スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /自社でアンマッチだった人材を会社間でシェアするサービス「HRport」を提供。株式会社tabeco
インタビュー 2020.02.18

自社でアンマッチだった人材を会社間でシェアするサービス「HRport」を提供。株式会社tabeco

森 海渡

株式会社tabeco CEO。高校3年の時に人材紹介事業立ち上げに参画。大学入学後当時の経験を生かしフリーランスの採用コンサルタントとして活動。その後、スタートアップ2社でインターンを経て、2018年11月株式会社tabecoを設立。

自社でアンマッチだった人材を会社間でシェアするサービス「HRport」を提供。株式会社tabeco

就職活動をしていると企業から送られてくるお祈りメール。それによって就活生がショックを受け、最悪自殺にまで発展するケースがあり社会問題となっている。そのような課題を解決する自社でアンマッチだった人材を会社間でシェアするサービス「HRport」を提供する株式会社tabeco紹介する。

サービスを一言で表すなら、自社でアンマッチだった人材を会社間でシェアするサービスです。

自社のカルチャーやビジョンなど評価基準にはアンマッチで採用には至らなかった人材を会社間で推薦・採用し合えるサービスとなっています。まず、紹介企業は求職者の選考実績やその人へのリファレンスを投稿します。そして、HRportに登録する企業はこれを参考にその人にスカウトを送り、採用された場合、紹介企業には採用成果報酬が入るという流れになっています。

HRportの特徴は、紹介を行なった会社は採用成果報酬を受け取り、新しい学生との出会いに投資できることにあります。不採用通知を送るだけではなく、他社への推薦まで行うことで、最後まで求職者に寄り添う会社としてブランディング出来るといったメリットがあります。

紹介企業と採用企業どちらにも利益がある関係になっている。

HRPORTを利用する事で、お祈りメールは推薦オファーに変わる。

ユーザーは、就活生や中途、そして採用を行っている企業です。

競合としているのは、ある意味旧型の人のリファラル紹介のサービスを提供する企業です。

「社会にインパクトを与えたい」という想いからHRport立ち上げへ。

起業の経緯について聞いた。

元々、高校2年生の時は非常に活動的で、陸上部と柔道部を兼任するくらい活発でした。しかし、怪我をしてしまいスポーツができなくなってしまいました。今まで部活に熱中していたので打ち込む事がなくなり、露頭に迷っているとNPOや学生団体を見つけ、そこで非常に感銘を受けると同時に「何かをしてみたい」と思うようになりました。しかし、学生団体ではキャッシュが提供できないだけでなく、社会に与えられるインパクトが少ないと思い、キャッシュの提供ができインパクトの大きさも計り知れない起業することにしました。

採用に繋がらない出会いはかなり世の中にあリます。人事は年間数十人から数千人会いますが、98%は採用に繋がりません。また、お祈りメールは一種の社会課題であり、年間150人の大学生が就活自殺をしている現状にあります。ですので、採用に繋がらなくてもいい出会いを作りたいという思いからHRPORTというサービスに辿り着きました。

日本の次は世界へ。世界のインフラ構築を目指す。

将来の展望を聞いた。

まずはPMF(プロダクトマーケットフィット=自社のプロダクトやサービスが、あるマーケットに適合(フィット)している状態)を達成し、年内にITベンチャー界隈にHRportを普及させていきたいと考えています。そして、従来の採用手法をリプレイスできる新しい採用のロジックを作り、寄り添う採用をスタンダードにしていきたいと考えています。HRportが普及することによって求職活動や採用業務がさらに効率化されると同時に、お祈りメールで苦しむ人を1人でも多く救えたらと考えております。

就活における新しい軸となれるか。株式会社tabecoの更なる進化に期待だ。

サイトへ

編集後記

取材担当阿部

HRPORTを利用する事で、就活で精神的に苦しむ人が少なくなるといいですね!これからも応援しています!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

日本から中国の大学生をサポート。Jicooが時差があるオンライン面談の日程調整を効率化!

忙しいビジネスパーソンの味方! 会員数15,000人突破の日程調整サービス「スケコン」を運営する

フィンランド発Aiven、シリーズCのエクステンションを実施評価額は20億ドルを超えユニコーン企業評価額を達成

30代の「大人の自己分析」広がる

Job総研「2021年 秋の読書実態調査」を実施

sonar ATS、11月2日(火)に採用担当者向けオンラインイベントを開催 「オンライン面接攻略、多様化する人材獲得に効果大『構造化面接』を徹底解説!」

自動運用実績累計6,000サイト、平均ROAS424%の実績!広告運用者の時間を削減し、生産性向上を実現!広告運用サポートツール「AdSIST plus」9月13日より提供開始 AdSIST plusサービスサイト:https://plus.adsist.ai/

AnyMind GroupがHUMANと連携の下、対モバイルアプリ動画広告「POKKT」においてアドフラウド検知・防止機能を実装。HUMANの技術を導入し、より安全性の高い対モバイルアプリ動画広告を実現。

就活生や20代のビジネスパーソンなどのキャリア支援メディア・サービス

採用管理システム「sonar ATS」、業界最多の測定項目を誇る適性検査「eF-1G」とAPIの本格連携を開始 ~「eF-1G」の受検情報を「sonar ATS」へリアルタイムに連携可能に~

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK