アセンブラを混ぜてコンパイルするとスタックが実行可になってしまう話


いきなり結論Q. アセンブラを混ぜてコンパイルするとスタックが実行可になってしまうA. アセンブル時に–noexecstackつけとけはじめにLinuxのユーザランドのプログラムをアセンブラを混ぜてコンパイルし作ると、実行時にスタックのmapの属性に「実行可」がついてしまう。という話を詳細まで追う…この記事の続きを読む

サイト名: Qiita

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *