スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ マッハ取材 /企業システムをクラウドネイティブに進化させるエンタープライズBaaS「Hexabase」
マッハ取材 2020.09.07

企業システムをクラウドネイティブに進化させるエンタープライズBaaS「Hexabase」

企業システムをクラウドネイティブに進化させるエンタープライズBaaS「Hexabase」

おしん記者
なんとお呼びしましょうか?名前はなんておっしゃるんですか?

岩崎英俊 さん
岩崎英俊 といいます。

岩崎英俊 さん

およそ20年にわたって、IT業界でシステム開発と運用に関わってきました。また、クラウドサービス事業を、ゼロから立ち上げたことは、大きな経験になりました。

おしん記者
どんな事業をやっているんですか?

岩崎英俊 さん
Hexabaseは、企業システムの開発に利用できるエンタープライズBaaS(Backend as a Service)です。Webアプリケーション開発に活用できるスケーラブルで高品質なバックエンドをクラウドサービスとして提供します。Hexabaseの利用で、開発期間を短縮しながら、使い勝手の要となるフロントエンド開発に注力できます。

おしん記者
創業のきっかけはありますか?

岩崎英俊 さん
実は、システム開発を始めたころから、ずっと同じ「課題感」を抱き続けていたのです。それは、「なぜ長い時間と大きなお金をかけて作ったシステムが『使いにくく、結果的に使われない』システムとなってしまうのか」ということでした。そして、最新のIT技術を活用することで、大きく改善できる余地が残されていると考えて、自分自身で起業して、現在のサービスを開発しました。

おしん記者
サービスの利用法を教えてください。

岩崎英俊 さん
Hexabaseは、バックエンドのコーディングなしで本格的なWebアプリケーションを開発できます。フロントエンドUIからAPIを介して、データの保存や参照、ログインや権限管理などを行います。フロントエンドUIは、システム利用企業やシステム開発パートナーが、自由に開発できます。

おしん記者
競合サービスってありますか?

岩崎英俊 さん
これまでも、数多くの企業向けのシステム開発フレームワークが存在してきました。Hexabaseは、最初からコンテナ技術とマイクロサービスアーキテクチャを現代的なシステム開発フレームワークになっています。そのため、スモールスタートで利用を始めて、ビジネスの成長や変化に合わせて、柔軟にシステムを育てていくことができます。

おしん記者
これからの目標を教えてください。

岩崎英俊 さん
まずは、日本国内のシステム開発パートナーを開拓していきたいと考えています。Hexabaseが持たない機能は、独自に開発するだけでなく、すでに存在する優れたSaaSをAPIを介して統合する仕組みを備えています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

サービスリリースから2ヶ月で3,000店舗以上の契約達成!各店舗のGoogleマイビジネスやSNSアカウントを一括管理できるサービス「Canly(カンリー)」ーー株式会社Leretto

対話力を磨くクラウド・トレーニング・システム「Reflectle(リフレクトル)」を使って質の高い人材育成を実現するーーCo-Growth株式会社

挑戦者たちが『変化』する機会を提供するカベウチが、アイディアソンを開催

SDGs×AIで未来の地球環境をより良くする会社『Recursive(リカーシブ)』

東京都運営アクセラレーターASAC 10期 Demo Day 大賞は「子ども一人ひとりが本来もつ異才を発見し、未来の可能性を伸ばすラーニング体験を全国へ届けるEdtech」のGo Visions

「教えない教育」で次世代のエジソンを育みたい!失敗と挑戦が許容された子どものための仮想都市「ぎふマーブルタウン(こどものまち)」一般社団法人Nancy

最短5分で即戦力エンジニアを紹介!驚くほど候補者が集まる「クイックエージェント」ーー株式会社ポテパン

HP制作の困りごとをプロが無料で解決!”初心者でも失敗しない”が叶うサービス「Web幹事」ーー株式会社ユーティル

質の高いカウンセリングで肌質と悩みに合ったスキンケア商品を提案するサービス「AI美容部員」ーーエーアイエージェント株式会社

データの統合・分析・施策実行でマーケターとDXを実現するーー株式会社シンカー

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK