スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /世界中の人を検索できるサービス「Libero.ai」を提供。NOBORDER株式会社
インタビュー 2020.02.18

世界中の人を検索できるサービス「Libero.ai」を提供。NOBORDER株式会社

竹田 裕哉

早稲田大学政治経済学部卒業。2002年に現リクルートキャリアに新卒入社。9年半にわたりIT部門、法人営業部門、新規事業分野のマネージャー、支社長等を経て、ベンチャービジネスの世界に身を投じ、複数のベンチャー役員を経て2015年11月に起業。 2018年1月にNOBORDER株式会社設立。

Previous

世界中の人を検索できるサービス「Libero.ai」を提供。NOBORDER株式会社

ネット上に個人情報は散らばっている。有名人ならばwikpediaのように1つのサイトに情報が集約されているが、一般人の情報は集約されていないため、今人の情報を詳細に調べるのは困難だ。そのような課題を解決する、世界中の人を検索できるサービス「Libero.ai」を提供をするNOBORDER株式会社を紹介する。

サービスを一言で言うと、「人のGoogle」です。

世界中の公開データからLiberoが収集・独自生成した2500万件以上のプロフィール情報から、ターゲットとなる人を検索することができ、かつその人にどう繋がるべきかを人脈情報をもとに示唆する仕組みです。

「Libero.ai」の主な機能は、名前・職種・会社名などから人物を検索、気になる候補者をプール、繰り返し利用する検索条件の保存、候補者と自社メンバーとの関係性を可視化などの機能があります。

「Libero.ai」の特徴は3点あります。

1点目は、ボーダーレス検索です。従来の登録型サービスのように、限られた登録者だけではなく、広く世界中のインターネット上からボーダーレスに対象者を探し出すことができます。

2点目は、Liberoの個別プロフィールには、その人が公開しているSNSアカウント、ブログURLなどがワンストップで集約されているので候補者を多面的に理解できます。また、情報不足の際にはGoogleでさらに調べることができるよう、自動で検索キーワードを生成し、検索結果を表示する機能も搭載されています。 

3点目は、つながりの可視化がされている点です。探した人に「つながる」ために、Liberoは自社のメンバーと「過去同じ時期に同じ会社で働いていた」などのつながり・共通点の情報を個別プロフィールに表示します。どうすれば候補者と効率的・効果的につながることができるかを示唆し、「さがす」だけでなく「つながる」プロセスにも革新をもたらします。

利用用途として、企業様が採用を行う際に使って頂いています。

競合は、LAPRASさんとLinkedInさんです。

本人が自分の情報公開したいのにプラットフォームに登録とログインが必要になることが多いです。私たちの強みとして、プラットフォームに登録しなくても本人がやりやすい適切な情報公開の機会を提供できるのが私たちの強みです。

「適材適所」の実現へ。

創立の経緯について聞いた。

大学卒業後、現リクルートキャリア社に入社し、およそ10年にわたり基幹システム開発、法人営業、マネージャー、支社長などを経験しました。その後、およそ5年間に及ぶ複数のベンチャー企業にて事業部長や取締役、上場企業の子会社代表などを経験後、大学生時代から「適材適所」の実現をビジネスにおけるビジョンとしており、一貫して求人や採用を扱う領域のビジネスモデルに携わってきました。しかしながら既存のサービスでは「適材適所」を実現できていないと感じるとともに、「技術」「資金」「経験・知識」「アイデア」など、成功に必要なより多くの要素を最適に組み合わせる仕組みを自らの手で構築すべく起業し、2018年1月にNOBORDER株式会社を設立しました。そして、属人ではなくテクノロジーの力を生かして適材適所をしたいと考えてLiberoを作りました。

日本だけでなく世界で勝負へ。

将来の展望を聞いた。

今後1年間ではデータの充実と雇用関係に紐づかないチーム組成につなげるために、求人や転職のための情報だけではなく投資家や士業などまで情報を広げたいと思います。また、スタートアップ企業は売却後、エンジェル投資家になる率が高いです。ですので、これから起業したい人が投資家を検索できるようにしたい。

現在私たちのチームは、日本よりも学歴が重要な国で戦えるチームを作っており、「Libero.ai」のデータは英語で作っています。今後5年間では、世界中で適材適所を実現し、最終的にはアメリカで上場したいと思います。

タレント版Google「Libero.ai」。適材適所の実現へ大きく前進する革新的なプロダクトになりそうだ。

サイトへ

編集後記

取材担当阿部

人を検索できるって非常に斬新ですよね!「Libero.ai」で、その人がどんな人かわかるようになれば、採用面接がもっと円滑になりそうです!これからも応援しています

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

収集品の共同保有プラットフォーム「alty(オルティ)」、 コレクター間取引機能やウォレット機能等をリリース

DX推進における統合管理ソリューション「INTEGRATION」をリリース

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

入札市場の発展、拡大に貢献した自治体を表彰する 「NJSS 入札Award 2022」が開催  大賞は、秋田県庁、京都市役所

「ミライノピッチ2022」予選通過者10名が決定!情報通信分野で輝くビジネスモデルをキャッチ

エビソル、飲食店向けインバウンドに関するアンケート調査結果を発表 インバウンド規制緩和から1ヶ月、飲食店の半数以上が客足が増加していると回答

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

HRサービスのマーケットプレイス「sonar store」運営のThinkingsと、 HRサービス企業17社が、“採用を、変えよう。プロジェクト”を始動!

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK