ニュース

カルダノが解消するイーサリアム、ブロックチェーンの課題とは――EMURGO児玉CEOインタビュー

ビットコインやイーサリアムなどの暗号通貨・仮想通貨が抱える問題を解消した通貨を生み出すべく生まれた、ブロックチェーンのオープンソース分散型プラットフォーム「Cardano」(カルダノ)。今では他のブロックチェーンが抱える課題の解消など、その目指すところは幅広くなっていきている。株式会社EMURGO(エマーゴ)は、そのカ[…]

ニュース

スタートアップに「参加すべき理由」と「参加するべきでない理由」をTwitch創業者が語る

世の中になかった新しいサービスを実現させ、ビジネスとして立ち上げるスタートアップは「ハイリスク・ハイリターン」ともいえる世界であり、必ずしも「安定」や「成功」が保証されたものではありません。そんなスタートアップの世界に飛び込むかどうかの判断基準を、ライブ配信プラットフォーム「Justin.tv」や「Twitch.tv」を立ち上げたジャスティン・カン氏が挙げています。続きを読む…

ニュース

【天野秀夫 中小型厳選株】「キャンディル」の水準訂正高が有望 全国カバーする業界唯一の建築サービス体制網

メルカリが9日に上場後の初決算発表を行いました。海外事業と新規事業への先行投資が負担となり2018年6月期は大幅増収ながら47億円超の経常損失を計上し、株価は下落しています。今期予想も開示していないことから、新興市場全体のイメージを悪化させています。

ニュース

『スモール・スタート あえて小さく始めよう』起業の“小さなきっかけ”はこんなところに!

働き方改革の旗印のもと、多くの企業では長時間労働の見直しや生産性向上に取り組み、時短や在宅での勤務も珍しくなくなった。反対に誰もが知る大企業が経営不振に陥り、従業員は先行きの不安に怯えている。そんななか、自分の半径1メートル内の身近な仕事をネットで始めるという話をよく聞く。主婦の間ではメルカリで小遣い稼ぎをするのはもはや当たり前のことになった。

ニュース

後発参入のDeNAが「タクシー配車アプリ」に見出した勝算

世界中で利用されているウーバーや、国内47都道府県で利用できる「全国タクシー」など、ここ数年の間で拡大しているタクシー配車アプリの市場。そんな市場に後発ながら、参入を決めた企業がいる。DeNAだ。同社は2018年4月19日、一般社団法人神奈川県タクシー協会と共同でAIを活用する次世代タクシー配車アプ

ニュース

「中国化」するインターネット、フェイクニュースと自由よさらば

表面的な摩擦とは対照的に、米中両国はネット上の言論の統制という点で近年、驚くほど似通ってきた。それだけではなく、中国の主権の及ぶ範囲に限定されていた中国のネット規範に、米フェイスブックなどIT企業が「自由」を犠牲にして歩み寄るようになっている。世界は「中国化」していくのだろうか。

ニュース

ラ・アトレは戻り歩調、18年12月期2Q累計大幅増益で通期も大幅増益予想

ラ・アトレ<8885>(JQ)は、新築分譲マンションなどの新築不動産販売、リノベーションマンションなどの再生不動産販売を主力として、周辺ビジネスや海外展開も強化している。18年12月期第2四半期累計は、物件売却の前倒しも寄与して計画超の大幅増益だった。通期も大幅増益予想、そして連続増配予想である。株価は7月の年初来安値圏から反発して戻り歩調だ。上値を試す展開を期待したい。■新築不動産販売、再生不動産販売が主力 新築分譲マンションなどの新築不動産販売、リノベーションマンション..

ニュース

IBMの人工知能「Watson(ワトソン)」による医療診断システムは「実用に耐えうるものではない」という主張

IBMが開発した人工知能システム「Watson(ワトソン)」は、2011年にアメリカで行われたクイズ大会「Jeopardy!」に出場し、人間の参加者よりも多くの賞金を獲得して世界的な注目を浴びました。そんなワトソンを利用した医療診断システムをIBMは開発しており、これまでに多額の投資を行ってきましたが、「ワトソンの診断システムは実用的なレベルにはほど遠い」という主張が専門家らによってなされています。続きを読む…

ニュース

インドで1600万人が「コワーキングスペース」を使いたがる理由

日本でも2月にWeWorkが上陸し、コワーキングスペースが注目を集め、利用も珍しくなくなってきた。インドでもモディ政権発足以来、スタートアップ企業があらゆる分野で台頭し、新世代のワークスタイルである「コワーキング」が、ビジネスのトレンドの1つとなっている。急成長を見せるインドのコワーキング事情について、現地より実態を報告する。

ニュース

ベネッセ 小学生向けプログラミング指導案共有サイト「プロアンズ」で学校現場のプログラミング教育を支援

株式会社ベネッセホールディングスの子会社である株式会社ベネッセコーポレーションは、6月20日から教科におけるプログラミングの指導案共有サイト「プロアンズ」の公開を始めた。 ベネッセは、2014年にEdTech(エドテック […] 投稿 ベネッセ 小学生向けプログラミング指導案共有サイト「プロアンズ」で学校現場のプログラミング教育を支援 は 月刊私塾界|全国私塾情報センター に最初に表示されました。