スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ 小ネタ /「Huntely」は「こんなサービスが海外にあってさ」系タイムマシンスタートアップに最適かも
小ネタ 2016.12.12

「Huntely」は「こんなサービスが海外にあってさ」系タイムマシンスタートアップに最適かも

まだまだメジャーな参入手法のひとつ、「タイムマシン」法。これによさげなサービスを百式さんが紹介していたので使ってみました。

海外のサイトでProductHuntという、新しいサービスを紹介するものがあるわけですが、そこを監視してキーワードを拾ってくるサービス。アイデアの仮説を得る時には重宝しそうなサービスです!

【編集部注】「タイムマシン」=遠くで成功したサービスを近所でやってみる手法。孫正義さんが唱えた「タイムマシン経営」が有名。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
プロダクトハントのキーワードをウォッチしてくれるらしい…便利だぜ…

STEP1:キーワードとメアドを登録

気になるワードをポチポチ。いくつでも選べ…るのかな。ぼくはAIとか…
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

おしん記者

すっげーシンプルなUIで気になるワードとメルアドをいれるだけっていいですね

STEP2:認証メールが届く

認証メールが届く。1分くらい待ちます。来たぞ…
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

おしん記者

メールもシンプルですね。押すだけ。

STEP3:認証完了

完了しました。これはマイページ的な感じのよう。
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

おしん記者

洋モノはどんどんWebサービスがシンプルになってる感じしますね。

STEP4:もうちょっとワード足したいときはログイン

ワードを足したいときはLoginリンクから。Login押すとメールが届きます。
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

おしん記者

ログイン機能を省略してメールのURLで代替。リーンじゃのう…

STEP5:ワードを足す

送られてくるメールのリンクを押した先のページで、ワードを追加。
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

おしん記者

シンプルだなぁ…

STEP6:メールがヒット毎に届く!

おお!気になるワードでメールが続々届くぞ…
huntely-email-example

おしん記者

ぼくのワードだと2-3日に1通って感じですかね

編集後記

ものの5分でタイムマシンの準備done。ログイン機構なかったりメールでほとんどを済ませられたり「仕事をさくっと終えてくれる」というところがとっても好感持てるサービスです。

ぼくも何か見つけよう!

利用はこちらから

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

誇りまみれで世界を変える2月1日、「おそうじ革命」がリブランディングをスタート!

関西圏の12大学の頂点を決めるピッチコンテスト【KANSAI STUDENTS PITCH Grand Prix 2022】開催!

採用管理システム「sonar ATS」、導入社数が1000社を突破!~1000社目の株式会社トリドールホールディングス様に記念クリスタルを贈呈~

採用管理システム「sonar ATS」、12,000 社以上の導入実績を誇る 適性検査「CUBIC for WEB」と API の本格連携を開始

Job総研『2022年 バレンタイン実態調査』を実施

【News Release】2022年度『ベストベンチャー100』に初選出!オンラインスクール「デイトラ」SNSでの影響力や幅広い商品力、利用者への効率的な フォロー力を組み合わせるビジネス展開が評価~

【News Release】2022年度『ベストベンチャー100』に初選出!オンラインスクール「デイトラ」SNSでの影響力や幅広い商品力、利用者への効率的な フォロー力を組み合わせるビジネス展開が評価~

【関西の若手起業家向け】IPO経験者に聞く、事業成長に向けた本気の少人数トーク会参加者募集のご案内

採用管理システム「sonar ATS」、Web 面接・録画面接システム 「インタビューメーカー」の「録画面接機能」との API 連携が決定

キャリア相談・転職エージェント最前線の3人が語る 「ワーママ転職成功のカギ」 2/24(木)21:30~

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK