スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ マッハ取材 /高校生が経営する未来の塾
マッハ取材 2021.07.19

高校生が経営する未来の塾

高校生が経営する未来の塾

おしん記者
なんとお呼びしましょうか?名前はなんておっしゃるんですか?

藤原遥人 さん
藤原遥人 といいます。

藤原遥人 さん

現在開成高校2年生。中学時代から学校現場で勉強の面白さが生徒に伝わっていないことに違和感を感じていたことがきっかけで寺子屋ISHIZUEを創業。
現在創業10ヶ月目。

おしん記者
どんな事業をやっているんですか?

藤原遥人 さん
高校生が中学生に学校で教えてくれないことを教える塾です。毎週オンラインで国語と英語の授業をしており、学年の枠を超えた授業を体現しています。受験対策ではなく、教科書には載っていないが役に立つことを教えています。

おしん記者
創業のきっかけはありますか?

藤原遥人 さん
自分自身中学時代に学校の授業がつまらなくて意味がないと感じていたことがきっかけです。それなら自分たちが受けたかった授業を自分たちで作ってしまおうと決めました。

おしん記者
サービスの利用法を教えてください。

藤原遥人 さん
体験授業に参加し、面談後入塾可能です。コミュニケーションツールはslackでビデオツールはzoomを使います。

おしん記者
競合サービスってありますか?

藤原遥人 さん
探求学舎という理念が同じ塾がありますが、一番の違いは高校生が教えているということ。歳の近さを意識して学校,家,寺子屋ISHIZUEというサードプレイスを目指しています。

おしん記者
これからの目標を教えてください。

藤原遥人 さん
塾という段階からオープンワールド空間にスケールさせようと思っています。寺子屋ISHIZUEの理念はそのままに、ゲーム×教育で時差を超えたグローバル化も検討中です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

【アップサイクルから日本のシルク産業再建へ「WOWフラッフィーソープ」伊勢丹新宿店での発売開始リリースのご送付】

ラピュタロボティクスとみずほリースが資本業務提携

Job総研『2022年 職場の上司に関する調査』を実施

部下タイプ別1on1シーンのAI分析による調査報告 〜適性検査×トーク構成分析で、SDGs「働きがい」を醸成できる職場づくりのためのウェビナーを開催〜

ウェビナー「中小企業のためのデータ分析導入ケーススタディ~鹿児島県曽於市小迫ストアーの挑戦~」を6/3(金)に開催します

更なる成長をめざすスタートアップの事業拡大を支援!「スタートアップ発展支援プロジェクト「RISING4.0!」」参加者募集

採用ベストマッチングへの取り組みを表彰する 「Best Recruit Matching Award 2022」、受賞企業10社を発表

Job総研『2022年 脱マスクに関する意識調査』を実施

プレスリリースタイトル ヘルスケア分野に特化したビジネス創出プログラム!【大阪公立大学ヘルステックスタートアップス2022】プログラム参加者募集開始

Jicoo(ジクー)、時間の使い方を分析できる統計機能を提供開始

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK