スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /唯一?メディア専門のインキュベーション「メディアインキュベート」
インタビュー 2017.05.20

唯一?メディア専門のインキュベーション「メディアインキュベート」

今日は、唯一?メディア専門のインキュベーションを手掛けるスタートアップのインタビューです。株式会社メディアインキュベートの浜崎さんに話を聞いてきました。

【編集部注】デジタルモンキー天野さんの記事をご覧いただいて取材につながりました。天野さんありがとうございます。


<浜崎さんの略歴>

複数メディアのに携わり、編集・ディレクション・営業・マーケティングを担当後、大手通信キャリアや大手新聞社やゲーム、VR、民泊、就職、教育、地方創生、映画、ベンチャー、インバウンド、ヘルスケア、通信などのメディア支援やイベント事務局やPR・マーケティングを担う。

唯一?メディア専門のインキュベーション

メディアの立ち上げ、運用支援から投資までを行うメディアインキュベートは概ね4つのサービスを展開している。

1.メディアづくりの包括的な支援(事業計画、取材、ライティング、編集、開発)
メディア運営を行う中で、編集だけでなく、開発ディレクションも行い、
メディア事業の事業計画も策定しながらサービス作りを行います。オウンドメディア運用では、
広報業務からマーケティングの支援も行います。

2.メディアの運用支援ツールの提供
メディア運営を効果的、効率的にするための支援ツールの提供を行います。
自社でも運営・利用しており、目線の合った提案・支援を行うことができます。

3.メディアに特化した事業投資
自社でメディアを作るだけでなく、意欲のあるメディア運営者に向けた投資事業も行います。
投資を行った後は、ハンズオンでメディア運用に悩んでいる企業の支援を行います。

4.クリエーターのチーム組成を行い、プロジェクトを受注
弊社が展開するクリエイタープラットフォームでは、
クリエイターの皆さんにビジネスパートナーを紹介します。法人向けには、
優秀なクリエイターのチームがサービスをご提供いたします。
個人のクリエイターの方には、チーム組成のお手伝いと、お仕事をご紹介いたします。

メディアに関することなら何でも、珍しいメディア専門のインキュベーションチームのようだ。

メディアに特化した包括的な事業支援「メディアインキュベート

メディアに惚れ込んでいる

おしん記者

メディア専門のインキュベーションって変わってますね。元々何をやってたんですか?

浜崎さん

スタートアップオタクだった経歴もあり20-30のメディアを支援してきてたんですが、某新聞社のWebディレクションなんかをやってきました。週百万PVから数千万PVまで伸ばす成功体験があってサムライインキュベートさんからヒントを得て、メディア専業のインキュベーション会社を作りました。

おしん記者

メディアに特化している理由はあるんですか?

浜崎さん

そもそもメディアが好きなので、近来のオウンドメディアだめとかっていう風潮に腹が立って(笑)メディアというビジネスモデルに貢献したいと思ってやってるところはありますね。

おしん記者

ある意味今の時期(キュレーションショック)にやるには勇気のいる事業ですよね?

浜崎さん

以前は「メディアはすべからく儲かる」キラキラ幻想がありましたが、某キュレーションなどの話を受けて「この時期にこういう事業をやるということは勇気ある」と言われることも。でも、儲かる、儲からない関係なしにメディアが好きなのでやっちゃうんですよね笑

おしん記者

どういう支援が増えてきていますか?

浜崎さん

作るという話ももちろん多いですが最近売却したいみたいな話もでてきますね。会社なので方向性が違うとか、思ったほど伸びなかったとか、上司の方針が変わってみたいな話です。

「動画」「テキスト」「イベント」メディア全てが対象「メディア特化のM&Aサービス

おしん記者

ちょっと悲しい。

浜崎さん

そうですね、ですので「メディアを作りたい!」と言われたら、私たちもメディアをいきなり作るというより、インフルエンサーを獲得していってマネタイズを図ったりするような、Webメディアという枠にとらわれない立ち上げ方法を提案したりしていますね。

おしん記者

それで、うまくいき始めたらWebメディア化しなさいよと。すごくまっとう 笑

ハンズオン型VCのように動いていく

おしん記者

結構な数のメディアを支援されてますけど、今後の展開はどんなイメージでしょう?

浜崎さん

メディアに特化して投資だけでなく宣伝会議さんみたいな教育、採用までできるようにしたいと思っています。とくに最近は営業と人の紹介の依頼が多くて、ベンチャーの紹介をしてほしいということもあります。

おしん記者

メディア支援から新規事業チームの請負みたいなスタイルになってきてるってこと?

浜崎さん

そうですね、ベンチャーとメディアの大手企業を支援しているという意味では、以前トーマツベンチャーサポートの方に「メディア領域に絞ったうちと同じような動き方をしているね」と言われたことがあります!笑

おしん記者

なるほど!笑 自前事業もやってますよね?

浜崎さん

自前事業もやってますね。背伸びしながらやっていくしかないかなと。支援も、投資もやるし、リスクを取ってグロースさせていくハンズオン型VCのように動いて「メディア運営ならメディアインキュベート」と言われるようにやっていきます。
【編集部注】メディアインキュベートでは採用、M&A等の支援も行っている。
お問い合わせはこちらから

編集後記

メディアインキュベートさんのお名前はちらほらお聞きする中初めての出会いでした。「とにかくメディアが好き」とおっしゃる浜崎さんのインキュベーションストーリーをお聞きするのが楽しみです。

スタートアップタイムズでもスタートアップの支援を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。

日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資


AI-acceleratorはこちら

15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか?


マッハ取材はこちら

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

転職理由は本音で話すべき?638人に聞いたアンケートを元に解説!

22年卒予定の学生に聞いた「就職活動中での企業の採用選考時の対応に関する意識調査」就活中、企業の対応によって志望度が上がった経験のある人が70%強 ~半数以上が「下がった経験がある」と回答。企業と学生が対等に選びあう時代に~

26の大学発ベンチャーのタネを一挙公開!京阪神スタートアップアカデミア・コアリション【KSAC】 Demo Day 2022開催!

「GET IN THE RING OSAKA 2021 -Sustainable Business-」優勝企業が決定。世界大会への挑戦権を獲得!

Job総研『2021年ニュースランキング』調査を実施

「起業の科学」田所雅之氏率いるユニコーンファーム。副業メンバーの日程調整における課題を解決!

採用管理システム「sonar ATS」、対話型AI面接サービス「SHaiN」とAPI連携を開始 ~「SHaiN」の面接情報を「sonar ATS」で確認・管理が可能に~

音声SNS「Wacha」で、”人肌感がありながら、 自分を自由に表現できる世界”を創る。 〜Coeto創業ストーリー〜

IoT、ロボット、各種アプリなど情報通信分野に絞ったピッチイベント「ミライノピッチ2021」受賞者決定!

M&A総合研究所が上場企業M&A動向レポート【2021年10月版】を発表 。建築・土木業、IT・ソフトウェア業のM&Aが大幅に増加〜

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK