スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /AIで航空券やホテルの最安値を予測。航空券や宿泊施設のメタサーチサービス「atta」
インタビュー 2019.12.11

AIで航空券やホテルの最安値を予測。航空券や宿泊施設のメタサーチサービス「atta」

春山 佳久

株式会社atta代表取締役兼CEO

北海道北斗市出身 UCLA航空宇宙工学科卒業
新卒で電通に入社し、日経新聞を担当。その後、Googleに転職し、Sales ManagerとしてAdwordsを大手代理店向けにコンサルティング営業を担当。 2度の起業を経て、Huluの初期メンバーとして日本事業立ち上げ、Skyscannerにて日本を含む北アジアマーケット責任者を歴任。日本発の事業を世界に広げたいという想いからお菓子事業を展開するBAKEのCOOとして組織改善、海外展開責任を遂行。2018年3月に株式会社WithTravel(現:atta)を創業。世界中の旅行者に旅先で役立つ情報をテクノロジーを使って、ドラえもんのような存在:Travel Buddyになることことで、旅行を一層楽しむことができるツールを提供したい。日本発アジアへ、事業推進中

AIで航空券やホテルの最安値を予測。航空券や宿泊施設のメタサーチサービス「atta」

旅行のシーズンによって、航空券や宿泊施設の価格は大きく変動する。そのため最安値でチケットを買うのは至難の業だ。そこでAIの力を使って、チケットが最も安い時期を予測してくれるサービスがある。

株式会社atta(アッタ)」が運営する「atta」だ。航空券や宿泊施設のメタサーチサービスで、世界中の空港を離着陸する航空券や世界中にあるおよそ230万軒のホテルが検索できる。AIで航空券チケットやホテルの最安値を解析・予測し提供している。

ーーattaのサービスについて教えてください。

attaのサービスを一言でいうと、「航空券や宿泊施設のメタサーチ」です。

attaの特徴は4つあります。まず航空券やホテルを横並びで比較しながら検索できることです。2つ目はAIが航空券やホテルの最安値を予測し、一番安くなった時にお知らせを受け取れること。3つ目は人気宿泊施設の空室情報をお知らせを受け取れる機能です。そして、現地での旅行のアップセルをして、より良い旅を実現できることも特徴になっています。

特にAIが最安値を予測するサービスでは、2019年7月4日のアプリリリース以降、6600万円※分の航空券やホテル料金を安くなったお知らせをアプリユーザーに送っている実績があります。※2019年11月24日時点(最新情報はattaサイトでご確認ください。)

ーー前回に比べて、利用するユーザーさんに変化はありましたか?

前回の取材時は、30%が東南アジアの方、65%が日本人で、残りはその他の国の方といったアジアの方を中心にattaを利用して頂いていました。

現在では、55%が日本、30%が東南アジア、東アジアが8%、アメリカが4%で利用して頂き、attaのユーザーとして45%が海外の方から利用して頂けるようになりました。

ーーサービスはどのように成長しましたか?

前回は宿泊施設の検索機能だけでしたが、全世界の航空券が探せる航空券検索サービスもリリースいたしました。最安・最短のフライトをわかりやすくユーザー様に提示できるだけでなく、値下がり予測機能により最安プランがさらにお得になる可能性の提示や、プライスアラートによる価格が下がった時にお知らせする機能をリリースいたしました。

また、attaが扱っている宿泊施設は、前回の取材時は全世界で130万施設でしたが、8 月にエクスペディアさん、ホテルズドットコムさん、10月にBooking.comさんと提携が完了し、230万施設が検索対象になりました。今回のシステム連携で更に多くの宿泊施設の選択肢を旅行者が検索・比較できるようになりました。

ーーこのサービスの今後はどんな機能が追加されますか?

直前で安くなった宿泊施設をAI解析をして表示して、旅先が決まっていない人が金額から旅先を選べるような機能を実装します。

また、ヨーロッパなどの地域に旅行に行く人にとって、航空券の周遊検索のニーズがあります。ですが、周遊検索したの航空券料金が最適化されておらず、1区間ずつ検索した方が航空券が安いといった問題があります。ですので、1区間ずつ検索しなくても、1回の検索で最安の航空券の周遊検索ができる機能を実装する予定です。

 

ーー今後の更なる将来的な展望はありますか?

attaブランディングのマーケットが、インドネシアや中国といった自国のブランドが強い国のマーケットの下に入って提携いきたいです。「どこに泊まって、どういったルートのコースがいいのか」といった旅先での移動プランや宿泊施設の最適化を目指し、その人にあったプランを提供できるようにさらにサービスを展開していきたいと思います。AIモデリングでは必要なデータリソースは増えますが、サプライヤーの情報整理やユーザーのデータ取集から少ないデータ量で、最適なプラン提供をし今のパーセントを出していけるようにしたいです。

更なる進化を続ける株式会社atta。今後日本だけでなく世界でも、旅行予約と言えばattaという存在になりそうだ。

サイトへ

編集後記

取材担当阿部

世界放浪をしている際に、実際にattaを利用したことがある阿部です。海外旅行って何かとお金がかかるので、attaのようなサービスは本当に海外旅行好きの方にはぴったりです!これからも応援しています!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

シンガポール発!日本のサプライチェーンファイナンスをアップデートし銀行と中小企業の橋渡しを実現する会社ーー株式会社RootAnt(ルートアント)

カベウチアイディアソン 1/30日 開催!!

世界初のバックグラウンド多要素認証「DZSecurity(ディーゼットセキュリティ)」ーー株式会社AnchorZ

ICTを活用し、保育園・幼稚園の先生と保護者を繋ぐWebサービス「note」ーー保育ICT株式会社

コロナ禍のドクターを応援したい!  いつでも匿名で先輩ドクターに相談・意見交換できるチャットサービス「ドクター to ドクター」の利用料無料キャンペーンを6月末まで延長!

採用管理システム「SONAR ATS」、導入社数が800社を突破!

ワンストップビジネスセンター 延べ利用社数が1.5 万社を突破!コロナ禍のリモートワーク普及で起業家にさらに浸透

コロナ禍で働く大切なスタッフに もっと”心のケア“ を 制服などの衣類やおしぼりなど身近な布製品を回収し 抗ウイルス・抗菌加工することに特化した日本初のサービス 「HUG(ハグ)」2021年1月サービス開始

コロナ禍の今を救い・次を担う!「観光事業者向けGoogleマップ行動分析&運用(MEO)支援」株式会社リーゴ

M&A総合研究所、最先端のアルゴリズム開発を手掛けるPKSHA Technologyと業務提携を開始 〜AIによるM&Aマッチングシステムの開発促進にPKSHA Algorhim Moduleを導入〜

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK