スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /「秒速で億稼ぐ」投入!…成熟マーケットに「面白くない」と言わせない、Idealinkのゲリラスタートアップ
インタビュー 2016.11.29

「秒速で億稼ぐ」投入!…成熟マーケットに「面白くない」と言わせない、Idealinkのゲリラスタートアップ

img_0421-1

左から、広報担当の盛さん、代表の島袋さん

【編集部注】取材はIdealink社の入居するMG 目黒駅前ビルのラウンジで行われた。

すでに20年の歴史があり、大手企業が盤石のビジネスを展開するフランチャイズ情報メディア。そんな市場に身一つで後発新規参入し地歩を築いている『フランチャイズの窓口』。運営するIdealinkの島袋代表、広報担当の盛さんに「寡占市場のスタートアップ戦略」を聞いてきました。

「ランチェスター戦略」で後発でも参入口は作れる

おしん記者

フランチャイズ情報メディアと言えば20年前からある老舗、リクルートの『アントレ』やWebマーケのBasic『フランチャイズ比較ネット』など大手がいて、参入なんかしようと思わないマーケットなのでは…

島袋さん

シェアが固まってきているからこそ面白くて、スタートアップが変化を起こす余地があるんです。

おしん記者

そうは言っても難しくないですか?どんな戦略があって参入したんですか?

島袋さん

それっぽくいうとランチェスター戦略、簡単にいうとゲリラマーケです。
【編集部注】ランチェスター戦略=1914年にフレデリック・ランチェスターによって発表されたオペレーションズ・リサーチにおける戦闘の数理モデル。その中でゲリラ戦は「弱者(=2位以下)の戦略」と定義されている。

おしん記者

ゲリラ?ですか?

島袋さん

アントレさんはリクルートさん伝統の営業力、比較ネットさんはBasicさんのSEO力と両者の強みがあるわけです。なのでそれ以外の土俵で戦うことにしました。

おしん記者

それ以外の土俵って??

島袋さん

コンテンツ=ネタです。

おしん記者

ますますわからない…w

イベントに50人集客するとコミット。蓋を開けたら「5人」。

おしん記者

もうちょっと順を追って教えてください…

島袋さん

最初はわりとフツーに運営をしてたんです。リストを掲載して、営業して。そこそこ伸びてきたのでミニ展示会やろうとお客さんに「50人フランチャイズ希望者を集める」とコミットしたんです。

【編集部注】ここでいうお客さん=フランチャイズ本部のこと

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

島袋さんが起業したのはフランチャイズの窓口

おしん記者

フランチャイズメディアの王道って感じですね。

島袋さん

そう!、だったんですけど当日現場に行ってみると、参加者は5人。

おしん記者

5人!それはヤバい。

島袋さん

もう、お客さんに申し訳なくて…頭を下げまくって、その後はどうやったら集客できるのかに頭を悩ませませした。

おしん記者

打ち手ナシって感じですよね…

「秒速で億稼ぐ」✕「マネーの虎」

島袋さん

いろいろ考えてその頃話題だった「与沢翼さんだ!」って思い立ちまして。即ホームページからメール送ってみたんですよ。
【編集部注】与沢 翼氏=シンガポール在住の実業家。ネオヒルズ族を自称していた。本人の書籍タイトル「秒速で1億円稼ぐ」が流行した。

おしん記者

おお!与沢さん!何故…w

島袋さん

秒速で億稼ぐ、ですから。そしたらメールが返ってきて。「当日はファントム乗ってきてください」ってお願いしてですね。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

ロールスロイス:ファントム ロールスロイス社ホームページより。

おしん記者

おおお!

島袋さん

そしたら、たまたまマネーの虎に出演されていた南原竜樹さんとご縁ができて、「秒速で億稼ぐ男」✕「マネーの虎」の対談がイベントで実現したんです。
【編集部注】南原竜樹氏=オートトレーディングルフトジャパン株式会社を設立、テレビ番組『マネーの虎』に出演。同社倒産後、2009年に自動車事業を経営する実業家。

おしん記者

テレビ番組みたい…さぞかし集客できたでしょう。

島袋さん

それが、ファンはそれが終わったらすぐ帰っちゃうという。周りの期待に応えて、与沢さんのお出迎えもちゃんとやったのに…でもコンテンツさえよければお客さんは集められるという感触は持てましたね。

「顔ぶれが面白くないから帰る」とは言わせない

おしん記者

毎回与沢さんって訳にはいかないですよね…

島袋さん

そうですね。自社のイベントで「顔ぶれが面白くないから帰る」って言われたことがあって。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

島袋さんはフランチャイズエキスポの運営に長年取り組む

島袋さん

それなら、と海外のまだ日本に来てないブランドを持ってきて、「顔ぶれが面白くないから帰る」と絶対言わせない!と考えてやっています。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

2016年のフランチャイズエキスポでは日本未上陸のブランドが多数出展し話題に

おしん記者

アントレさんのリクルートさん伝統の営業力、比較ネットさんはBasicさんのSEO力とは異なる第3軸ということですか。

島袋さん

そうです。これがコンテンツ=ネタでもあり、わたしたちのゲリラマーケです。

このビジネスで経験がない人と時間軸を超えた成長を

おしん記者

それは最後に、現在注力していることを教えてください。

島袋さん

やっぱり既存のビジネスに染まっちゃうとアイデアが固まっちゃうので、フランチャイズメディアとかの経験がない方とディスカッションすることに力を入れています。

おしん記者

たしかに。ネタが勝負ですもんね。法人の方って感じでしょうか?

島袋さん

いいえ、個人の方も歓迎です。他社と同じことをやっても仕方がないので、面白いネタが出せる人とブレストしたいです。

img_0398-1

「かっこいいカット」とのムチャブリに応えてくれた島袋社長とブレストしたい人はこちらへ

編集後記

成熟しつつあるとも言えるフランチャイズ業界。そんな業界を行動力で突破していく「リアル俺の空」な島袋さんの「ゲリラスタートアップ」はとってもたのしかったです。

「「顔ぶれが面白くないから帰る」と絶対言わせない!」という言葉が印象的です。ユーザーのバリューを起点に競合がやらないことをやる、世界の変え方の一つとしてとても参考になるお話でした。

スタートアップタイムズでもIdealinkさんのようなスタートアップの支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。

取材はこちらから

ディップのスタートアップ支援プログラム

最後になりますが、いくつかご支援を行っております。ぜひご覧になってみてください。

日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資


AI-acceleratorはこちら

15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか?


マッハ取材はこちら

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

こわ~い不審着信表示がかわいいハロウィンデザインに変装 迷惑電話対策アプリ「Whoscall」 のHalloweenイベント開始

セーブポイントのないRPG(就活)に終止符を。

クラーク記念国際高等学校 秋葉原ITキャンパスの生徒が学校紹介CM動画を制作。人気アニメ作品の劇場版上映前に公開されます

エイシングが製造業のエッジAI導入を支援するデータ解析ツールを提供開始

こわ~い不審着信表示がかわいいハロウィンデザインに変装 迷惑電話対策アプリ「Whoscall」 のHalloweenイベント開始

業界最安値のAI発熱検知システム「発熱ピッカー」の提供を11月より開始!

キャリアSNSのYOUTRUSTが登録ユーザー数20,000人を突破!〜オリジナルパーカーがもらえる「紹介コメントキャンペーン」も開催期間が11/2まで延長決定〜

副業に関する実態調査〜副業先への転職について〜

クラーク記念国際高等学校がカプセルジャパン株式会社と教育連携

M&A総合研究所、コロナ禍における会社売却ニーズの拡大を受けて無料の企業価値算定サービス「カンタン会社査定シミュレーター」を公開

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK