スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ 小ネタ /「ユニコーンシュミレーター」はあなたの起業家センスがわかるかも
小ネタ 2016.12.22

「ユニコーンシュミレーター」はあなたの起業家センスがわかるかも

ちょっとインタビューばかりしていて疲れてきたのでひとやすみ。

海外のサービスでユニコーンになるまでの過程を体験できるゲームがあると聞いてさっそく遊んでみました。

【編集部注】ユニコーン=時価総額1000億円を超える企業のこと

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
ユニコーン・スタートアップ・シミュレーターではスタートアップからユニコーンになるまでを体験できるらしい…

ぼくの会社がユニコーンになるまで

早速遊んでみるよ!

さー早速オフィスマネージャーから報告。「新しいオフィスに引っ越したぜ」A:「cool=イカス!」B「sweet=よかったねぇ」って感じかね。%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

 

Aを選ぶと…おおっ!250Mの評価がプラスに。しかし早くも難題「投資したいけど、お前CEOにポジションダウンな」ってさ%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

 

「ノーだこの野郎!」とA:「Im here to stay=残る」をチョイス。んあー60Mのダウン…矢継ぎ早に「やめた社員がブログに悪口書いてますぜボス!」との報告。%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

 

気が弱くなったわたしはB:「Write a vague blog post=お茶を濁す」をチョイス。よし、時価は下がらず。でもまた次の問題。「透明性が低いからブログで成長について書きましょうボス」%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

 

いいことだねーA:「Let’s do it=やりましょう」をチョイス。ああー60M下がった…難しいなー。どんどん問題発生。「うちの営業マネージャーが顧客にたわごとを言っているようですボス」%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

 

まじかー信頼してたのになー、A:「Fire them:=やめてもらう」をチョイス。99Mアップ。今度は突然「新しい本社をどこに作りましょう、ボス」%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

 

まー本社いうたらA:「Siliconebally=シリコンバレー」よねとチョイス。132Mアップ。次は何だ。「プロダクトハントで有名人がshrug=肩をすくめる絵文字でポストしてるぜ、ボス」と%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

 

ぶおおおー!戦うぜ!とA:「Start an angry tweetstorm=怒りのツイート」を選択。30Mマイナス…tweetには気をつけよう…次は「フォーブス30u30にノミネートされたぜ、ボス」ときた%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

 

ときは今じゃー!とA:「Ride a wave=波に乗る」を選択。99Mプラス。400M超えてきた。そんな中「キャッシュフローが悪いです。でもケチりすぎ」とディスられる始末。%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

 

オーケーわかったよ。A:CallInvestors=投資家に電話」をチョイス。99Mプラス。www「ドナルド・トランプがあなたを4度目の結婚式に招待してるぜ、ボス」なんとタイムリーな。%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

おしん記者

ずっとやってようかと思ったけど、流石に長くなりそうなのでここでやめときます…

ゲーム好きの編集部より

なつかしいインターフェースの体験ゲーム。出て来るキャラクターや話題も良く出来てる。ちょっと現実に疲れたときは遊んでみてね。

利用はこちらから

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

敬老の日を前に、高齢者の電話詐欺被害防止を考える! グローバルデータベースを持つ 迷惑電話対策アプリ「 Whoscall 」が伝える 詐欺電話 被害 状況 と防止策

スマートロッカーによるラストワンマイル物流改革ソリューション「ECD (Easy Collect & Drop)」inアフリカ

「ものづくり」を包括的に支援するGood Thingsのサービス

株式会社Merが、世界大手CRMサービス企業Pipedriveの日本国内のおけるマスターパートナーに就任

「まるで現実でコミュニケーションをとっているような感覚が味わえるバーチャルスペース「Ovice(オヴィス)」ーー株式会社NIMARU TECHNOLOGY」

お店に着くと、できたての料理をすぐに食べることができるサービス「SmartDish(スマートディッシュ)」

スタートアップを考える起業家が専門家と無料で相談できる「カベウチ」、モック版をリリース

未上場企業の株主総会が最短1日で完結!「FUNDOOR」の新機能”オンライン株主総会”をローンチ!!

社会人向けOB訪問サービス「CREEDO」が、オンライン社員訪問を通じた無料の採用支援ツールを発表!

アフターコロナ時代の非対面営業ツール『TANOMU』ーー株式会社タノム

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK