スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /AIを活用した中小事業者向けの法律相談窓口アガルート AIリーガルコモンを提供。株式会社アガルート。
インタビュー 2020.01.11

AIを活用した中小事業者向けの法律相談窓口アガルート AIリーガルコモンを提供。株式会社アガルート。

岩崎北斗

株式会社アガルート代表取締役。慶應義塾大学法科大学院既修者コース修了、平成21年司法試験合格(総合57位)平成21年~平成26年12月大手資格試験予備校で講師を務め、入門講座~中上級講座まで担当すると共に、講座の企画・立案,営業・マーケティングまで幅広く関与。平成26年12月 株式会社アガルート設立・資格試験予備校アガルートアカデミー開業。

Previous

AIを活用した中小事業者向けの法律相談窓口アガルート AIリーガルコモンを提供。株式会社アガルート。

中小企業は様々な壁に直面する。その中でも法律に関する問題は解決が難しく、中小企業にとって法律相談をするハードルが高い。そのような問題を解決する、AIを活用した中小事業向けの法律相談窓口アガルート AIリーガルコモンを提供をする株式会社アガルートを紹介する。

サービスを一言でいうと、「AIを活用した中小の事業者様向けの法律相談窓口」です。

具体的な機能は3つあります。

1つ目はAIチャット検索です。今まで顧問弁護士がした回答をデータベースにインプットしてあるので、キーワードを入力するだけで、AIがデータベースから回答を選別しお客様に最適な回答を提供します。

2つ目は簡易相談です。AIチャットのQ&Aだけでは、情報が不足していたり掲載がない場合、弁護士に意見を求めたい場合にメッセージを送ると、弁護士が回答してくれます。

3つ目は個別面談です。簡易相談では足らず、さらに弁護士に調査・確認を依頼したい場合、簡単に個別面談を申し込むことができます。

ユーザーは中小の事業者様を想定していますが、大企業様のニーズもあると思います。9月にリリースしておよそ100社の企業様に利用していただいています。

競合としてベンチマークしている企業さんは現在国内にはありません。国内には契約書をAIを使ってチェックできるサービスはありますが、AIを使って法律問題全般についての質問に答えているサービスは私たちだけです。

私たちの強みとしては、顧問弁護士だと2、3日回答までに時間がかかりますが、私たちはAIを使っているので瞬時に回答が出せます。また、料金面に関しても、顧問弁護士を雇うと月3万〜5万くらいかかってしまうのですが、私たちは最低額4千円から法律相談ができるので、顧問弁護士を金銭的理由で付けられない企業さんも利用しやすいのが強みです。

「自分の作りたいサービスを作る。」

創立の経緯について聞いた。

司法試験に合格後、大手資格支援予備校で5年間講師を務め、講師業だけでなく講座の企画・立案,営業・マーケティングまで幅広く携わっていました。大手資格支援予備校では通学の講義が主流でしたが、通信の方が勉強の効率がよく、大手資格支援予備校に残るというという選択肢もありましたが、独立して自分の作りたいサービスを作るという決意をし起業しました。そして、資格試験予備校アガルートアカデミーから派生させ、社会の見えない部分をカバーし、社会の屋台骨になるサービスを作りたいと思い、現在のアガルート AIリーガルコモンに至りました

社会の屋台骨を支えるような企業グループへ

将来の展望を聞いた。

今後1年では新規サービスであるアガルート AIリーガルコモンをスケールさせていき、更に新しい事業をどんどん立ち上げていきたいと思います。また、社内で新規事業を立ち上げるのも時間がかかるので、M&Aにも力を入れて社内と社外の両輪で使っていきたいと思います。

その延長線として、今後5年では社会の屋台骨を支えるような企業グループへ成長していきたいと思います。教育と法律を軸に社会的なインフラとなる企業グループを作っていきたいと思います。

 

サイトへ

編集後記

取材担当阿部

アガルートアカデミーさんのサービスを利用したことのある阿部です。教育業界から派生して法律で社会インフラを構築しているアガルートさん、ほんと素晴らしいですよね!これからも1ユーザーとして応援しています!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

敬老の日を前に、高齢者の電話詐欺被害防止を考える! グローバルデータベースを持つ 迷惑電話対策アプリ「 Whoscall 」が伝える 詐欺電話 被害 状況 と防止策

スマートロッカーによるラストワンマイル物流改革ソリューション「ECD (Easy Collect & Drop)」inアフリカ

「ものづくり」を包括的に支援するGood Thingsのサービス

株式会社Merが、世界大手CRMサービス企業Pipedriveの日本国内のおけるマスターパートナーに就任

「まるで現実でコミュニケーションをとっているような感覚が味わえるバーチャルスペース「Ovice(オヴィス)」ーー株式会社NIMARU TECHNOLOGY」

お店に着くと、できたての料理をすぐに食べることができるサービス「SmartDish(スマートディッシュ)」

スタートアップを考える起業家が専門家と無料で相談できる「カベウチ」、モック版をリリース

未上場企業の株主総会が最短1日で完結!「FUNDOOR」の新機能”オンライン株主総会”をローンチ!!

社会人向けOB訪問サービス「CREEDO」が、オンライン社員訪問を通じた無料の採用支援ツールを発表!

アフターコロナ時代の非対面営業ツール『TANOMU』ーー株式会社タノム

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK