スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ マッハ取材 /設問に答えるだけで補助金・助成金の申請資料の作成が可能な 申請資料作成支援プラットフォーム「Scalar」が12月10日(木)リリース ~第一弾は“小規模事業者持続化補助金”の申請資料作成が無料!~
マッハ取材 2020.12.24

設問に答えるだけで補助金・助成金の申請資料の作成が可能な 申請資料作成支援プラットフォーム「Scalar」が12月10日(木)リリース ~第一弾は“小規模事業者持続化補助金”の申請資料作成が無料!~

設問に答えるだけで補助金・助成金の申請資料の作成が可能な 申請資料作成支援プラットフォーム「Scalar」が12月10日(木)リリース ~第一弾は“小規模事業者持続化補助金”の申請資料作成が無料!~

おしん記者
なんとお呼びしましょうか?名前はなんておっしゃるんですか?

吉田 光志 さん
吉田 光志 といいます。

吉田 光志 さん

2009年に凸版印刷株式会社に入社。その後2016年に株式会社エードットに入社。
管理部執行役員 兼 上場準備のプロジェクトリーダーとして従事し、マザーズ上場。
2019年に凸版印刷株式会社に入社し、ベンチャー企業との資本業務提携及び事業開発を推進。
2020年5月、凸版印刷株式会社に従事しながら、兼業でScalar合同会社を創業。

おしん記者
どんな事業をやっているんですか?

吉田 光志 さん
・補助金・助成金の申請資料作成支援プラットフォーム「Scalar(スカラー)」
・ヒントを参考に設問に答えていくだけで補助金・助成金の申請資料の作成が可能なサービス

おしん記者
創業のきっかけはありますか?

吉田 光志 さん
・2016年に中小企業診断士を取得し、その際に補助金申請支援の依頼を受けたが、アナログな業界を目の当たりにする。
・アナログな業界のため情報の非対称性があり、それ故に詐欺サイトの横行や、悪質な業者の存在などが社会課題となっている。
・補助金・助成金申請をテクノロジーで支援することで社会課題を解決し、中小企業の成長および日本の成長に貢献したいと考えたため。

おしん記者
サービスの利用法を教えてください。

吉田 光志 さん
・下記ステップで申請が可能です。
①サイトにて無料会員
②申請したい補助金・助成金を選択(※)
③質問項目に沿って”ヒント”を参考に入力
④入力した内容は自動的に申請資料に反映
⑤申請資料をダウンロードいただき、事業自身が当該窓口に提出
※現在は「小規模事業者持続化補助金」のみに対応

おしん記者
競合サービスってありますか?

吉田 光志 さん
・補助金の申請をデジタルで対応するサービスは無い。その理由は、100ページにも及ぶ募集要項を読み解き、アルゴリズムを組み、デジタル化することの難易度が高いため。
・専門家(中小企業診断士等)は存在するが、アナログに対応しており対応数は限られている。

おしん記者
これからの目標を教えてください。

吉田 光志 さん
直近1年間の利用事業者数:1,000事業者

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

G検定直前対策セミナー 法律・社会編 開催

【医療従事者に調査】 コロナ禍で生活「変わった」は84.6%、収入「変わらず」は47.1% コロナワクチン接種希望は48.1%

〜コロナ禍で創業60年の老舗管工事会社が後継者不在で事業承継〜 M&A総合研究所を介して東海管工株式会社と株式会社イシイ設備工業のM&Aが7ヶ月で成約 M

「未利用の農作物を減らしたい」作って欲しい農作物を作る、逆転発想の農作物安定供給プラットフォームーー株式会社エーエスピー

採用管理システム「SONAR ATS」への乗り換えキャンペーンを開始 ~先着30社にAmazonギフト券3,000円分を贈呈~

人とテクノロジーの未来を考える「#人とAIの2025」コンテストが開催 優秀アイデア多数によりwellvill賞には予定枠を超える2作品が受賞!

エイシングが企業向け新プログラム「Edge AI Academy」の提供を開始 コロナ禍におけるエッジAIの最適な導入・活用を支援

つぶやくだけで"探してくれる"検索エンジンを搭載!地域SNSアプリ「CiPPo(シッポ)」を必要不可欠なインフラにーーCiPPo株式会社

マスクのニオイケアにも!ダマスクローズオイルを使用した フレグランスサプリメント「KAÖRU」リニューアル 2021 年 3 月 1 日(月)より全国のドラッグストア等で発売

ブロックチェーン技術を用いてアニメーション領域における新しい価値創出を目指すAni-Tech企業のYUIMEXがシードラウンドでの資金調達を実施

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK