ニュース

[滋賀県立大学]滋賀県立大学のソーシャル・アントレプレナーコースで同大初となる経営関連講座『経営学序論』を開講中 — 文部科学省「COC+」事業採択の一環

滋賀県立大学では、文部科学省「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」(COC+)の採択を受けた教育プログラム改革の一環として、今年度より「近江楽士」副専攻にソーシャル・アントレプレナーコースを新設。10月3日から、同大では初となる「経営学序論」を開講している。地元就職率のアップにつなげるため、学…この記事の続きを読む

ニュース

戦略的デザインプロセス——組織を変化させ、イノベーションを生み出すためのレシピ

前回は、なぜ「戦略としてのデザイン」が重要なのかに関して、デザインとビジネスが交わる場所で何が起き、人間中心設計や舞台裏でのデザイン、デジタル化経済の中でデザインがどのように有効かを解説した。今回は、Designitが設立から25年に亘って、デザインを用いたイノベーションに取り組んできた経験に基づき作り上げた「戦略的デザインプロセス」について解説したいと思う。形式に則って仕事を進める、と聞くと杓子定規で融通が利かない組織構造を思い浮かべるが、デザインの文脈においては、形式(=プロセス)はこれとは少し違った意味合いで捉えられる。…この記事の続きを読む

ニュース

スーツケースにもGPS 米の最新IoT事情

先だって、米シリコンバレーの中心地パロアルトにあるIoT(インターネット・オブ・シングス)専門店を訪ねた際、あまりに多様な製品が並んでいて驚かされた。米パロアルトのIoT専門店「b8ta(ベータ)」では多様な製品が並ぶ IoTは様々なモノがネットに接続することをいう。今や関連ニュースを目にしない日は…この記事の続きを読む

ニュース

シスコ、2017年度の事業テーマは“フルスピードで変革を”

シスコシステムズ合同会社(以下、シスコ)は12日、2017年度(2017年7月期)の事業戦略に関する説明会を開催した。2017年度は、“フルスピードで変革を(Innovation at Full Speed)”を事業テーマに掲げ、日本独自の統合ソリューション展開によって、顧客企業のデジタル変革を加速…この記事の続きを読む

ニュース

クリストフ・ウズローさん、そもそもFinTechってなんですか

毎年、国内外のトップアナリストが東京に集結し、CIOやITリーダーに向けてデジタルワールドのトレンドを発信する「Gartner Symposium/ITxpo」ですが、今年も10月5日 – 7日の3日間に渡ってグランドプリンスホテル新高輪で開催されました。筆者は今回、何人かのアナリスト諸氏とお話をさせていただく機会があったのですが、ガートナー ジャパンから「日本ではまだ専門で担当しているアナリストがいないFinTechのスペシャリストに話を聞いてみませんか」とお声がけいただき、ガートナー リサーチ バイスプレジデントのクリストフ・ウズロー(Christophe Uzureau)さんにインタビューさせてもらいました。日本でも話題のFinTechのキホンについて、金融のシロウトにもわかるように説明してもらいましょう! …この記事の続きを読む

ニュース

JYDデザインキャンプ ハッカソンが終了

日本サッカー協会(JFA)と慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科(SDM研究科)は10月10日(月・祝)、「JYDデザインデザインキャンプ」の「ハッカソン」を共同でJFAハウスにて実施しました。9月に行われた「アイデアソン」から1ヶ月間、8チームそれぞれが「Football for…この記事の続きを読む

ニュース

予想外という価値

昨今のコンビニ弁当も随分美味しくなったとはいえ、特定の同じ弁当を3回続けて食べることはできない。味が完全一致している工業製品だからだ。これに比べると家庭料理は似たようなメニューが続いたとしても、“舌が痺れる”ようなことはない。味が適度にブレているのだ。つまり私たちは、美味しいかどうかよりはブレとか揺…この記事の続きを読む

ニュース

わたしが内定辞退、再就活という選択に踏み切った理由。

こんにちは、イケダハヤトです。パートナー企業「TECH::CAMP」のブログから、記事を転載させていただきます。プログラミングを学んで、新たな一歩を踏み出しましょう。 ==== 希望していたSE職の内定を辞退し、再び就職活動をするという選択をした沖本麻衣さん。 その……この記事の続きを読む

ニュース

【日本の針路 大塚耕平のスピークアウト】フィンテックにみる産業革命

■IoTからIoS ◆1.0と2.0 フィンテックとは金融(フィナンシャル)と情報技術(テクノロジー)の合成語だ。金融サービスとIT(情報技術)を組み合わせた新たなビジネスや技術、またはその分野を総称する造語だ。この造語の誕生時期については諸説あるが、1990年代には既にシリコンバレー関係者が使って…この記事の続きを読む

ニュース

日系企業のベトナム人社員「技術・日本語・熱意」で架け橋に – China Report 中国は今

持ち前のハングリーさで習得した「専門技術と日本語」で、アジアからリーダーたちが続々と輩出される時代になった。アジアの国々を長らく「弟分」として見てきた日本だが、日本人のアジア人材との立ち位置は今大きく変わろうとしている。 …この記事の続きを読む

ニュース

事業モデル変革の実践に不可欠、ビジネスアナリシスの勧め

ビジネスモデル変革を実践するための方法論として、「ビジネスアナリシス」を使うことをお勧めしたい。ビジネスアナリシスとは「ニーズを定義し、ステークホルダーに価値を提供するソリューションを推奨することにより、エンタープライズにチェンジを引き起……この記事の続きを読む

ニュース

世の中になかった職業を、自分でつくってしまえ!“サムライ”榊原氏に学ぶモチベーションの高め方 – 一生を賭ける仕事の見つけ方

「スタートアップ支援」を掲げてサムライインキュベートを起業し、現在は国内外の100を超える企業に投資、さらにはイスラエル進出も果たした榊原健太郎氏。次々と挑戦を続ける「原動力」は何なのか?話題沸騰の対談、第2弾!…この記事の続きを読む