ニュース

マイデスクでも、いつでも”出来たて”水素水を楽しめる!USB対応のポータブル水素水生成器『ヤーマン H/C Beaute ピュア水素水ボトル』新発売

[ヤーマン株式会社] 【USBにつなぐだけで、出来たて水素水を生成。オフィスでスマート水素生活】 [画像1: http://prtimes.jp/i/19071/1/resize/d19071-1-211008-0.jpg ] ボトル底面に搭載した電極が、水を電気分解して水素を発生。……この記事の続きを読む

ニュース

世界一有名な柴犬まるがアンバサダーに就任 ドッグカメラの“Furbo”と共同チャリティプロジェクト始動『まる募金 by Furbo』

[友愉股份有限公司] Tomofun Co., Ltd.(CEO: Victor Chang)が展開する全ての愛犬家に喜びとイノベーションを与えるスマートドッグカメラ“Furbo(ファーボ)”は、この度、画像投稿型SNS“Instagram”で240万……この記事の続きを読む

ニュース

「伝説のアナリスト」メアリー・ミーカーによるインターネット・レポート、2016年版が発表(スライド完全版)

テクノロジーの世界で何が起きているかを学ぶいちばん手っ取り早い方法はこのレポートを読むことだ。 KPCBのパートナー、メアリー・ミーカー(Mary Meeker)が今や伝説的となったインターネット・トレンドの年次レポートを発表した。これにはインターネットの進化の現状を考える際に不可欠の統計が多数収集…この記事の続きを読む

ニュース

かつての職場も候補の1つ!? 増加する「出戻り就職」のメリットと注意点

新たな環境で新たな仲間と仕事をする。「転職」と聞くと一般的にはそうしたイメージを抱きますが、実は近年、かつて退職した企業に再就職をする「出戻り就職」をする人々や、そんな人々の再雇用を受け入れる会社が増えているのをご存知でしょうか。そこで今回は、出戻り就職のメリットや心得ておくべき注意点について、キャ…この記事の続きを読む

ニュース

<CNET Japan>元マイクロアド十河氏が立ち上げたネット広告「AdAsia」–アジア市場に勝機

シンガポールで2016年4月、インターネット広告事業を主力とする「AdAsia Holdings」が設立された。代表は、国内アドテク大手マイクロアドで東南アジア6カ国の立ち上げとCEOを担い、全拠点で黒字化を達成した実績を誇る十河宏輔氏だ。 AdAsiaは、2018年までに日本や韓国、インドなどを含…この記事の続きを読む

ニュース

ICTの力で農業革命を。ITベンチャーの挑戦 – AWS Summit Tokyo

アマゾン ウェブ サービス ジャパンは6月1日から3日間にわたり、「AWS Summit Tokyo 2016」を開催した。100を超えるセッションが行われる同イベントでは、AWSクラウドに関する最新動向やさまざまな事例が紹介された。本稿では、3日目に実施された講演「ファームノートの挑戦。Inter…この記事の続きを読む

ニュース

ベストセラー『可愛いままで年収1000万円』の著者・宮本佳実の最新刊『可愛いままでこう働く』が発売1ヶ月で大好評!

[株式会社プレリア] 6万部突破の書籍『可愛いままで年収1000万円』の著者である宮本 佳実(みやもと・よしみ)さんの最新刊『可愛いままでこう働く』(WAVE出版/2016年5月10日発売)が、発売1ヶ月で大好評を博しています。都内大型……この記事の続きを読む

ニュース

欲しい人材を“一本釣り”、 ビジネス特化型SNS「リンクトイン」で採用が変わる

リンクトインは2003年に米シリコンバレーで立ち上がったサービスで、日本では2011年11月に日本語サービスを開始した。杉本氏は「転職サービスというイメージが最初から持たれているが、『プロフェッショナルSNS』や『ビジネスSNS』であって……この記事の続きを読む

ニュース

レノボ、新型スマホ3機種発表 拡張現実を体験

【シリコンバレー=小川義也】中国レノボ・グループは9日、スマートフォン(スマホ)3機種を発表した。CG(コンピューターグラフィックス)映像を現実に重ねてみせる拡張現実(AR)の世界を体験したり、スピーカーやプロジェクターなどの別売りのモジュールを合体させたりできるのが特徴。米グーグルから買収したモト…この記事の続きを読む

ニュース

レモネード・ガレージ・いい会社──『WIRED』Vol.23 特集『いい会社』に寄せて

2016年6月10日発売の『WIRED』日本版VOL.23の特集は「Good Company」。日米中の新興スタートアップから伝統的なるファミリー企業までを取材した。しかし、そもそも「いい会社」とはどんな会社を指すものなのか? 刊行に寄せて、弊誌編集長が思うこと。…この記事の続きを読む