スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ マッハ取材 /旅をテーマとしたグルメとクラフトのECサービス『TripPicks』にかけた想い
マッハ取材 2020.09.28

旅をテーマとしたグルメとクラフトのECサービス『TripPicks』にかけた想い

旅をテーマとしたグルメとクラフトのECサービス『TripPicks』にかけた想い

おしん記者
なんとお呼びしましょうか?名前はなんておっしゃるんですか?

小泉咲吾 さん
小泉咲吾 といいます。

小泉咲吾 さん

富山県南砺市出身。富山国際大学付属高校卒業。神田外語大学中途退学。7歳から19歳までサッカーを続け、19歳時にニュージーランへサッカー挑戦。結果が出ずサッカーを引退。帰国後、将来にぼんやりとした不安を感じ転売を始めるも小遣い稼ぎにしかならず、人と関わりたいと思い学生イベント団体を創立、お笑い/スポーツで単発のイベントを企画運営、他教育系NPO法人、大手人材紹介のインターンを経験。ビジネスを自分でしたいという気持ちの反面、大学で英語を学ぶ必要性を感じず中途退学。退学後、お金を稼ぎたいという気持ちで投資用不動産へ営業職として従事。1年後退職して、介護業界特化型の人材紹介会社を経て、合同会社VentureBlossomを創業。

おしん記者
どんな事業をやっているんですか?

小泉咲吾 さん
旅行をテーマに日本中の魅力的な食品と伝統ある工芸品をSNSを活用して20-30代女性へ想いと共に届けるオンラインショップ『TripPicks』を運営しております。

おしん記者
創業のきっかけはありますか?

小泉咲吾 さん
学生時代から起業をしたかったのですが、なかなか1歩が進まないでいました。実際、人材紹介会社は3月末に退職したのですが、転職活動をしておりました。ただ、その転職活動の中でお会いした方に起業すれば?と言われノリと勢いで会社を作ったのがきっかけです。最初は営業代行だけ行う予定でしたが何があるか分からないので自社サービスを作ることにしました。元々のアイディアはコロナの影響で旅行市場が傾いていることから旅行・観光業界をサポートするサービス『ライブ配信を用いた旅行SNS』でした。ただ、システム開発に資金がかかることから、資金のない状態からスタートしてお客様とお取引先を先に獲得しようということでECサービスをはじめました。

おしん記者
サービスの利用法を教えてください。

小泉咲吾 さん
『TripPicks』は日本の魅力を日本人に感じていただきたいという想いで旅行をテーマにしてます。サイト内の旅行ページに行くとInstagramとnoteで地方の魅力を発信しており、旅行の擬似体験や旅行先を選ぶきっかけとなります。ただ、時期が時期なのですぐにいけない方はおうちで旅先のグルメや雑貨を楽しめるようなECサービスとなっております。

おしん記者
競合サービスってありますか?

小泉咲吾 さん
ECサービスは無数にありますし、食品を扱っているECサイト、工芸品を扱っているECサイト、旅行の擬似体験をできるサービスはあります。ただ、旅行をテーマにして、旅行気分を味わいながらおうちでグルメとクラフトを楽しめるサービスは唯一無二でございます。

おしん記者
これからの目標を教えてください。

小泉咲吾 さん
20-30代女性が旅をしたいと感じた時にTripPicksで探そうと思っていただけるようなサービスとなることを第一の目標としております。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

カベウチアイディアソン 1/30日 開催!!

世界初のバックグラウンド多要素認証「DZSecurity(ディーゼットセキュリティ)」ーー株式会社AnchorZ

ICTを活用し、保育園・幼稚園の先生と保護者を繋ぐWebサービス「note」ーー保育ICT株式会社

コロナ禍のドクターを応援したい!  いつでも匿名で先輩ドクターに相談・意見交換できるチャットサービス「ドクター to ドクター」の利用料無料キャンペーンを6月末まで延長!

採用管理システム「SONAR ATS」、導入社数が800社を突破!

ワンストップビジネスセンター 延べ利用社数が1.5 万社を突破!コロナ禍のリモートワーク普及で起業家にさらに浸透

コロナ禍で働く大切なスタッフに もっと”心のケア“ を 制服などの衣類やおしぼりなど身近な布製品を回収し 抗ウイルス・抗菌加工することに特化した日本初のサービス 「HUG(ハグ)」2021年1月サービス開始

コロナ禍の今を救い・次を担う!「観光事業者向けGoogleマップ行動分析&運用(MEO)支援」株式会社リーゴ

M&A総合研究所、最先端のアルゴリズム開発を手掛けるPKSHA Technologyと業務提携を開始 〜AIによるM&Aマッチングシステムの開発促進にPKSHA Algorhim Moduleを導入〜

世界の同年代の学生とリアルタイムで意見交換!オンライン授業から世界平和を目指すーー株式会社With The World

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK