理系学生が、研究に集中でき自ら進路を探せるような社会をつくる「LabBase」

AI、IOT、Fintech…ちかごろ流行りのワードは理系の知識なくしては実現できないものばかり。 今日は、「理系学生が、研究に集中でき、研究を社会に発信し、自分にマッチした進路を探せるような社会」を目指すスタートアップのインタビューです。「LabBase」を開発する株式会社POLの加茂さんに話を聞いてきました。 <加茂さんの略歴>  東京大学教養学部2年生。高校時代から起業したいと考え始め、その後ベンチャー数社で長期インターンを経験。2015年9月からは半年間休学してシンガポールに渡り、REAPRAグループのHealthBankにてプロダクトマネージャーとしてオンラインダイエットサービスの立ち上げを行った。帰国後2016年9月に株式会社POLを創業。 就職人気ランキングを見て、推薦で行けるところから選ぶ理系就職 加茂さんが創業した「LabBase」は理系採用と産学連携を革新する 研究室と所属学生/研究員のデータベース 理系就活の課題 加茂さんが解決したい課題は理系大学生共通のもののようだ。 研究室の中に閉じ込められていた情報を可視化する 法人から登録相次ぐ。研究が盛んなトップ大学から順次拡大予定。 特に企業側からの引き合いは強く、80社を超える企業が事前登録を行っている。 編集後記 『自分もその理系学生のうちの一人』と語る加茂さん。自らが体験した課題を解決するサービスをリーンな方式でやっておられるのが印象的でした。 スタートアップタイムズでも加茂さんのような学生スタートアップの支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。 投稿者プロフィール admin 最新の投稿 2021.09.23ニュースJicoo(ジクー)、セミナー・イベント対応予約機能の提供開始 2021.09.18マッハ取材企画生産からワンストップでP2Cをサポート「Brand-Box」 2021.09.17ニュース電話DXのIVRy、アルフレッサシステム社において出社率の低いコロナ禍での電話業務の効率化に成功 2021.09.17ニュース習慣化アプリ「みんチャレ」、資生堂とピアサポートによる健康美の実現