スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ マッハ取材 /設問に答えるだけで補助金・助成金の申請資料の作成が可能な 申請資料作成支援プラットフォーム「Scalar」が12月10日(木)リリース ~第一弾は“小規模事業者持続化補助金”の申請資料作成が無料!~
マッハ取材 2020.12.24

設問に答えるだけで補助金・助成金の申請資料の作成が可能な 申請資料作成支援プラットフォーム「Scalar」が12月10日(木)リリース ~第一弾は“小規模事業者持続化補助金”の申請資料作成が無料!~

設問に答えるだけで補助金・助成金の申請資料の作成が可能な 申請資料作成支援プラットフォーム「Scalar」が12月10日(木)リリース ~第一弾は“小規模事業者持続化補助金”の申請資料作成が無料!~

おしん記者
なんとお呼びしましょうか?名前はなんておっしゃるんですか?

吉田 光志 さん
吉田 光志 といいます。

吉田 光志 さん

2009年に凸版印刷株式会社に入社。その後2016年に株式会社エードットに入社。
管理部執行役員 兼 上場準備のプロジェクトリーダーとして従事し、マザーズ上場。
2019年に凸版印刷株式会社に入社し、ベンチャー企業との資本業務提携及び事業開発を推進。
2020年5月、凸版印刷株式会社に従事しながら、兼業でScalar合同会社を創業。

おしん記者
どんな事業をやっているんですか?

吉田 光志 さん
・補助金・助成金の申請資料作成支援プラットフォーム「Scalar(スカラー)」
・ヒントを参考に設問に答えていくだけで補助金・助成金の申請資料の作成が可能なサービス

おしん記者
創業のきっかけはありますか?

吉田 光志 さん
・2016年に中小企業診断士を取得し、その際に補助金申請支援の依頼を受けたが、アナログな業界を目の当たりにする。
・アナログな業界のため情報の非対称性があり、それ故に詐欺サイトの横行や、悪質な業者の存在などが社会課題となっている。
・補助金・助成金申請をテクノロジーで支援することで社会課題を解決し、中小企業の成長および日本の成長に貢献したいと考えたため。

おしん記者
サービスの利用法を教えてください。

吉田 光志 さん
・下記ステップで申請が可能です。
①サイトにて無料会員
②申請したい補助金・助成金を選択(※)
③質問項目に沿って”ヒント”を参考に入力
④入力した内容は自動的に申請資料に反映
⑤申請資料をダウンロードいただき、事業自身が当該窓口に提出
※現在は「小規模事業者持続化補助金」のみに対応

おしん記者
競合サービスってありますか?

吉田 光志 さん
・補助金の申請をデジタルで対応するサービスは無い。その理由は、100ページにも及ぶ募集要項を読み解き、アルゴリズムを組み、デジタル化することの難易度が高いため。
・専門家(中小企業診断士等)は存在するが、アナログに対応しており対応数は限られている。

おしん記者
これからの目標を教えてください。

吉田 光志 さん
直近1年間の利用事業者数:1,000事業者

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

日本から中国の大学生をサポート。Jicooが時差があるオンライン面談の日程調整を効率化!

忙しいビジネスパーソンの味方! 会員数15,000人突破の日程調整サービス「スケコン」を運営する

フィンランド発Aiven、シリーズCのエクステンションを実施評価額は20億ドルを超えユニコーン企業評価額を達成

30代の「大人の自己分析」広がる

Job総研「2021年 秋の読書実態調査」を実施

sonar ATS、11月2日(火)に採用担当者向けオンラインイベントを開催 「オンライン面接攻略、多様化する人材獲得に効果大『構造化面接』を徹底解説!」

自動運用実績累計6,000サイト、平均ROAS424%の実績!広告運用者の時間を削減し、生産性向上を実現!広告運用サポートツール「AdSIST plus」9月13日より提供開始 AdSIST plusサービスサイト:https://plus.adsist.ai/

AnyMind GroupがHUMANと連携の下、対モバイルアプリ動画広告「POKKT」においてアドフラウド検知・防止機能を実装。HUMANの技術を導入し、より安全性の高い対モバイルアプリ動画広告を実現。

就活生や20代のビジネスパーソンなどのキャリア支援メディア・サービス

採用管理システム「sonar ATS」、業界最多の測定項目を誇る適性検査「eF-1G」とAPIの本格連携を開始 ~「eF-1G」の受検情報を「sonar ATS」へリアルタイムに連携可能に~

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK