「次世代のエンタメカンパニー」Coupe

「次世代のエンタメカンパニー」Coupe

おしん記者
なんとお呼びしましょうか?名前はなんておっしゃるんですか?

竹村恵美(たけむらめぐみ) さん さん
竹村恵美(たけむらめぐみ) といいます。

竹村恵美(たけむらめぐみ) さん

1991年生まれ。高校生活をスイスで過ごした後、立教大学文学部へ入学。インターンシップをきっかけにプログラミングに出会い、自ら開発しサロンモデルと美容師をマッチングする「Coupe(クープ)」をローンチ。2014年12月、大学4年生で株式会社Coupeを設立。「個人を輝かせる」というビジョンのもと、新たにライバーなどのインフルエンサーマネジメント事業を開始。2019年2月にサイバーエージェントグループへジョイン。

おしん記者
どんな事業をやっているんですか?

竹村恵美(たけむらめぐみ) さん
「次世代のエンタメカンパニー」を目指して、インフルエンサーマーケティング、ライバー(ライブ配信サービスの配信者)のマネジメントのほか、ウェブサービスで美容師さんとサロンモデルをマッチングするサービスを展開しています。

おしん記者
創業のきっかけはありますか?

竹村恵美(たけむらめぐみ) さん
きっかけは、中学3年生のときに父親の仕事の関係でドイツに引っ越したことがきっかけです。海外の寮での一人暮らしが始まり、学校に全く馴染めず、仲が良い友人もおらず寂しい思いをしていました。しかし、両親が頑張って学費を出して通わせてくれたということもあり、弱音を吐けなけず辛い高校生活を送っていました。そんな時、日本にいた親友が、Skypeでずっと悩み聞いてくれて、励ましてくれました。親友がいたからこそ、高校生活を3年耐えて卒業することができました。そして、卒業後に帰国すると、親友は念願だった美容師になっていました。しかし、彼女の最初の業務は、「1日中外で、朝から晩までサロンモデルを探す」というものでした。モデル探しはとても大変で、苦労して良いモデルを見つけても、カットするのは彼女ではなくベテランです。帰国後、アナウンサーを目指してアナウンサー学校に通っていた私には、幸いにも、サロンモデルにぴったりの友人が多くいました。そこで、彼女のために友人をモデルとして紹介する仲介のようなことを個人でやりながらサポートし始めました。
そんな中、数人でアプリを作っている会社でインターンに参加する機会がありました。プログラマーの皆さんがアプリを作っていく様子がとてもかっこよく見えて、早速、夏休みにプログラミングの集中講座に通いました。「身の回りの問題を解決することがウェブサービスの醍醐味だ」ということをそこで学び、プログラミングの魅力に気づき、モデル探しに困っている友人と、モデルをやりたい人とを結ぶウェブサービス「Coupe」を作ることにしたことがきっかけです。

おしん記者
サービスの利用法を教えてください。

竹村恵美(たけむらめぐみ) さん
当社は現在、ウェブサービスで美容師さんとサロンモデルをマッチングするサービス
「Coupe」と、インフルエンサーマーケティング、ライバー(ライブ配信サービスの配信者)のマネジメント「COUPE MANAGEMENT」の2つのサービスを展開しております。「Coupe」は、美容師さんは当社ウェブサイトからご登録いただけます。また、サロンモデル登録に関しましては、当社サイトからご応募いただき、そこからオーディションを経て合格された方は、当社所属のサロンモデルとしてご登録いただけます。「COUPE MANAGEMENT」に関しましては、インフルエンサーを起用したインフルエンサー広告や、モデルのキャスティングも可能ですので、当社ホームページよりご連絡ください。

おしん記者
これからの目標を教えてください。

竹村恵美(たけむらめぐみ) さん
今後、個人で活躍するインフルエンサーが増えれば、マネジメントする側の役割も変わっていくと考えています。影響力を持つ個人が、服屋さんを開きたい、NPO活動したい、といった目標を持った時に、一番に力を貸せるような組織を作り、特定のメディアやプラットフォームに依存するのではなく、「個人をメディアにする」とことを目標に、どこでも活躍できる人達をサポートできる場所を作っていきたいです。現在は、新たにYouTube事業にも挑戦しています。「次世代のエンタメカンパニー」として、多岐に渡って個人が輝ける環境をこれからも創って行きます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *