スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /有機ごみとプラスチックが混ざったごみを分散型、低温で炭化リサイクル
ニュース 2020.07.21

有機ごみとプラスチックが混ざったごみを分散型、低温で炭化リサイクル

有機ごみとプラスチックが混ざったごみを分散型、低温で炭化リサイクル

3行で言うと…食品残差等有機ごみとプラスチックが混ざった状態で、分散型、従来の方法より低温で炭化する化学触媒を販売開始しました。
焼却や熱分解よりも低温の150から200℃で、ごみ輸送不要、化学反応なのでダイオキシン、タール、温暖化ガスも出ません。
コンポストやバイオプロセスは、処理に数日かかり、1日に数百㎏程しか処理できませんが、弊社では炭化は2-3時間、1日最大24,000Lまで処理でき、処理量はご要望に応じて変更できます。
AC Biode株式会社(京都市)は、この度、食料残渣等有機ごみとプラスチックが混ざったごみを現場、低温で炭化リサイクルする触媒と装置の販売を開始しました。焼却や熱分解と比較して、150から200℃と低温、ごみの輸送が不要、また化学反応はダイオキシン、タール、温暖化ガスは出ません。コンポストやバイオプロセスは、処理に数日かかり、1日に数百㎏程しか処理できませんが、弊社では炭化は2-3時間、1日最大24,000Lまで処理でき、処理量はご要望に応じて変更できます。

販売先候補は、全国のごみ処理、食品、不動産、政府自治体、船、クルーズ、ホテル、島、汚泥、畜産農業です。既に日本国内の食品会社に実績があります。できたカーボンは、バイオ燃料、バイオプラスチック、様々な工業製品にリサイクルされ、日本国内であればどこでも弊社パートナーが、必要に応じてお客様よりカーボンを有償で買い取りもできます。

AC Biode株式会社は、日本のスタートアップで唯一、欧州連合EU傘下EIT InnoEnergyより出資を受けており、日本のみならず欧州を拠点にして研究開発、事業展開を行っております。プラスチックでは世界最大級のアクセラレーター米Think Beyond Plastic, スイスSolar Impulse財団、英Cambridge大学、ドイツINAM等のアクセラレーターに採択され、国内外5件のスタートアップピッチコンテストで優勝しました。

当社は現在、海のプラスチックごみの現場、低温での炭化を実験しております。本事業を通じて、世界のごみ問題、海洋プラスチックごみ問題解決に寄与して参ります。

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

シンガポール発!日本のサプライチェーンファイナンスをアップデートし銀行と中小企業の橋渡しを実現する会社ーー株式会社RootAnt(ルートアント)

カベウチアイディアソン 1/30日 開催!!

世界初のバックグラウンド多要素認証「DZSecurity(ディーゼットセキュリティ)」ーー株式会社AnchorZ

ICTを活用し、保育園・幼稚園の先生と保護者を繋ぐWebサービス「note」ーー保育ICT株式会社

コロナ禍のドクターを応援したい!  いつでも匿名で先輩ドクターに相談・意見交換できるチャットサービス「ドクター to ドクター」の利用料無料キャンペーンを6月末まで延長!

採用管理システム「SONAR ATS」、導入社数が800社を突破!

ワンストップビジネスセンター 延べ利用社数が1.5 万社を突破!コロナ禍のリモートワーク普及で起業家にさらに浸透

コロナ禍で働く大切なスタッフに もっと”心のケア“ を 制服などの衣類やおしぼりなど身近な布製品を回収し 抗ウイルス・抗菌加工することに特化した日本初のサービス 「HUG(ハグ)」2021年1月サービス開始

コロナ禍の今を救い・次を担う!「観光事業者向けGoogleマップ行動分析&運用(MEO)支援」株式会社リーゴ

M&A総合研究所、最先端のアルゴリズム開発を手掛けるPKSHA Technologyと業務提携を開始 〜AIによるM&Aマッチングシステムの開発促進にPKSHA Algorhim Moduleを導入〜

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK