会場を探して」(後編)をお届けする。…この記事の続きを読む

ニュース

全印工連 第1回理事会を開催、 各工組と連携、協力体制の一層の強化図る

↑全印工連 第1回理事会を開催、 各工組と連携、協力体制の一層の強化図る2016年04月28日全日本印刷工業組連合会(全印工連、島村博之会長)は4月22日、日本印刷会館で第1回理事会を開催し、総会に上程する議案等について審議した。 平成28年度事業計画(案)の基本方針は、「志ある印刷産業へ、期待され…この記事の続きを読む

ニュース

PMBOKが通じない難関プロジェクトにはポスト「モダンPM」を(記者の眼)

システム開発プロジェクトの「質」が大きく変わってきている。増えたのは、イノベーション創造型、新技術前提型、超高速型と呼ばれる案件だ。時代とともにプロジェクトの質が変わるのは当然だ。しかし問題は、従来のPMBOKのような「モダンPM」が適用できなくなってきたこと。こうした難関プロジェクトには、ポスト「モダンPM」が不可欠である。…この記事の続きを読む

ニュース

脱・成果主義のイノベーション 自らの信念を打ち立てる

ビジネスにイノベーションが重要だと盛んに言われているが、実際イノベーションが起こっている企業は少ない。「その原因は、既存の枠組みの中で物事を考えているから」と、多摩大学大学院の徳岡晃一郎教授は話す。いまの事業の構造を変えずに、いまのビジネスモデルの中で仕事をしようとしたら、イノベーションの余地がないのは当然であるという。…この記事の続きを読む