ニュース

スポーツ界に新潮流、“大手IT企業発”の解析専門会社が始動

国内の大手IT企業の社内プロジェクトから、スポーツ分野向け映像検索・分析技術をコアにする新会社が誕生した。2018年6月12日に事業を開始した「RUN.EDGE」である。もともとは富士通の社内でプロジェクトが立ち上がり、同社が推進するオープンイノベーションを軸にした「デジタルイノベーター」の先例とし

ニュース

面倒なソフトウエアテストはAIに任せる、自動化の現実味

有料会員限定記事現在は登録会員(無料)の方も閲覧可能ですシステム開発に占めるテスト工数の割合は大きい。特に稼働中のシステムに対して機能の追加や変更をする「エンハンス開発」では、古い機能が積み重なり、テスト対象が雪だるま式に大きくなる。開発工数の半分近くがテストに費やされているという現場も珍しくない。

ニュース

ニューラルネットを活用した画像認識、GPUと専用回路を組み合わせる

日経 xTECH有料会員限定現在は登録会員も閲覧可能ですニューラルネットを活用した画像認識を、自動車で利用するための半導体製品が出そろってきた。DNN(ディープニューラルネットワーク)を利用した画像処理を専用チップの形で提供する企業の代表例は、Intel社が買収した米Movidius社である。エッジ

ニュース

1日に1万6000社が起業、データで見る中国ITの迫力

アリババや京東を知っただけで、中国のIT事情を理解したと思うのは早計だ。中国の底力は、むしろ絶え間なく生まれ続ける多数のスタートアップ企業にある。スタートアップ企業の動向を通じて中国の「本当の強さ」を探る。「BAT」はもう古い、時代は「TMD」だ――。中国の巨大ネット企業の頭文字をとって「B(百度)

ニュース

世界が注目するMade in Japanが続々誕生 ITベンチャートップが語る、未来を変えるプロダクト

2018年5月24日、MIJS(Made In Japan Software & Service)コンソーシアム主催による、「スタートアップのトップに聞く ”世界で勝っていくための作戦” meet ALIVE (MIJS Business Network Committee) #1」が開催されました。meet ALIVEとは、世界をより楽しく、より豊かに変えようとする企業やイノベーターたちが語らうMeet upコミュニティ。日本マイクロソフト株式会社のエバンジェリストの西脇氏が司会を務め、パネリストには株式会社tsumug、ユカイ工学株式会社、ライフイズテック株式会社のCEOが登壇しました。本セッションでは、それぞれの創業時のエピソードやプロダクトについて紹介します。

ニュース

「女性×働き方」はどう変わるのか 人生100年時代のキャリアパスを考える

2018年7月11日、東京都渋谷区の女性向けコワーキングスペース「la billage(ラ・ビレッジ)」のオープニングイベントが開催されました。トークセッションの第1部では、起業家、スタートアップ業界のリーダーとして活躍する登壇者4名が「女性×働き方」の未来について語り合いました。

ニュース

スマスピの可能性を大いに拡張するガジェット「GHKit Plus」が期待高

ITベンチャーの「てとてとて」は、スマートスピーカーの拡張キット「GHKit Plus」を発売しました。GHKit Plusは、Google Home、Amazon Echo、LINE Clovaといったスマートスピーカーを拡張するキット。さらに、一般的なBluetoothスピーカーに、スマートスピーカーのような機能を持たせることもできます。

ニュース

オウム・松本元死刑囚の遺骨巡り話題 「海洋散骨」どう行われているのか

「海洋散骨」がにわかに注目を集めている。オウム真理教の教団元代表、松本智津夫(麻原彰晃)元死刑囚の遺骨を巡り、四女の代理人が「太平洋上の不特定地点で散骨したい」との意向を示したからだ。そもそも海洋散骨はどこまで許され、どう執り行われているのだろうか。【宇多川はるか/統合デジタル取材センター】散骨の後

ニュース

Nokia「X5」がデビュー、ノッチ有りでデュアルカメラ搭載

  Nokiaブランドの元デバイス製造を行うHMD Globalは、Nokia「X5」を発表しました。ノッチ有りでデュアルカメラが搭載されています。 中堅スペックで価格は安め 中国での予約注文が開始されたNokia「X5」は、国際市場ではNokia「5.1 Plus」として販売される可能性があります。   Nokia「X5」は、MediaTek Helio P60プロセッサ、3GBまたは4GBのRAM、32GBまたは64GBのストレージ、3,060mAhのバッテリー、Android 8.1 Oreo搭載となっています。     カメラは最近のスマートフォンでは平均的な1,300万画素と500万画素のデュアルカメラが背面に取り付けられています。800万画素の自撮りカメラは、ボケ効果を使ったポートレートモードも利用可能です。     販売価格は、3GBのRAM、32GBのストレージ搭載モデルが999人民元(約16,670円)、4GBのRAM、64GBのストレージ搭載モデルが1,399人民元(約23,350円)となっています。 急速に売上を伸ばすHMD Global Nokiaブランド携帯の販売を行うフィンランドのスタートアップ企業HMD Globalは、創業からわずか2年余りで株式時価総額10億ドル(約1,103億円)に達しており、破竹の勢いが続いています。   マトリックスのネオが使用していた携帯を現代風にアレンジして復活させるなど、ガラケー市場では良い位置についているHMD Globalですが、高い品質の仕上げにも関わらず、販売価格を抑えることで、スマートフォン市場への進出も図っています。     Source:SlashGear (lexi)

ニュース

会計専門職大学院 「社会人対象ビジネス講座」受講者説明会・講座見学会を開催

会計専門職大学院では、社会人対象ビジネス講座の受講者説明会・講座見学会を以下のとおり開催します。参加費は無料ですが、事前申し込みが必要です。多数の参加をお待ちしています。日程7月30日(月)時間受講者説明会 18:00~19:00講座見学会 18:30~20:00場所梅田キャンパス KANDAI M