東工大CBECが東京藝大と「技藝フェス」開催


3月14日、東工大チーム志向越境型アントレプレナー育成プログラム(CBEC、シーベック。以下「東工大CBEC」)が東京藝術大学 美術学部とタッグを組み、渋谷100BANCH(ヒャクバンチ)で「技藝フェス」(Tech×Art Festival)を開催しました。2019年秋に開業する渋谷駅直結の47階建て複合施設、渋谷スクランブルスクエアに誕生するSHIBUYA QWS(シブヤ キューズ)との共催です。
第1部は、展示とプレゼンテーションを行いました。東工大CBECの「エンジニアリングデザインプロジェクト(EDP)」受講生らが提案した作品と東京藝大 美術学部の卒業制作の一部を展示し、それぞれ取組み過程や作品への想いを紹介しました。
東工大CBECパートナー企業からの「ブラインドサッカー観戦体験をデザインせよ」というテーマに対し、感動の共感を提案する『にぎにぎブラボー』を製作。来場者に説明する東工大CBEC受講生
遅延なく衝突に反応するV tuber(ブイ チューバー)アバターを紹介する科学技術創成研究院の長谷川晶一研究室(工学院 情報通信系)
第2部は、「技術と藝術とその先へ~交差する想像力~」をテーマにクロストークを行いました。登壇したのは、株式会社スマイルズの遠山正道代表取締役、パフォーミングアーツプロデューサーの中村茜氏、東京藝術大学 美術学部 先端芸術表現科の八谷和彦准教授と東工大 科学技術創成研究院 未来産業技術研究所の長谷川晶一准教授の計4名です。モデレーターは東工大 環境・社会理工学院 建築学系の藤井晴行教授が務めました。
トークイベントで語り合う(左から)パフォーミングアーツプロデューサーの中村氏、東京藝大の八谷准教授と東工大の長谷川准教授
小野澤峻さん(東京藝大生)の作品『Movement act(ムーブメント・アクト)』を囲む遠山正道代表取締役(株式会社スマイルズ、左から3番目)、藤井晴行教授(東工大 環境・社会理工学院、左から6番目)他
技藝フェスには、総勢100名を超える方々が意見交流の場に参加しました。参加者からは、「展示もセッションも刺激的で面白く、多様性を感じた」「新しいこと・ものが生まれる可能性を感じた」などの感想をいただきました。東工大CBECは、今後も技と藝のコラボによる価値創出に取り組んでいきます。
東工

サイト名: 東京工業大学

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *