スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ マッハ取材 /ジュニアスポーツの未来を変える
マッハ取材 2021.10.08

ジュニアスポーツの未来を変える

ジュニアスポーツの未来を変える

おしん記者
なんとお呼びしましょうか?名前はなんておっしゃるんですか?

大出匠馬 さん
大出匠馬 といいます。

大出匠馬 さん

1998/10/13愛媛県出身

大学在学中
バイエルン・ミュンヘントレーナーインターン
パーソナルジム チーフトレーナー

大学卒業後
ジュニアゴルファーのサポート事業 TPGスタート
ジュニアスポーツ選手サポート事業 ONE STEPスタート
女性選手サポート事業       WJSSスタート

おしん記者
どんな事業をやっているんですか?

大出匠馬 さん
ジュニアアスリートそして保護者が
スポーツを楽しく長く続けるためのサポートを実施

おしん記者
創業のきっかけはありますか?

大出匠馬 さん
1人のジュニアゴルファーに出会ってぼくの思ってたゴルフの世界とのギャップがありすぎて
この課題はなんとかしていと思ったのがきっかけです。

おしん記者
サービスの利用法を教えてください。

大出匠馬 さん
子どもたちはzoomで食事の勉強やトレーニングの勉強を行なっています。
最近の子どもはコミュニケーションが苦手な子が多いので
あえてグループセッションにすることで
みんなで話すという環境に慣れてもらおうと思っています。

おしん記者
これからの目標を教えてください。

大出匠馬 さん
ジュニアスポーツの環境を変えたいです。
例えば、スポーツが好きなのにやめないといけない..
お金かかるから道具を買う余裕がない…
という子どもたちや家庭を少しでも減らしたいなと思っています。

そのために、子どもたちにはスポーツを心の底から楽しんでもらうにはどうしたらいいか
保護者の方の負担を減らすにはどうしたらいいかというのをもっと考えないといけないといけないなと思っています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

入札市場の発展、拡大に貢献した自治体を表彰する 「NJSS 入札Award 2022」が開催  大賞は、秋田県庁、京都市役所

「ミライノピッチ2022」予選通過者10名が決定!情報通信分野で輝くビジネスモデルをキャッチ

エビソル、飲食店向けインバウンドに関するアンケート調査結果を発表 インバウンド規制緩和から1ヶ月、飲食店の半数以上が客足が増加していると回答

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

HRサービスのマーケットプレイス「sonar store」運営のThinkingsと、 HRサービス企業17社が、“採用を、変えよう。プロジェクト”を始動!

将来有望な若手起業家7名の登壇が決定! SIO連続講座【成果発表会2022】

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」が、株式会社才流にて導入

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK