ニュース

世界から最先端のドローンアイデアが集結する「Airbus Cargo Drone Challenge」とは?

災害や事故の際に、救命物資や医療品を現場へ速やかに届けることを目的とする緊急輸送用ドローンのアイデアを競うコンテスト「Airbus Cargo Drone Challenge」が開催され、53カ国351の都市から425もの応募が集まった。本コンテストは、航空機メーカーのエアバスグループと技術者コミュ…この記事の続きを読む

ニュース

(朝鮮日報日本語版) CJ第一製糖、米バイオ企業の資産取得(朝鮮日報日本語版)

CJ第一製糖は23日、産業用微生物、バイオプラスチックの開発を専門とする米バイオベンチャー企業、メタボリックスの生命工学研究施設、設備、知的財産権を買収する内容の意向書を取り交わしたと発表した。予想買収額は1000万ドル(約10億円)で、来月中に最終契約を結ぶ。CJ第一製糖はバイオ産業での技術力を高…この記事の続きを読む

ニュース

JILS 最新のSCM学ぶ「ストラテジックSCMコース」

日本ロジスティクスシステム協会(JILS、遠藤信博会長、東京都港区)は、最新のSCMが学べる「ストラテジックSCMコース」を10月7日から3月3日まで、全20回のコースとして開講する。 募集説明会を8月8日に開催し、同日から申し込みを受け付ける。コースは、東京工業大学大学院イノベーションマネジメント…この記事の続きを読む

ニュース

戦後日本を支えた3人の起業家たちから学ぶ、いま“最も求められる賢さ”「ストリートスマート」とは?

ストリートスマート(street smart)とは、英和辞書によると形容詞的意味で“都市環境で生き残るために必要な鋭い臨機応変さを持つさま”という意味を持つ。実際にアメリカではブックスマート(book smart)と比較されて用いられることが多い。ブックスマートは知識が豊富、高い教育を受けている人を表し、その分実践や経験によって学んでいく力が乏しく、何でも教科書通りに行動する人とも揶揄される。…この記事の続きを読む

ニュース

なおとランドや古民家カミング 夏休み夢会議 浜松

人口減少対策について政策提言をする中学生=浜松市議会本会議場 浜松市の中学生が市政について考える「夏休み夢会議」が23日、市役所内の市議会本会議場で開かれ、市内全57校の代表者57人が政策を提言した。来年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」の放映に合わせて「なおとランド開設」など常識に縛られないアイデア…この記事の続きを読む

ニュース

エスプールは目先的な売り一巡して上値試す、16年11月期大幅増益予想で増額濃厚

エスプール<2471>(JQ)は人材サービス事業を展開している。ロジスティクスアウトソーシングの低採算案件減少や電力スマートメーター設置業務の収益化などで16年11月期大幅増益予想である。第2四半期累計の進捗率が高水準で、通期は増額が濃厚だろう。株価は年初来高値圏から急反落したが反発の動きを強めている。目先的な売りが一巡して上値を試す展開だろう。■ロジスティクス、障がい者雇用支援、コールセンターなど人材サービス事業 ビジネスソリューション事業(ロジスティクスアウトソーシング…..この記事の続きを読む

ニュース

【夏休み特別企画】2016年上半期・最も見られた動画ベスト5

2016年上半期(1月~6月)の第1位は他を大きく引き離して、川淵三郎氏の「リーダー論」、2位はサイバーエージェントやメルカリなどの創業者たちが語る「起業論」でした。全体的なテーマとしては「人工知能」などのテクノロジーに関するトピックが人気となりました。見逃した方はぜひこの機会にご覧ください!第1位…この記事の続きを読む

ニュース

1日3.8億円を売る通販の裏側

年商1395億円、1日あたり3億8000万円超、1分あたり約25万円を売り上げるテレビ通販最大手のジュピターショップチャンネル。創業以来19年連続増収を続けるその秘訣(ひけつ)は? 消費者を魅了する販売力の源泉は何なのか? その秘密を探るため、365日24時間稼働するショップチャンネルの通販現場を訪…この記事の続きを読む

ニュース

触覚でイノベーションを起こせ——触覚技術+ハッカソン「ショッカソン 2016」開催

スパイスボックスは一般社団法人T.M.C.Nとの共催で、触覚技術を題材にしたハッカソン「ショッカソン(Shock-a-thon:触覚ハッカソン)2016」を、8月27~28日に開催する。優秀作品には、イベント終了後も継続開発支援を目的とした作品発表の場を提供する。…この記事の続きを読む

ニュース

アドアーズは17年3月期大幅増益予想、アミューズメント施設既存店7月は5ヶ月連続プラス

アドアーズ<4712>(JQ)はアミューズメント施設運営の総合エンターテインメント事業を主力としている。17年3月期第1四半期は大幅増益だった。またアミューズメント施設7月既存店売上は5ヶ月連続で前年比プラスとなった。17年3月期は介護事業休止も寄与して大幅営業予想であり、オリーブスパとの業務提携効果も寄与して収益改善が期待される。なお8月1日付で単元株式数を1000株から100株に変更している。株価は戻り高値圏から一旦反落したが、自律調整が一巡して上値を試す展開だろう。■…..この記事の続きを読む