スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /放置系ITエンジニア専門スカウト転職サイト『スカウトミー』
インタビュー 2017.12.19

放置系ITエンジニア専門スカウト転職サイト『スカウトミー』

『スカウトミー』ITエンジニア専門スカウト転職サイトを運営するstudio Usagi株式会社の浦岡憲二さんより、マッハ取材にお申し込みをいただきました。

【編集部注】この記事はマッハ取材βで基礎取材したものを編集部が再構成したものです。

『スカウトミー』放置系転職サービス。

おしん記者

なんとお呼びしましょうか?名前はなんておっしゃるんですか?

浦岡さん

浦岡憲二といいます。

浦岡憲二

IIJグループ、GMOグループでのエンジニア経験を経て独立。エンジニア暦15年。

おしん記者

どんな事業をやっているんですか?

浦岡さん

『 ITエンジニア専門スカウト転職サイト『スカウトミー』を運営しています。登録したら後はスカウトを待つだけの放置系転職サービス。求人票の検索も応募も一切必要ありません。

おしん記者

創業のきっかけはありますか?

浦岡さん

自身がエンジニアで、このようなサービスがニーズがあると思ったからです。後は練りに練って事業として勝算が高いという判断も勿論ありました。

おしん記者

サービスの利用法を教えてください。

浦岡さん

エンジニアの方はアカウント作成の上、ITエンジニアに付随するレジュメを登録いただきます。後はスカウトをひたすら待つだけです。採用企業の方はアカウント作成の上、ひたすらエンジニアをスカウトしていただきます。求人票の掲載機能などは一切ございません。

『スカウトミー』ITエンジニア専門スカウト転職サイト

おしん記者

競合サービスはありますか?

浦岡さん

強いて挙げるなら『転職ドラフト』さんが最も近いですが、ドラフト形式と常時スカウトを受け付ける『スカウトミー』という点で大きく異なります。

おしん記者

これからの目標を教えてください。

浦岡さん

11月上旬に正式リリースし、現在270名のエンジニア登録がございますが、まずは1,000名を目指します。また、 累計スカウト数は既に270件を超え採用成果も挙がっており、有料課金企業もございます。まずは早期の黒字化を目指すというよりは、ITエンジニア転職スカウトの圧倒的No.1プラットフォームを目指して参ります。
スカウトミーについて知る

編集後記

おしん記者

転職しようと思えばいくらでも転職できるのがエンジニア。放置系転職はエンジニア向きですね。

スタートアップタイムズでも起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。

15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか?


マッハ取材はこちら

日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資


AI-acceleratorはこちら

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

収集品の共同保有プラットフォーム「alty(オルティ)」、 コレクター間取引機能やウォレット機能等をリリース

DX推進における統合管理ソリューション「INTEGRATION」をリリース

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

入札市場の発展、拡大に貢献した自治体を表彰する 「NJSS 入札Award 2022」が開催  大賞は、秋田県庁、京都市役所

「ミライノピッチ2022」予選通過者10名が決定!情報通信分野で輝くビジネスモデルをキャッチ

エビソル、飲食店向けインバウンドに関するアンケート調査結果を発表 インバウンド規制緩和から1ヶ月、飲食店の半数以上が客足が増加していると回答

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

HRサービスのマーケットプレイス「sonar store」運営のThinkingsと、 HRサービス企業17社が、“採用を、変えよう。プロジェクト”を始動!

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK