ニュース

ソニー×ザ・パーキング銀座、WALKMANなど歴代名機をクッションやポーチに

ソニー×ザ・パーキング銀座、WALKMANなど歴代名機をクッションやポーチに 左)「G型」クッション 右)「TCD-D3」ポーチソニー(SONY)と藤原ヒロシがディレクションを手がける、ザ・パーキング銀座(THE PARK・ING GINZA)のコラボレーションアイテムが、2016年7月中旬に発売さ…この記事の続きを読む

ニュース

日本HP、コストとスピードに優れた業務用3Dプリンターを発表 国内販売は来年後半に開始の予定

HP社および㈱日本HP(本社・東京都江東区、岡隆史社長)は、業界最大の3D付加製造カンファレンス「RAPID」で、業務用3Dプリンティングシステム「HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューション」を発表した。 HP Jet Fusion 3D 4200 Printer「HP Jet F…この記事の続きを読む

ニュース

【イベント開催報告】スタートアップ3社CEOが語る「インバウンドビジネスのこれから」

[株式会社フレンバシー] 訪日インバウンド事業を展開する株式会社フレンバシー(東京都渋谷区、代表:播太樹)は、BOJ株式会社(東京都中央区、代表:野口貴裕)、及びZens株式会社(東京都渋谷区、代表:町田龍馬)のインバウンド系スタ……この記事の続きを読む

ニュース

地震による土砂崩れ現場をドローンで3次元データ化

福岡市のスタートアップ企業トルビズオンは、2016年4月の「熊本地震」で被害を受けた道路の土砂崩れ修復現場を、ドローンを使って撮影し、3次元データを取得した。2016年5月13~14日に幕張メッセで開催されたスタートアップ向けイベント「Slush Asia 2016」で研究事例として紹介した。…この記事の続きを読む

ニュース

何故、オムニチャネルマーケティングが銀行にとって必須なのか

黒川賢吾) 消費者はデジタル化している。このことを銀行業界よりも知っている人々はいないだろう。ExchangeWireはBackbase社CEO Jouk Pleiter氏に、デジタル化に関して銀行業界がどのような点に目を向けて注意を促し、顧客がどこにいるのかを把握するために、いかにオムニチャネルに真剣に取り組むべきかについての話を聞いた。 以前、銀行の顧客は、昼食時間に店頭で取引をしたり、店頭に行き金融に関する相談をしたりすることに満足していました。しかしそれは既に過去のことです。   今日のスピードの早い世の中において、時間の制約がより大きくなり、消費者は自分の好む形で、いつでもどこでも、サービスや企業とのやりとりをしたいと感じています。   自身の余暇の過ごし方を考えるとこの点は明確になるでしょう。ビデオオンデマンドによりモバイル、タブレット、PCやテレビで、好きな番組をスケジュールに沿ってではなく、好きな時間に視聴することが容易になっています。さらにNetflixにより、一つのデバイスで視聴を行った後、別のデバイスで続きを視聴するというような、より柔軟な視聴が可能になっています。   銀行は、この変化を認識しています。英国銀行協会によると、モバイルアプリでの取引が昨年、最もよく使われる取引方法となりました。しかし古いインフラを所有する4大銀行が、業界に新規参入してくる新世代のプレイヤーに対抗するには、今以上の取り組みが必要です。イノベーターのジレンマは、一つのチャネルではなく、全てのチャネルにおいて適切かつ強力な顧客対応を提供し続けなくてはならないことにあります。   銀行はこのことを理解しています。当社が小売金融組織のEfmaと共同で作成した、世界中の100以上のCレベルの銀行に関する調査レポート「銀行のオムニチャネル:デジタルへの変革のロードマップ」の中で、61%もの銀行がオムニチャネルは銀行のサービスにおいて、「非常に重要である」と回答しています。 ですが問題は、オムニチャネルの戦略を実行しているのは、全体の1/5に過ぎないということです。   何故でしょうか?業界の崩壊が、人々が予期するよりも早く起きるのはよくある話です。Taxiの運転手はUberのようなサービスが現れるとは予期していませんでした。現在「銀行業界のUber」と呼ば…この記事の続きを読む

ニュース

<ZDNet Japan>富士通、「MetaArc」強化–既存システムのクラウド化で調査、計画立案

富士通は、クラウドなどの製品群「FUJITSU Digital Business Platform MetaArc」を強化する。具体的な強化点は、「既存システムのクラウド移行支援の強化」「デジタル革新の検討・検証プロセスの短縮」の2点。 「デジタル革新が進まないというお客さまが抱える課題を解決するた…この記事の続きを読む

ニュース

ばく進する中国半導体を受けての、韓国の打ち手こそが脅威

2016年からスタートした第13次5カ年計画(2016〜2020年)の下、中国は付加価値の高いハイテク産業の発展を急ぎ始めた。そして、欧米や日本、韓国、台湾などの企業から、M&Aやヘッドハントなどによって、知財や人材の収集を加速させている。テクノ大喜利では、こうした中国の動きが世界の電子業界にどのよ…この記事の続きを読む

ニュース

その起業に「社会に貢献したい!」はあるか儲かると考えて始める事業は、まず失敗する – スタートアップチャンネル

2016年4月19日、六本木ヒルズのアカデミーヒルズにて、第9回東洋経済スタートアップセミナー(トーマツベンチャーサポート共催)が行われた。今回は「0から1を生む。あなたも起業しませんか?」をテーマに……この記事の続きを読む

ニュース

「育児・家事・介護」、3つのことを社会にシェアすれば、もっと豊かになれる──カラーズ経沢香保子×サイボウズ青野 慶久

起業した会社を辞め、2度目の起業でベビーシッター事業の会社をスタートさせた株式会社カラーズの経沢香保子さん。前編では、待機児童問題や経沢さんの2度目の起業、また会社を経営する上での苦労を経営者の観点からサイボウズ代表の青野と対談をしました。後編では、家事や育児における男女の価値観や、ベビーシッターは…この記事の続きを読む

ニュース

企業で働く面白さを感じながらも、独立し、「行政書士」を目指したわけ

テクノロジーの進化によるワーク・シフトやライフスタイルの多様化から、昨今、働く場所や時間にとらわれない「働き方」が受け入れられるようになってきました。今回のインタビュー連載では、パラレルキャリアの中でも、本業以外に仕事を持つ「複業」を実践している方々に登場いただき、実例を通して、どのようにして自分に合った働き方、生き方を見つけていくかを探っていきます。 今回は、オリックス株式会社を経て、行政書士として幅広い仕事に携わりながら、映像制作会社のCFO兼COO、行政や地域に関する活動、教育現場での講師など、ジャンルを問わず活動の幅を広げている松本沙織さんにお話をお伺いします。今までの連載はこちらから。…この記事の続きを読む

ニュース

米グーグル、仮想現実で攻勢 新端末を共同開発

【シリコンバレー=小川義也】米グーグルは18日、仮想現実(VR)技術に対応したスマートフォン(スマホ)やアプリを開発するためのプラットフォームを発表した。今秋刷新する次期基本ソフト(OS)「アンドロイドN」に「VRモード」を搭載。スマホを差し込んで使う頭部装着型ディスプレー(HMD)の新端末をメーカ…この記事の続きを読む