スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /組織心理学を応用してスキル採用からシナジー採用を目指す「INOBER」
インタビュー 2017.06.12

組織心理学を応用してスキル採用からシナジー採用を目指す「INOBER」

株式会社Meta Anchorの山田 邦生さんにインタビューしました。

【編集部注】この記事はマッハ取材βで基礎取材したものを編集部が再構成したものです。

社員の性格や価値観をもとに、組織にフィットする人材を採用できる「INOBER」

おしん記者

なんとお呼びしましょうか?名前はなんておっしゃるんですか?

山田さん

山田 邦生といいます。

山田 邦生

名古屋工業大学大学院卒。管理部門や士業に特化した転職エージェントMS-Japanに入社。キャリアコンサルタントとして1000人以上の求職者と接し、100名以上の転職支援実績を持つ。同社退職後は独学でプログラミングを学び、Webアプリ開発、Pythonを使った人事関連のデータ解析の実績あり。

おしん記者

どんな事業をやっているんですか?

山田さん

社員の性格や価値観をもとに、組織にフィットする人材を採用できる「INOBER」を提供しています。INOBERを活用することで、採用以外にも、上司と部下の関係や組織のカルチャーを定量的に把握でき、チーム作りにも活かすことができます。

おしん記者

創業のきっかけはありますか?

山田さん

もともと経営者になりたい夢はあったのですが、何をすれば良いかわからず、色々ビジネスのネタを考えていた時に、もっと人を活かすシステムがあれば面白いと思い創業しました。資源を持たない日本は人こそが全てであり、人を活かすも殺すも、人を活用する側(会社など)の問題であることがわかりました。現在、採用後の早期離職や従業員のチベーションやエンゲージメントの低さが問題になっています。これらの問題を解決していくことを目指しています。

おしん記者

サービスの利用法を教えてください。

山田さん

2週間無料で利用するをクリックいただくと、メール認証後、アカウントを登録できます。社員の名前、メールアドレスなど必要事項を記入して登録すると、すぐに「性格・価値観に関わるアンケート」に答えるURLを送信できます。アカウント登録は2分でできます。

スキル採用からシナジー採用へをコンセプトにサービスは作られている

おしん記者

これからの目標を教えてください。

山田さん

現在AIの機能実装に向けて、開発を行っています。システムのAPI化も考えており、他社のタレントマネジメントシステムとの連携も検討しています。働く人を一人でも輝かせれるように、技術を磨いていきます。
INOBERについて知る

編集後記

ミツカリさんなど、たくさんのカルチャーフィットソリューションがでてきていますが、データ活用が遅れるHRの領域にとってはよいことですね。「スキル採用からシナジー採用へ」をかかげるINOBERさんのコンセプトには共感できるものがあり、MS-JAPAN出身の山田さん、人材企業出身ならではのソリューションが楽しみです。

スタートアップタイムズでも起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。

15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか?


マッハ取材はこちら

日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資


AI-acceleratorはこちら

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

カベウチアイディアソン 1/30日 開催!!

世界初のバックグラウンド多要素認証「DZSecurity(ディーゼットセキュリティ)」ーー株式会社AnchorZ

ICTを活用し、保育園・幼稚園の先生と保護者を繋ぐWebサービス「note」ーー保育ICT株式会社

コロナ禍のドクターを応援したい!  いつでも匿名で先輩ドクターに相談・意見交換できるチャットサービス「ドクター to ドクター」の利用料無料キャンペーンを6月末まで延長!

採用管理システム「SONAR ATS」、導入社数が800社を突破!

ワンストップビジネスセンター 延べ利用社数が1.5 万社を突破!コロナ禍のリモートワーク普及で起業家にさらに浸透

コロナ禍で働く大切なスタッフに もっと”心のケア“ を 制服などの衣類やおしぼりなど身近な布製品を回収し 抗ウイルス・抗菌加工することに特化した日本初のサービス 「HUG(ハグ)」2021年1月サービス開始

コロナ禍の今を救い・次を担う!「観光事業者向けGoogleマップ行動分析&運用(MEO)支援」株式会社リーゴ

M&A総合研究所、最先端のアルゴリズム開発を手掛けるPKSHA Technologyと業務提携を開始 〜AIによるM&Aマッチングシステムの開発促進にPKSHA Algorhim Moduleを導入〜

世界の同年代の学生とリアルタイムで意見交換!オンライン授業から世界平和を目指すーー株式会社With The World

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK