スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ マッハ取材 /「ものづくり」を包括的に支援するGood Thingsのサービス
マッハ取材 2020.09.23

「ものづくり」を包括的に支援するGood Thingsのサービス

「ものづくり」を包括的に支援するGood Thingsのサービス

おしん記者
なんとお呼びしましょうか?名前はなんておっしゃるんですか?

寶諸江理奈 さん
寶諸江理奈 といいます。

寶諸江理奈 さん

2001年 食品メーカーにてECの子会社立ち上げを経験。
2007年、株式会社サイバーエージェント入社。子会社にてクリエイティブディレクターとしてナショナルクライアントのプロモーションやオウンドメディアの企画・制作ディレクション・効果測定をワンストップで提供。
その後、自社メディアの開発責任者を担当し20名のエンジニアのマネジメントを経験した後、アメーバ事業本部広告部門にて複数のプロダクト責任者を担当し、「芸能人クラウド」・「有名人ショップ」の事業責任者を担当。
2015年 株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディング(現株式会社マクアケ)にてプロデューサーに就任し、システムに関連するCS・経理・SNS運用・広告運用マネジメントを兼任。
2017年 越境ECベンチャーを経て2018年に独立。現在はWeb制作・開発を中心に新規事業の立ち上げ設計を中心にサポート。

おしん記者
どんな事業をやっているんですか?

寶諸江理奈 さん
Webサイト制作、Webシステム開発

Service

プロトタイプ開発支援サービス protoTyper

経営と開発をつなげ、プロジェクトを成功に導くprotoTyper

DtoCサービス seven dot:働く女性向けのライフスタイルEC
https://special.seven-dot.com/

おしん記者
創業のきっかけはありますか?

寶諸江理奈 さん
数多くのWebサイトやWebサービスを開発している中で、より効率よくより役に立つサービスを作れる環境を作りたいと考えるようになりました。

おしん記者
サービスの利用法を教えてください。

寶諸江理奈 さん
protoTyperでは要件定義期間を設け、その間にしっかりと目に見えるアウトプットを出すことで、経営陣から実際に操作を行うオペレーターの方まで出来上がるものの相違がないことを確認してプロトタイプ開発を行います。

おしん記者
競合サービスってありますか?

寶諸江理奈 さん
プロトタイプを作れるサービスやツールはありますが、XDで作成するような画面遷移を確認できるものが多いのが現状ですが、protoTyperでは簡易版のデータベースもご準備するので画面を触っていて実際にどのようなデータが返却されるかまで実感していただけます。

おしん記者
これからの目標を教えてください。

寶諸江理奈 さん
ものづくりをする人を助け、一緒に成長する企業になっていきたいと考えています。
日本の産業の多くは中小企業で構成されているので、その方々の中でも「ものづくり」に関わる方々をIT/ICTのチカラを活用してサポートをして行ける会社になりたいと考えています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

ニュース記事に特化した文章要約AI「タンテキ」β版(無料)リリース

【第1弾にJR東海】 上質なコーヒーを無人で提供。AIカフェロボット「root C」正式リリース 5月6日(木)より東京駅丸の内中央ビルに設置

自分らしく働くヒントがここに!『働くこと』に悩む双極性障害の方に向けたWebメディア「双極はたらくラボ」ーー株式会社リヴァ

産官学金38機関で構成する大学発ベンチャー創出支援プラットフォーム JSTのSCORE事業で研究開発課題の募集開始 総額予算3億円規模で起業推進

公開記事数は約800!就活生のあらゆる悩みを解決する就活専門ブログ「就活攻略論」ーー株式会社L100

睡眠の質を向上させるブランド寝具のサブスクリプションサービス「SLEEPX(スリープエックス)」ーー株式会社レアリスタ

ミートキャリア、法人向けサービスを拡充 オンボーディング(定着・離職防止)・女性管理職育成を支援

日本のキャリアSNS「YOUTRUST」がiOSアプリを正式リリース

参加者の募集から購入品の分配までを一括で行えるグループオーダーアプリ「comono」で、特別な購入体験を分かち合える世界にーーcomono株式会社

SONAR ATS、4月27日(火)に採用担当者向けオンラインイベント「どこよりも早い23採用~求める応募者を採用するためのKPI&フロー設計~」を開催

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK