中部横断建設に337億/甲府河川国道の17年度道路事業

国土交通省甲府河川国道事務所は、2017年度の道路事業概要を公表した。17年度事業費は370億8100万円で、16年度当初とほぼ同じ。中部横断自動車道の富沢~六郷間には337億円を計上し、楮根地区トンネル工事や富士川橋上部工事などを推進する。新規では、国道20号上阿原交差点改良(甲府市)、国道139号鳴沢地区歩道整備に着手し、調査設計を推進する。 続きを読む

サイト名: 日本工業経済新聞社

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *