スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /A10 Lab、東急と連携 〜東急線沿線のオフピーク乗車の習慣化を「みんチャレ」がサポート〜
インタビュー 2018.03.29

A10 Lab、東急と連携 〜東急線沿線のオフピーク乗車の習慣化を「みんチャレ」がサポート〜

エーテンラボ株式会社と東京急行電鉄株式会社は、三日坊主防止アプリ「みんチャレ」を使った東急線沿線におけるオフピーク乗車の習慣化のサポートに関する期間限定のプロジェクトを2018年4月1日〜6月30日の間行う。エーテンラボ株式会社は2017年度東急アクセラレートプログラムの受賞企業。

エーテンラボ株式会社について
エーテンラボ株式会社(A10 Lab Inc.)は自社開発の行動変容技術を利用した、一人で行う習慣化の8倍もの成功率を誇る「みんチャレ」でユーザーの習慣化を成功させます。企業へはCustomer engagement as a serviceとして、企業が抱える顧客の継続率向上による利益増加や顧客の行動観察からインサイトを得る最新のリサーチを提供します。

三日坊主防止アプリ「みんチャレ」


匿名の5人でチームを組み、ダイエットや勉強などの習慣化に励ましあいながらチャレンジする三日坊主防止アプリ。今まで25万人以上の利用者の習慣化をサポートする。アプリストアでは平均評価☆4.7(5段階評価)と実際に使っているユーザーからも高い支持を受け、2016・2017年と2年連続でGoogle Playベストアプリに選出されている。

今回のプロジェクトは、東急線を利用されているお客さまに通勤・通学時の混雑を回避するためのオフピーク乗車を促すことを目的とし、エーテンラボ株式会社はみんなで励ましあいながら習慣化できるアプリ「みんチャレ」を提供し、早起きによるオフピーク乗車の習慣化をサポートするという。

また「みんチャレ」では、習慣化を目指して毎日の生活しながらアプリ内で使用可能なコインを集めることができ、集めたコインは公益社団法人チャンス・フォー・チルドレンを通じて子供の教育支援に寄付できる。今回のプロジェクトでは、東急線をご利用のお客さまのオフピーク乗車による快適な通勤・通学が、寄付という形で社会貢献にも繋げる狙い。

エーテンラボ株式会社ではこれからも様々なサービスや企業と「習慣」を軸にオープンイノベーションで成長を加速させる計画だ。

「みんチャレ」を知る

編集後記

取材担当進藤

プロトスター栗島さんご紹介で、おなじみの長坂さんに。オープンイノベーションブームの今だからこそスタートアップは仕掛け時。栗島さんの紹介は外れないですねー。

スタートアップタイムズでも起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。

15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか?


マッハ取材はこちら

日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資

すでに30社超、日本初「人工知能スタートアップ特化型」アクセラレータープログラム


AI-acceleratorはこちら

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

日本から中国の大学生をサポート。Jicooが時差があるオンライン面談の日程調整を効率化!

忙しいビジネスパーソンの味方! 会員数15,000人突破の日程調整サービス「スケコン」を運営する

フィンランド発Aiven、シリーズCのエクステンションを実施評価額は20億ドルを超えユニコーン企業評価額を達成

30代の「大人の自己分析」広がる

Job総研「2021年 秋の読書実態調査」を実施

sonar ATS、11月2日(火)に採用担当者向けオンラインイベントを開催 「オンライン面接攻略、多様化する人材獲得に効果大『構造化面接』を徹底解説!」

自動運用実績累計6,000サイト、平均ROAS424%の実績!広告運用者の時間を削減し、生産性向上を実現!広告運用サポートツール「AdSIST plus」9月13日より提供開始 AdSIST plusサービスサイト:https://plus.adsist.ai/

AnyMind GroupがHUMANと連携の下、対モバイルアプリ動画広告「POKKT」においてアドフラウド検知・防止機能を実装。HUMANの技術を導入し、より安全性の高い対モバイルアプリ動画広告を実現。

就活生や20代のビジネスパーソンなどのキャリア支援メディア・サービス

採用管理システム「sonar ATS」、業界最多の測定項目を誇る適性検査「eF-1G」とAPIの本格連携を開始 ~「eF-1G」の受検情報を「sonar ATS」へリアルタイムに連携可能に~

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK