TAG p

インタビュー

人手不足と戦い、QC-Techで食品業界をスマート化する「スマートQC」

QC-Tech(品質管理×テクノロジー)という分野の起業家、ユリシーズの諸岡さんにインタビューしてきました。 諸岡 裕人 慶応大学経済学部を卒業後、リクルートスタッフィングにて営業職、その後家業であるワールドエンタプライズ株式会社に入社し現在に至る。 LCCのエアアジアジャパンやバニラエアの予約センターの立ち上げ、JALの羽田機内食工場の立ち上げなどに携わってきました。 その中で感じた食品業界の現場のペインを解決するために2016年12月にユリシーズを創業。80兆円の食品業界をスマート化するためのプロダクトを開発してます。 当然ながら初めてのスタートアップ経営、マニアックな業界なのでベンチマーク企業も存在しない。本当の0→1をやってます。日々学びながら、出来ることも、出来ない事も楽しみにながらサービス開発しています。 食品業界をスマート化する 帝国データバンクが7月10日に公表した調査によると「人手不足が原因の倒産件数」は4年前の2.9倍に増加。これまで経験したことのない人手不足時代が訪れている。その中でも食品業界はかつてから深刻な人手不足や労働環境の悪化などが取りざたされる一方で、消費者の要求水準が高まる業界のひとつだ。 その食品業界にオペレーションを電子化、IT化、AI化することで、全く新しい工場管理サービスを提供するスタートアップ「ユリシーズ」を経営するのが諸岡さんだ。 食品業界に特化した品質管理SaaSの「スマートQC」というサービスをやっています。食品業界はIT化が進んでいません。それが労働環境の悪さや人手不足の原因のひとつにもなっている。だからITを用いて食品製造の品質管理をカンタンにしたいと思いました。 スマートQCは2つのサービスからなる。ひとつは食品工場の衛生を中心とした品質管理に特化したクラウドサービス。もうひとつはスマートフォンやIoT機器を利用した、より正確でカンタンなモニタリングサービスだ。 なぜこのサービスに取り組んだのか。 食品業界では業務上、大量の帳票が発生します。これは安全なオペレーションを行っていたというエビデンスを残すためです。もしこれを怠り、大規模な食中毒を引き起こしたら会社はすぐに潰れます。品質管理=記録といっても過言ではありません。 今は、書くのもチェックするのも全て人力で行っています。そこに大きな労力が掛かっています。更に、人が紙とペンで書いた記録は簡単に改ざんが可能です。つまり、非効率な上に、不正確なんです。 21世紀にこんなことやってられるか!と考え、品質管理のクラウドサービスを創ることを決めました。 諸岡さんによると、食品業界では1日に100万枚以上の紙による作業帳票が出ているとのことで、紙のドキュメントを使った管理に変わるクラウドサービスで管理工数を減らしていく計画。 諸岡さんはもうひとつの課題を指摘する。 何から始めようか考えた時に、最もクリティカルな管理ポイントである温度管理に狙いを定めました。僕自身が関わっていた機内食業界でも、1日に150枚から200枚の温度記録帳票が出ていました。 そこで具体的なアイデアとして、スマートフォンとIoTハードウェアを利用したプロダクト開発を始めました。 検温して入力する工程で記入ミスが多発したりするのを、クラウドと連携したデバイスで防ぐ狙いだ。 労働環境の悪さや人手不足の原因のひとつ、QC業務の非効率さを解決するサービスとして「スマートQC」は設計されている。 80兆円のレガシー産業、65万事業所は工程標準化対応されていない 巨大なマーケットであることは直観的に理解しやすいが、習慣を変えることはできるのか。 食品業界は約80兆円の大きな産業ですが、IT化が一向に進みません。それは「統一されたルール」が存在しないからでした。 ルールが異なればアウトプットである帳票もバラバラ。100社あれば100通りのシステムが必要になる。まさにITベンダーが2,3億掛けて個社ごとにカスタマイズするビジネスモデルです。普通の会社はそんな金払えないです。 こんな環境でSaaSなんて無理だと(笑)。 しかし、やるなら今しかないと思いました。HACCPの義務化を目前に控えていたからです。 Wikipediaによると、 HACCP(ハサップ)とは食品製造工程上のリスク要因(ハザード)を分析して最も効率よく管理できる部分(CCP=必須管理点)を管理して安全を確保する管理手法 とされており、情報システムにおけるISMSやPMSの考え方に似ている。 制度の導入義務化に伴う需要をつかみたい考えだ。 法律で規定された「統一ルール」がフォーマット化される、この機会にIT化を進めないともうチャンスはありません。しかも、1次生産者を除く全ての食品事業者が対象になります。 余りにマニアックになるので、詳細は省きますが、私達のクラウド上でルールを作り(HACCPプラン)、帳票が自動で作成され、スマートなモニタリングが実施できる・・・そんなサービスを創っています。 ISMSバブルでIT業界がてんやわんやになったことを覚えておいでの方も多いだろう。 データ化ソリューションから認証へ 最後に将来像を語ってもらった。 現在はSaaS開発と並行して、業界団体や行政など、「ルールを創る側」に働きかけて、一緒に業界のIT化を進める土台作りをしています。 業界のデファクトを創るのは自分たちだと思い込んでます(笑)。 こういった大きなマーケットに競合プレイヤーはいないものなのか。 品質管理SaaSと言う考え方では、今のところは競合事業者はいないですね。 やはりIT事業者は、品質管理の専門家でもないし工場内部にいたこともないし、なかなか難しいですよね。後は、ものすごーく時間が掛かるし、トレンドが既にあるわけでもない。自分で火を起こしにいくタイミングです。ちょっとした狂気がないと耐えられずに諦めちゃうんじゃないかなと思います。 一緒に、この壮大な企みに乗ってくれる仲間を募集しています。よろしくお願いします! なぜか東京駅で作業着着て撮った写真をみせてくれながら「ちょっとした狂気」と諸岡さんは表現するが、スタートアップらしいアプローチではないだろうか。 イギリスなどではHACCP導入義務化時、スマートQCのようなクラウドサービスが成長したそうで、その再現を狙う計画だ。 編集後記 スタートアップタイムズでも起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか? 日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資

小ネタ

【全121社掲載】日本初登場の企業も数十社、デロイトトーマツベンチャーサミット2017レポート

 7月25日(火)に開催された 「デロイト トーマツ ベンチャーサミット 2017」に121社のベンチャー企業がブース出展した。全企業の一覧と写真取材ができた企業をご紹介していく。日本初登場の企業も数十社あり、国内外合わせて121社のベンチャー企業に一挙に会えるまたとない機会となった。 参加企業120社の顔ぶれは、主催者によると国内70社、国外約50社。ジャンルは15。FinTech(金融×Tech) 、HealthTech(ヘルスケアxTech) 、HRTech(人事×Tech)、EdTech(教育×Tech) 、LogiTech(物流×Tech)、人工知能、IoT、ロボット・ドローン、AR/VR、シェアリング・エコノミー、エンタープライズ、環境エネルギー、ライフスタイルと幅広いベンチャーが参加した。 その中でも、物流、ヘルスケアなどのリアルビジネス×Techのブースが多くみられ来場者の注目を集めていた。去年来からこの領域に注力するデロイト トーマツの本領発揮というところだろう。 ブースの様子は撮影に協力いただいた企業のスライドショーをご覧いただきたい。 ” order_by=”sortorder” order_direction=”ASC” returns=”included” maximum_entity_count=”500″] 以下が参加企業の一覧となる。 サイトのキャプチャを機械的に取得しているため、お見苦しい点もあるかもしれないが、目次から興味がある領域をご覧いただければと思う。 ■ FinTech(金融×Tech) CASHやVALUなど、C2Cモデルのサービスが出てきている昨今だが、TVSらしく海外勢と硬派な顔ぶれがこのイベントの特徴になるだろう。例えばイスラエルのオープンレガシーなどは、APIレイヤーのプレイヤーであり、国内ではまだまだ成長の余地がある領域。海外勢の動向から国内の未来が透けて見えるのではないだろうか。 株式会社Authlete 東京 株式会社CAMPFIRE 東京 ドレミング株式会社 福岡 株式会社FOLIO 東京 株式会社Kyash 東京 OpenLegacy オープン・レガシー イスラエル OmiseJapan株式会社 東京 Paykey ペイキー イスラエル Scanovate スキャノベート イスラエル ShiftTechnologies シフト・テクノロジーズ ヨーロッパ(France) VisionLabs ヴィジョン・ラボ ヨーロッパ(Russia) ■ HealthTech(ヘルスケアxTech) ヘルスケアは長らく、大手とデータ、ハードレイヤーの戦場だったのが、VRなど多様な技術+Webサービスが組み合わさってきた。例えば日本勢のHoloEyesなどは、VRのプレイヤーであり世界で見てもまだまだ成長の余地がある領域。特にCT、投薬大国である日本は先進スタートアップを生む土壌に恵まれている。 Imagene Labs (Asia…

インタビュー

累計約10億円の資金調達実績、イベント「Tokyo Startup Dating」9回目の開催に行ってきた

冒頭「累計約10億円の資金調達がこのイベントで行われた」との田所さんの実績の報告から始まったイベント。 8月3日(木)に開催された 「Tokyo Startup Dating 9th Edition」が行われた。「最小の時間で、最大のネットワークを構築すること」がテーマ。9社のスタートアップと約90名の関係者が招かれ、会場を提供したホームズなどのサービスで知られるLIFULL社長の井上さん、セブンドリーマーズラボラトリー阪根さん、Basic 秋山さんによる特別対談も行われた。 主催をする田所さんは、シリアルアントレプレナーとして、これまで日本4社と、米国シリコンバレーで、合計5社を起業してきた。米国シリコンバレーのベンチャーキャピタルFenox Venture Capital (運用額1700億円)のベンチャーパートナーを務め、国内外のスタートアップを投資の担当(これまで1200社のDue Dilligenceの実績) 現在は、国内外のスタートアップ数社のアドバイザー・ボードメンバーを務めている。 スタートアップサイエンスの執筆など、話題の多い人物でもあるのでこちらの記事をぜひご覧いただきたい。 今回集まった9社は、VRから、ゲームなどのエンタメからセキュリティまで幅広い。この対応力はシリアルアントレプレナーたる田所さんの本領発揮というところだろう。 3時間にわたるイベントとなったが、目次から興味があるコーナーをご覧いただければと思う。 特別対談 特別対談では「先輩起業家に聞く事業をスケールさせるポイント」をテーマに行われた。パネラーはLIFULLの井上さん、セブンドリーマーズラボラトリー阪根さん、Basic 秋山さん。 Q1.ターニングポイントはなんでしたか ホームズなどの賃貸情報サイトを運営する井上社長からは楽天からの20%程度の出資を受けた第一成長期のタイミング、掲載課金から成果報酬型に切り替えた第二成長期のタイミングが上げられた。後者のタイミングでは顧客の離反などのリスクを乗り越えながら成長した話がされた。 セブンドリーマーズラボラトリー阪根さんからはランドロイドを開発する際に技術者の努力によって「たたむまでの技術アイデア」が出てきてランドロイドの開発に至ったポイントが語られた。 Ferretなどのサイト運営で有名なBasic 秋山さんは、創業事業の引っ越し問い合わせ事業での「参入」、「大手引越し会社から選ばれた」タイミングの話がされた。 Q2.事例づくりはどうやってやりますか 井上社長からは業界TOP企業には「ただでもやってもらう」、業界1位の企業をそれで落とせば後はついてくる、だから欲しい企業をまず落としに行こうと話がされた。 Q3.採用面のポリシーはありますか 井上さん:表面上の印象で始めた仲間と仲たがいした経験から、どんなにSPIやトラックレコードが合致しても「ミッション、ビジョン、バリュー」が合わない人は採用しない。とのポリシーが語られた。 阪根さん:かわったことをやっているので、奇跡的に優秀な人材が集まる。家電メーカなどで働いていてイノベーションが起こせない方が「バカなことをやっている」と来てくれる。 秋山さん:最初の10年は苦労をして来て「いいところを見つけてしまう癖」がついてしまって困っている。変えられないところに無駄に粘ってしまい残してしまってトラブルになってしまった。 井上さん:「ゴレンジャーを作れ」、それぞれのキャラクターを活かしながらケミストリーの違う人を採用すべき。 この後、会場からの質問を受け付けた。 Q4.人事担当者やバックオフィス候補の採用はいつ頃すべきか 井上さん:7人くらいのころに管理部門長として採用、その後の第二成長期でテクニカルでなく本気で思っている人を採用してその人間と2人で作ってきた。すぐには結果がでないので3年前に手を打てとのコメント。 阪根さん:セブンドリーマーズ阪根さんは、上記の手を打たなかった後悔をあげまさに現在プロフェッショナルを雇って問題がどんどん解決している様を語られていた。 秋山さん:3人目の社員が経営担当なので苦労していない、7年目にようやく人事担当を入れたくらい。あまりに自社がひどすぎてあとから採用した人がデータがないみたいな話になったので早めに手を付けておけばよかった。とのこと。 会場へのメッセージ 井上さん「2025年までに子会社を100社にするから各エコパートナーよろしく」阪根さん「必ず助けてくれる人が来るから信じたものに全力投球」秋山さん「理想をどれだけ追求するか」とのメッセージが送られ1部が終了した。 ピッチ企業 2部は各スタートアップ企業による、1社4分のショートピッチが行われた。全ての企業が資金調達を行っているのでVCや投資担当のみなさん、ぜひコンタクトを取ってみていただきたい。 Bridge ビジョンは「世界の架け橋を作る」、ミッションは「国境を超えた選択肢をユーザーに与えてユーザーがそれでハッピーになる」ことを目指し現在訪日外国人向けのSIM無料サービス「Trip Free」の運営。今まで赤字であったユニットコストがプラスに転じたことが報告された。 TERRA DRONE ドローンを活用したソリューションを提供するテラドローン株式会社。測量や点検のサービス、ソフトウエア開発のみならず、運行管理システムなど幅広く事業展開。資金調達中とのこと。競合環境が厳しい中、ハードだけではなくソフトに戦略を進化させている。 マイシェフクイック 「マイシェフクイック」は個人向けの出張レストランサービス。レストランのコース料理を、サービススタッフが持参して出張し、現地で仕上げてアツアツ料理を提供。キッチン後片付けもします。「レストランが自宅にやってくる」サービスです。ニッチなサービスに見えるが1日3食1年で1000食のうち3食をリプレイスすればスケール可能である旨が伝えられた。 MyDearest 「すべての人をヒーロー・ヒロインにする」というミッションのもとに、 “FullDiveエンターテイメント”を提供するオタクVRスタートアップ。 VR×本をコンセプトとしたFullDive novelを7月下旬にリリース。 VRストーリーテリングの分野で日本の先頭を走る。新作のVRで体験するライトノベルのデモは会場の注目を浴びた。…

インタビュー

年間8万匹が殺処分される現状への挑戦。ITでペット市場を再定義する「シロップ」

大学在学時代にロンドンでサッカーをしながら創業を考えた大久保さんにインタビューしてきました。 大久保 泰介 同志社大学在学時代にUKでサッカーをしながらユニクロUK/Parisでプロモーション業務を担当。その後、グリーで採用、財務管理会計、新規事業立案を経験。イギリスと日本のペットと暮らす環境の違いを肌で感じ、人とペットとの暮らしを豊かにしたいと起業。愛犬は、保護犬だったコーギー「コルク」。 ペット市場を再定義する ペットフード協会によると、日本の犬の飼育数は約1200万匹、猫は約1000万匹。日本はペット大国であるという。その反面、幸せな環境にいられないペットもいる。その環境を変える挑戦をしているのが「シロップ」(Syrup)だ。 年間8万匹のペットが私たちの手で殺されています。年間保護されるペットは13万匹、その中で運よく新しいパートナーと出会えるのは4万匹。圧倒的に殺されるペットが多いのです。また、ペットが家族化することにより飼い主のヘルスケアへの意識が高まっていますが、最適な情報や商品、獣医療を選択することが非常に難しい現状があります。 この環境を変えたいと思っています。 シロップが提供しているのはOMUSUBI(お結び)、ペトこと、の2サービス。 それぞれの役割はこうだ。 まずは、ペットとの出会いの窓口になる保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)。 そして、専門医獣医師などペットの専門家がつくるメディア「ペトこと」。 複数のサービスを提供する理由はどこにあるのか。 現在はペットを飼う窓口から、正しい飼い方の情報提供までサービス展開しています。いずれペットに関するあらゆる情報が連携され、個々のペットの健康状態に合った情報や商品を提供するなどペット飼育に関して一気通貫したインフラとなるのが目標です。 ペット業界にフォーカスしたのはなぜか。 大学時代に海外でサッカーしたくてロンドンに行こうと思いました。内定していた会社のロンドン展開の手伝いをしながらサッカーをしていたのですが、ロンドンにはペットショップがほとんどないんです。でもとってもペットフレンドリーだった。 犬のことを第一に考えるホビーブリーダーがいて、家族全員が同意しなければ飼育できなかったり、社会が動物を受け入れるだけの飼い主のレベルの高さやそれを支える情報やインフラがあったんです。 それに比べて日本のペット領域のITはまだまだ課題がたくさんあることを感じて起業しました。 ペット業界といえば、大手雑誌社からの月刊誌や各種Webメディアも浮かんでくる。 雑誌社さんはやはり紙メディアが強くて、まだWebは空いている印象です。実際サイトの流入もオーガニックが多くて特に「ペットショップからではなく、里親になりたい」ニーズは強い反面、Webに情報がなくまだまだ応えられていない状態ですね。 そこで、大久保さんが着目して開発したのがペットとの出会いの窓口になる保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)。 「ペットショップと戦える?」と意地悪な質問をしてみた。 保護犬猫推進拡大は小池都知事など行政政策のひとつに決定しています。また今後、動物愛護法が改正されるのも契機になって、ペットショップから飼わないという選択肢が増えてきています。ペットショップ、ブリーダーに次ぐ第三のペットを飼う窓口になっていきたいですね。 もうひとつ大久保さんが注目しているのがペットの医療問題だ。 ペットは高齢化が進んでいます。1/3がシニアペットだともいわれる現状で、医療も高度化しています。ペットの診療を担ってきたのは総合獣医が主流だったのが、専門医は5年で2倍に増えました。反面獣医さんの仕事は増え、医療リスクが高くなっているんです。 結果として、手術や医療を受けられないペットも増えてきました。ここに専門医療、遠隔診断、医療の予防・代替になるようなサプリメントサービスを提供していきたいです。 その構想のひとつが専門医が知見を記事にしている「ぺトこと」。 そして計画段階であるが、医療の代替、予防となりうるペット用サプリメント。 将来の構想は、医療の根本的IT化にまで及んでいる。 大手SIerなどと協業してレントゲン画像AI解析ツール診断や医療論文の解析AIなども検討しています。ペット医療はまだまだIT化が進んでいないところもあるので、来年にはモデルとなるクリニックを開設予定です。機械化で効率化し、経営と臨床の2軸を担ってきた獣医師の負担を減らし、機械がカバーすることで誤診率を減らす取り組みまで行いたいですね。 今後は、全てのサービスを統合しデータを共通化し「ペットとの出会いから医療まで」のプラットフォームとして成長させる考えだ。 編集後記 スタートアップタイムズでも起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか? 日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資