「カルチャー」の名のもとに、排他的行為を見過ごす代理店:多様性時代の矛盾とは?


代理店は多様性とカルチャーという概念に敏感でありながらも、採用するとなると、応募者にはしばしば単一的で共通した価値観や素養にフィットしてもらうことを求める。そのことが、企業カルチャーとして、ビジネスや人材採用面でライバルとの差別化に用いられている。果たしてそこに価値はあるのか。排他的な習慣を招いているのではないか。
The post 「カルチャー」の名のもとに、排他的行為を見過ごす代理店:多様性時代の矛盾とは? appeared first on DIGIDAY[日本版]….この記事の続きを読む

サイト名: DIGIDAY

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *