「未来を創るメディアを作る」23歳

「未来を創るメディアを作る」23歳

おしん記者
なんとお呼びしましょうか?名前はなんておっしゃるんですか?

岸田佳祐 さん さん
岸田佳祐 といいます。

岸田佳祐 さん

1996年生まれ23歳(2019年12月現在)

2016年20歳の時、都内で日本トップクラスのSEOコンサル会社にてインターンシップを行う。

東京で就活シェアハウスに住みながら、BCGコンサルタントやTED登壇者から「思考法」や「伝える技術」を伝授してもらう。

その後、2017年に学生支援団体Kansai Leader ProjectをMAKERS生の辻尚也と、現在大手証券会社に勤める杉本と共同創業。

「起業就活」というイベントを企画、立ち上げ。のべ100名ほど集客。

並行して個人でメディア事業も行い、最高月間25万ユーザーを達成。2018年10月に東京の個人投資家へ事業譲渡。

2018~2019年にかけて、譲渡資金を元手に就活メディアを立ち上げ、半年で月間UU30万まで成長させたのち、上場企業に2019年4月にバイアウト。

同年に50万サイトの中から選出され、アクトレアワード2019年を個人で受賞。

令和元年に法人として創業し、「未来を創るメディアを作る」をビジョンに掲げ、ユーザーにとって価値ある情報発信に尽力している。

おしん記者
どんな事業をやっているんですか?

岸田佳祐 さん
インターネットメディアを複数運営しています。代表的なメディアは大きく2つで、

1.ライブナウ・・・個性をもっと輝かせる世界を、ライブ配信情報を提供して実現する

https://livedays.jp/

2.ワンカレッジ・・・たった1度の大学生活にNo.1の選択を与え続ける

https://1colle.com/

があります。

おしん記者
創業のきっかけはありますか?

岸田佳祐 さん
与えられる「情報」によって、誰もが最良の選択をすることができ、より人生を豊かに過ごせると考えています。

しかしながら、世の中には本当にユーザーにとって良い情報が溢れているかどうかという観点では疑問。そもそも情報が手に入らない、もしくは変な情報をつかまされたり…。そういった課題を解決したい。

その想いを胸に、ほぼ個人で2019年まで闘ってきたが、ユーザーの未来を創るSEOメディアをグロースさせていくにあたって、チームを組む必要性を感じ、一念発起して創業。

インハウスにて、ユーザーの未来を創るコンテンツを作成できる体制が整えば、様々なジャンルにおいて「面白い!」と思ってもらえるような存在になれる!そう確信し、創業に至りました。

おしん記者
サービスの利用法を教えてください。

岸田佳祐 さん
WEB記事のため、誰もが閲覧できます。

ライブナウやワンカレッジと検索

あるいは

livedays.jp
1colle.com

とアドレスバーに打ち込んでいただけると、サイトにたどり着けます。

おしん記者
これからの目標を教えてください。

岸田佳祐 さん
メディア規模を大きくしつつも、ユーザーの未来を創っていきたいですね。

具体的には、私たちの運営するWEBサイトを通じて、新たに何か挑戦してみよう!と思ったり、実際に人生が変わった!という声を生で沢山聞けることですね。

そのための動きとして、例えば実際にライバー事務所のPRIME株式会社と提携して、より生に近いコンテンツを提供したりしています。

個人規模で運営していたメディアでも「このメディアを通して〜ができた!」とお声を頂けることがあったので、今後は法人として、その規模を大きくしたいです。

そのために、1~2年で数百万PVのメディアまで成長させます。また、単にサイトにユーザー訪れるだけではなく、CGM型のサービスにまで昇華させていきます。

そして、何年経っても、常に1DAUの重みを忘れずに精進し続けます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *