ニュース

GI産品、海外展開に補助 三島馬鈴薯や田子の浦しらす

農林水産省は2018年度、地域の農林水産物や食品をブランドとして保護する地理的表示(GI)保護制度に登録された産品の海外展開を支援する新規事業に取り組む。18年度政府予算案に関連経費として約2億円を計上した。GI産品の生産者や団体が、各国の保護制度に登録する際にかかる申請費を補助し、国内産品のブラン

ニュース

焦点:中国の地方都市で「特区ブーム」過熱、債務拡大の懸念も

Yawen Chen Christian Shepherd [忠県/宜興、中国 8日 ロイター] – 長江のほとりの丘陵地帯に広がる中国南部の地方都市・忠県は、当初の計画では「エコシティ」導入による町おこしによって、貧困から脱出するはずだった。 だが土地の権利を巡る地元政府との軋轢(あつれき)から、開発業者が緑をテーマにしたこの計画から撤退。後に残されたものは、建設途中で放棄された建造物と、

ニュース

ドライバーのニーズを予測するコクピット…ヒュンダイが次世代コネクトカーをCES 2018で公開予定

ヒュンダイは12月21日、米国で2018年1月に開催されるCES 2018において、音声認識による仮想アシスタントシステム、「インテリジェント・パーソナル・エージェント」を組み込んだ次世代のコネクトカーコクピットを初公開すると発表した。インテリジェント・パーソナル・エージェントは、ヒュンダイと米国シ

ニュース

米アマゾン、家庭用防犯カメラ「ブリンク」買収

【シリコンバレー=佐藤浩実】米アマゾン・ドット・コムは22日までにインターネットにつながる家庭用の防犯カメラやドアベルを手がける米スタートアップ企業のブリンク(マサチューセッツ州)を買収した。人工知能(AI)スピーカー「エコー」などスマートホームと呼ばれる分野の品ぞろえを増やす。アマゾンが11月に始

ニュース

クアルコム、ブロードコム「取締役案」拒否 買収交渉の経緯公表

【シリコンバレー=佐藤浩実】米半導体大手のクアルコムは22日、同社に敵対的買収を仕掛けた同業ブロードコムによる取締役の選任案を拒否すると発表した。スティーブ・モレンコフ最高経営責任者(CEO)など現任取締役の再任を2018年3月の株主総会に諮る。クアルコムは米証券取引委員会(SEC)に同日提出した資

ニュース

会社を子供に継がせるなら「まず現場で3年」が最低条件だ – イノベーション的発想を磨く

後継候補として子どもを入社させ、現場を経由することなく社長室や経営企画室などに配属する社長は多い。『「後継者」という生き方』(プレジデント社)の筆者、牟田太陽氏は、このやり方に否定的だ。そうではなく、後継者は入社後最低3年間は現場の第一線で働くべきと主張する。なぜだろうか。

ニュース

岡田元サッカー日本代表監督とメルカリ社長が語るスタートアップ経営の「鍵」 – DOL特別レポート

元日本代表監督を経て、FC今治のオーナーとなった61歳の新米経営者である岡田武史氏と、これまでにミクシィやメルカリを経営史、スポーツ界に進出し始めた37歳のやり手経営者である小泉文明氏が対談、スタートアップ企業経営の“鍵”について語り合った。

ニュース

ドラッカー幻の絶版タイトル、電子限定で復刊 – ドラッカー・クラシックス・シリーズ

「まさか」が「現実」になる時代――。しかしそれは本当に、突然、起きた出来事なのでしょうか?よく目を凝らしてみれば、予兆はすでに現れていたはずです。そして、「歴史は繰り返す」というように、人間の本質、集団心理には時代を超えるものがあります。今、激動の時代だからこそ、時代を超える普遍の著作をひも解く意義

ニュース

吉祥寺「小ざさ」式40年間行列が途絶えない「マネジメント」の真髄は「○○の人を雇いなさい!」「頭で採るより○で採れ!」「同族こそ最強?」 – 1坪の奇跡

世界一売ることが難しい商品が「殺し」を売ることができれば、世界 一のマーケティング・マネージャーになることができるのではないか ――そう考えた天狼院書店店主の三浦崇典氏による緊急寄稿!

ニュース

非上場会社のほうがガバナンスが利いてしまうのはなぜか【ポストIPOについて Vol.6】 – 次代の経営をかんがえる

上場を境に経営の難易度がぐっと上がるのと同時に、非上場のほうがガバナンスが利いてしまうのが、日本企業の現状なのか…?スタートアップ上場後の成長加速をテーマに活動するシニフィアンの共同代表3人が、ほろ酔い気分で放談、閑談、雑談、床屋談義の限りを尽くすシニフィ談。3人とも兵庫出身の関西人のせいか、やたらと早口、やたらと長話。でもピリッと、ちょっとだけ役に立ちます。