スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ 小ネタ /「Huntely」は「こんなサービスが海外にあってさ」系タイムマシンスタートアップに最適かも
小ネタ 2016.12.12

「Huntely」は「こんなサービスが海外にあってさ」系タイムマシンスタートアップに最適かも

まだまだメジャーな参入手法のひとつ、「タイムマシン」法。これによさげなサービスを百式さんが紹介していたので使ってみました。

海外のサイトでProductHuntという、新しいサービスを紹介するものがあるわけですが、そこを監視してキーワードを拾ってくるサービス。アイデアの仮説を得る時には重宝しそうなサービスです!

【編集部注】「タイムマシン」=遠くで成功したサービスを近所でやってみる手法。孫正義さんが唱えた「タイムマシン経営」が有名。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
プロダクトハントのキーワードをウォッチしてくれるらしい…便利だぜ…

STEP1:キーワードとメアドを登録

気になるワードをポチポチ。いくつでも選べ…るのかな。ぼくはAIとか…
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

おしん記者

すっげーシンプルなUIで気になるワードとメルアドをいれるだけっていいですね

STEP2:認証メールが届く

認証メールが届く。1分くらい待ちます。来たぞ…
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

おしん記者

メールもシンプルですね。押すだけ。

STEP3:認証完了

完了しました。これはマイページ的な感じのよう。
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

おしん記者

洋モノはどんどんWebサービスがシンプルになってる感じしますね。

STEP4:もうちょっとワード足したいときはログイン

ワードを足したいときはLoginリンクから。Login押すとメールが届きます。
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

おしん記者

ログイン機能を省略してメールのURLで代替。リーンじゃのう…

STEP5:ワードを足す

送られてくるメールのリンクを押した先のページで、ワードを追加。
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

おしん記者

シンプルだなぁ…

STEP6:メールがヒット毎に届く!

おお!気になるワードでメールが続々届くぞ…
huntely-email-example

おしん記者

ぼくのワードだと2-3日に1通って感じですかね

編集後記

ものの5分でタイムマシンの準備done。ログイン機構なかったりメールでほとんどを済ませられたり「仕事をさくっと終えてくれる」というところがとっても好感持てるサービスです。

ぼくも何か見つけよう!

利用はこちらから

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

収集品の共同保有プラットフォーム「alty(オルティ)」、 コレクター間取引機能やウォレット機能等をリリース

DX推進における統合管理ソリューション「INTEGRATION」をリリース

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

入札市場の発展、拡大に貢献した自治体を表彰する 「NJSS 入札Award 2022」が開催  大賞は、秋田県庁、京都市役所

「ミライノピッチ2022」予選通過者10名が決定!情報通信分野で輝くビジネスモデルをキャッチ

エビソル、飲食店向けインバウンドに関するアンケート調査結果を発表 インバウンド規制緩和から1ヶ月、飲食店の半数以上が客足が増加していると回答

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

HRサービスのマーケットプレイス「sonar store」運営のThinkingsと、 HRサービス企業17社が、“採用を、変えよう。プロジェクト”を始動!

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK