スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ マッハ取材 /高校生が経営する未来の塾
マッハ取材 2021.07.19

高校生が経営する未来の塾

高校生が経営する未来の塾

おしん記者
なんとお呼びしましょうか?名前はなんておっしゃるんですか?

藤原遥人 さん
藤原遥人 といいます。

藤原遥人 さん

現在開成高校2年生。中学時代から学校現場で勉強の面白さが生徒に伝わっていないことに違和感を感じていたことがきっかけで寺子屋ISHIZUEを創業。
現在創業10ヶ月目。

おしん記者
どんな事業をやっているんですか?

藤原遥人 さん
高校生が中学生に学校で教えてくれないことを教える塾です。毎週オンラインで国語と英語の授業をしており、学年の枠を超えた授業を体現しています。受験対策ではなく、教科書には載っていないが役に立つことを教えています。

おしん記者
創業のきっかけはありますか?

藤原遥人 さん
自分自身中学時代に学校の授業がつまらなくて意味がないと感じていたことがきっかけです。それなら自分たちが受けたかった授業を自分たちで作ってしまおうと決めました。

おしん記者
サービスの利用法を教えてください。

藤原遥人 さん
体験授業に参加し、面談後入塾可能です。コミュニケーションツールはslackでビデオツールはzoomを使います。

おしん記者
競合サービスってありますか?

藤原遥人 さん
探求学舎という理念が同じ塾がありますが、一番の違いは高校生が教えているということ。歳の近さを意識して学校,家,寺子屋ISHIZUEというサードプレイスを目指しています。

おしん記者
これからの目標を教えてください。

藤原遥人 さん
塾という段階からオープンワールド空間にスケールさせようと思っています。寺子屋ISHIZUEの理念はそのままに、ゲーム×教育で時差を超えたグローバル化も検討中です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

収集品の共同保有プラットフォーム「alty(オルティ)」、 コレクター間取引機能やウォレット機能等をリリース

DX推進における統合管理ソリューション「INTEGRATION」をリリース

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

入札市場の発展、拡大に貢献した自治体を表彰する 「NJSS 入札Award 2022」が開催  大賞は、秋田県庁、京都市役所

「ミライノピッチ2022」予選通過者10名が決定!情報通信分野で輝くビジネスモデルをキャッチ

エビソル、飲食店向けインバウンドに関するアンケート調査結果を発表 インバウンド規制緩和から1ヶ月、飲食店の半数以上が客足が増加していると回答

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

HRサービスのマーケットプレイス「sonar store」運営のThinkingsと、 HRサービス企業17社が、“採用を、変えよう。プロジェクト”を始動!

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK