スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /日本初!副業事前申請ソフト『フクスケ』
インタビュー 2020.02.18

日本初!副業事前申請ソフト『フクスケ』

小林 大介

 株式会社フクスケ代表取締役。

Previous

日本初!副業事前申請ソフト『フクスケ』

今後爆発的に増えることが予想される従業員の副業。それに伴い、情報漏洩や会社のブランド毀損といった様々なリスクがある。そこで今回はそういったリスクを事前に管理し解決する、日本初の副業事前申請ソフト『フクスケ』を紹介する。

サービスを一言で言うと、「スマートHRの副業管理ソフト」です。

具体的には、企業が従業員の副業によるリスクを管理できる日本初の副業事前申請ソフトです。今後爆発的に増えることが予想される従業員の副業に対し、人事、経営、管理部門が通常行う事前申請のチェックを自動化し、副業を解禁しようとしている企業のリスク管理を行います。

フクスケの特徴は大きく2つあります。

1つ目は、副業ガイドラインの読み込み・作成です。副業解禁企業が持つ副業ガイドラインをフクスケに読み込ませまることで、副業の管理がフクスケ上で完結するので管理者が都度確認必要ありません。また未解禁、副業ガイドライン未作成の企業には、モデル就業規則に基づいたガイドライン作成の初期案作成サービスを提供します。

2つ目は、自動リスク判定です。従業員毎に挙がる複数の副業申請をフクスケ上で一括管理でき、これまで個別相談、判断していた従業員の副業申請を自動でリスク判定、リスクが低いものは自動承認します。

フクスケは様々な企業に利用されており、その中でも管理部門がない企業やエンジニアが多い企業に利用されています。

フクスケは日本初の副業事前申請ソフトですので、競合は日本国内にはありません。

ホワイトで副業している人をサポートすべく「フクスケ」へ。

創立の経緯について聞いた。

前職はVOYAGEGROUPにいました。その中でちょうど独立するアイデアがあり前職に所属した会社かなりの勢いで成長していたので、子供がいて更にコミットするのは難しいと感じてきたため、独立し起業しました。

また過去に機密情報漏洩の課題があっただけでなく、副業をしている人は無届けが多いです。副業の規模は拡大していますが、その後リスク管理はまだあまり発達していません。ですので、ホワイトで副業している人をしっかり公明正大に申請してできるようにしたいと思い、フクスケに至りました。

現在三井住友海上火災保険株式会社と連携し、副業での情報漏洩に対応した付帯保険の提供も開始いたしました。第三者から万一情報漏洩で訴えられた場合、保険金で対応しています。

安心安全で副業を。

将来の展望を聞いた。

フクスケは12月にローンチしました。今後1年間では、ユーザーを10000社まで拡大するだけでなく、安心安全に副業し稼いで貰えるようにフクスケで副業管理できるサービスにしていきたいと思います。

今後爆発的に増える副業。「フクスケ」が副業市場で大きな役割を果たすことは間違いないだろう。

サイトへ

編集後記

取材担当阿部

副業が今後増える時代、リスクも同時に増えていくのですね…。でもフクスケがあれば安心して副業ができますね!これからも応援しています!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

日本から中国の大学生をサポート。Jicooが時差があるオンライン面談の日程調整を効率化!

忙しいビジネスパーソンの味方! 会員数15,000人突破の日程調整サービス「スケコン」を運営する

フィンランド発Aiven、シリーズCのエクステンションを実施評価額は20億ドルを超えユニコーン企業評価額を達成

30代の「大人の自己分析」広がる

Job総研「2021年 秋の読書実態調査」を実施

sonar ATS、11月2日(火)に採用担当者向けオンラインイベントを開催 「オンライン面接攻略、多様化する人材獲得に効果大『構造化面接』を徹底解説!」

自動運用実績累計6,000サイト、平均ROAS424%の実績!広告運用者の時間を削減し、生産性向上を実現!広告運用サポートツール「AdSIST plus」9月13日より提供開始 AdSIST plusサービスサイト:https://plus.adsist.ai/

AnyMind GroupがHUMANと連携の下、対モバイルアプリ動画広告「POKKT」においてアドフラウド検知・防止機能を実装。HUMANの技術を導入し、より安全性の高い対モバイルアプリ動画広告を実現。

就活生や20代のビジネスパーソンなどのキャリア支援メディア・サービス

採用管理システム「sonar ATS」、業界最多の測定項目を誇る適性検査「eF-1G」とAPIの本格連携を開始 ~「eF-1G」の受検情報を「sonar ATS」へリアルタイムに連携可能に~

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK