スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /出版から約3週で第3刷「起業の科学 スタートアップサイエンス」見どころは?使い方は?
インタビュー 2017.11.30

出版から約3週で第3刷「起業の科学 スタートアップサイエンス」見どころは?使い方は?

スタートアップサイエンスの田所さんに著書「起業の科学~スタートアップサイエンス~」をご恵贈いただきました。あえて中身についてはあまり触れませんので大元になった「Startup Sicence」の素晴らしさはぜひ、こちらのインタビューから読んで味わってくださいね。

田所雅之

シリアルアントレプレナーとして、これまで日本4社と、米国シリコンバレーで、合計5社を起業してきた。米国シリコンバレーのベンチャーキャピタルFenox Venture Capital (運用額1700億円)のベンチャーパートナーを務め、国内外のスタートアップを投資の担当(これまで1200社のDue Dilligenceの実績) 現在は、国内外のスタートアップ数社のアドバイザー・ボードメンバーを務めている。

投資家であり、現役の起業家が作った「Startup Sicence」が書籍に

FacebookやTwitterで話題となった「Startup Sicence 2017年拡大版」。そのエッセンスをまとめた1冊がついに書籍化された。

著者はシリアルアントレプレナーでもあり、投資家でもある田所雅之さん。大元となったスライドは公開1週間で8,500シェア/170,000PVを超えた。海外でも多くの反響を得ているそう。

起業の科学 スタートアップサイエンス

驚きなのはそのボリューム!6月に公開された最新版は1750pageで構成されていたが、大判のムックサイズの書籍も300ページ弱。田所さんによると、

お蔭様でAmazonの経営書ランキングで発売以降4週連続で1位を獲得しました。出版から約3週間で第4刷りまできております。

実際Amazonでランキングを確認しても、カテゴリランキング上位の常連だ。

Amazonの経営書ランキング

大元となったスライドの作成もスタートアップメソッドの則りに行っているとのことだった。

スタートアップにとって大事なのが自分自身の課題を解決することです。スタートアップサイエンスはまさに自分自身の課題を解決するために作りました。まだ経験も浅い中でシリコンバレーで踠いていた5年前の自分のために作りました。最初の500ページ版を出して、反響があったので、さらに追加していく。多くの起業家と対話やメンタリング・アドバイスをする中で有用と思ったものを足していきました。まさに、Build-measure-learnというリーンスタートのメソッドをこのスライド作成にも活用しました。

1229ページ版を今年の1月に出した時に、取材依頼、講演依頼、セミナー依頼が舞い込むようなりました。広告などは一切していないのですが、あっという間に4000シェアされました。このスライド自体のプロダクトマーケットフィットを達成したと実感しました。

まさにスケールの証明が書籍と言えるだろう。

全300ページ弱、見どころは?使い方は?

全300ページ弱の構成で、中身を語ることはしないがそのエッセンスをお伝えしよう。

プロブレムソリューションフィットの章

例えば、プロブレムソリューションフィット=課題と解決策のマッチを厚く語る書籍は多いが、このボリューム感で書かれた書籍は少ない。インタビューや、プロトタイピングなど、一つの手法に寄らず、網羅的に書かれているこの章だけでも一見の価値がある。

エレベーターピッチのフォーマット

その中にはエレベーターピッチのフォーマットなどは、スタートアップが直面する「お前何言ってるかわからないよ症候群=解決策の言語化」の課題の特効薬と言えるだろう。

起業の課題は1冊の抽象論で解決しないし、具体策を求めて連作で読み切るのは難しい。起業家が直面する問題は複数同時に起こり、具体策がすぐ必要で、書籍を読み切るのを待ってくれない。

まずはチームに1冊買っておき、課題が発生する毎に参照する辞書のような使い方がふさわしい一冊だ。

「起業の科学~スタートアップサイエンス~」はこちら

編集後記

おしん記者

「スタートアップは世界をよくすると思っていて、そのためにできることをなんでもやる」と語る田所さん。私が起業家チームと取り組むAI.Accelaratorのアドバイザーにも就任していただいています。こういった書籍もどんどん取材していきたいですね。

スタートアップタイムズでも起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。

15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか?


マッハ取材はこちら

日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資


AI-acceleratorはこちら

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

プログラミング転職大陸のリリース|株式会社プルチーノ

ICTの力で先生たちの業務負担を軽減!保育業務支援システム「Hoisys」

飲食店の経営に役立つサービスを見つけられる情報比較メディア「CAROT(キャロット)」ーーキャロット株式会社

ホテルの客室、ラウンジや朝食会場などの遊休空間を活用し、スキマ時間に働く場所を提供するワークスペースサービス「Threes(スリーズ)」ーートーキョーサンマルナナ株式会社

イメージ通りの曲が作れるAI作曲クラウドサービス「SOUNDRAW」で楽曲制作の民主化を実現するーーSOUNDRAW株式会社

AppsFlyer、“永年無料”のアプリマーケティングツール利用サービス「Zero Plan」リリース

ベネフィット・ステーションの福利厚生サービスとして、 5月からミートキャリアのカウンセリングを提供開始!

Nishikaが新たなデータサイエンスコンペティション「日本絵画に描かれた人物の顔分類に機械学習で挑戦!」をスタート

【業界初】フリーエンジニアの悩みを一挙に解決するサービス「Stanfit」始動!

高度な営業企画書をオンライン上で自動生成。クラウド型提案書作成サービス『YAORDER』β版の事前登録を受付開始。

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK