スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ マッハ取材 /GOGEN株式会社、不動産売買に特化した電子契約・契約書管理サービス「RELEASE(レリーズ)」を開発。2022年6月以降にサービス開始予定。
マッハ取材 2022.10.05

GOGEN株式会社、不動産売買に特化した電子契約・契約書管理サービス「RELEASE(レリーズ)」を開発。2022年6月以降にサービス開始予定。

GOGEN株式会社、不動産売買に特化した電子契約・契約書管理サービス「RELEASE(レリーズ)」を開発。2022年6月以降にサービス開始予定。

おしん記者
なんとお呼びしましょうか?名前はなんておっしゃるんですか?

和田 浩明 さん
和田 浩明 といいます。

和田 浩明 さん

新卒で日鉄興和不動産株式会社に入社。一貫して、住宅領域における顧客体験の創出・向上に取り組む。担当した不動産開発PJ数は20PJ・2,000戸超。コスメブランドやアパレルブランドとの協業など業界を超えた取り組み経験も豊富。加えて、マンション向けMaaSサービスや、新築マンションのオンラインストア「sumune」など、ITを活用した複数の新規サービス開発を主担当として構想段階から推進。「sumune」では、従来不動産には馴染まないとも言われてきたオンライン販売の仕組みをつくり、初期在庫はローンチ後数ヶ月で完売。経営企画部に異動後はCVCを担当し、不動産業界では後発の参入ながら1年間で4社への投資実行を1人で担当し軌道に乗せ、CVC及びDXの推進を担う新設部署を立ち上げ。広報担当としても多数の記者会見やプレスリリースのマネジメントを通してメディア露出数・広告費換算額での社内レコードを複数回達成した。

おしん記者
どんな事業をやっているんですか?

和田 浩明 さん
不動産売買に特化した電子契約・契約書管理サービス「RELEASE(レリーズ)」の開発・企画・運営を行います。レリーズはデベロッパー・仲介会社など、不動産売買に関わるあらゆる事業者さまにご利⽤いただける不動産売買に特化した電⼦契約サービスです。
売買契約はもちろん、物件の登録から引き渡しまでの不動産売買にかかる一連の取引フローにおいて発生する契約手続きを、レリーズを利用して実施いただくことが可能です。電子署名を実施する書類に加え、捺印が不要な書類や、その他取引にかかる書類も、物件・案件ごとに整理して管理・閲覧・ダウンロードが可能です。これまでの契約書作成業務はそのままに、捺印手続きと書類管理をレリーズに置き換えて取引業務を推進いただけます。

おしん記者
創業のきっかけはありますか?

和田 浩明 さん
u自身の不動産業界での経験を活かし、不動産の流動性を上げる仕事をしたいと思い創業しました。「不動産を気軽に売ったり買ったりできる世界」をつくるために、サービスや商品をつくって参ります。

おしん記者
サービスの利用法を教えてください。

和田 浩明 さん
2022年6月にサービス開始予定で、現在事前登録を受け付けておりますので、是非お願いします。3ヶ月間の基本利用料が無料になるなどの特典がございます。

おしん記者
競合サービスってありますか?

undefined さん
1つは、契約書データをレリーズとして保有しないことです。
当社として契約書データそのものを保有するメリットはどこにもありません。むしろそうしないことで、漏洩リスクが減り、システムは軽くなり、不動産事業者さまには安心してご利用いただけます。不動産に限らず電子契約のバーティカルSaaSにはサービス内で契約書を保有するものも多くありますが、当社は敢えてそうしていません。
不動産事業者さまの利便性としては、SMBCクラウドサインさまとのAPI連携で、SMBCクラウドサイン内には当然にデータが保管できるので、そこに存在すれば充分でしょうし、バックアップは必要に応じ利用各社が行えば事足ります。(もちろんレリーズを使ってかんたんに閲覧管理が可能ですし、ダウンロード機能も用意します。)
不動産契約という極めてセンシティブな情報を扱う以上、如何にセキュリティ面に配慮したサービスをつくるかには、とてもこだわりました。

もう1つは、契約されるお客さまに寄り添ったサービスであることです。
レリーズでは不動産事業者さま側の管理画面のみならず、お客さまへのご案内画面や、締結後の書類管理画面をご用意しています。買う立場になれば、絶対にこれは必要でしょう。冒頭書いた通り、書類の数も多く、管理が必要なのはお客さまも同じだからです。
不動産事業者さまにとって、お客さまに如何にご案内がしやすいか、如何に満足度やブランド力を向上させるかは大切な要素だと思います。レリーズはそういった観点でも安心してご利用いただけるサービスです。

おしん記者
これからの目標を教えてください。

和田 浩明 さん
「不動産取引のオンライン化」によるDX推進・お客さまの購入体験向上を目指して、サービスの開発や運営を進めていきたいと思っています。レリーズは主に不動産事業者さま向けのサービスですが、ご購入されるお客さまにご利用いただける購入支援サービスなども計画中です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

入札市場の発展、拡大に貢献した自治体を表彰する 「NJSS 入札Award 2022」が開催  大賞は、秋田県庁、京都市役所

「ミライノピッチ2022」予選通過者10名が決定!情報通信分野で輝くビジネスモデルをキャッチ

エビソル、飲食店向けインバウンドに関するアンケート調査結果を発表 インバウンド規制緩和から1ヶ月、飲食店の半数以上が客足が増加していると回答

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

HRサービスのマーケットプレイス「sonar store」運営のThinkingsと、 HRサービス企業17社が、“採用を、変えよう。プロジェクト”を始動!

将来有望な若手起業家7名の登壇が決定! SIO連続講座【成果発表会2022】

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」が、株式会社才流にて導入

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK