CATEGORY マッハ取材

マッハ取材

「未来を創るメディアを作る」23歳

「未来を創るメディアを作る」23歳 おしん記者 なんとお呼びしましょうか?名前はなんておっしゃるんですか? 岸田佳祐 さん さん 岸田佳祐 といいます。 岸田佳祐 さん 1996年生まれ23歳(2019年12月現在) 2016年20歳の時、都内で日本トップクラスのSEOコンサル会社にてインターンシップを行う。 東京で就活シェアハウスに住みながら、BCGコンサルタントやTED登壇者から「思考法」や「伝える技術」を伝授してもらう。 その後、2017年に学生支援団体Kansai Leader ProjectをMAKERS生の辻尚也と、現在大手証券会社に勤める杉本と共同創業。 「起業就活」というイベントを企画、立ち上げ。のべ100名ほど集客。 並行して個人でメディア事業も行い、最高月間25万ユーザーを達成。2018年10月に東京の個人投資家へ事業譲渡。 2018~2019年にかけて、譲渡資金を元手に就活メディアを立ち上げ、半年で月間UU30万まで成長させたのち、上場企業に2019年4月にバイアウト。 同年に50万サイトの中から選出され、アクトレアワード2019年を個人で受賞。 令和元年に法人として創業し、「未来を創るメディアを作る」をビジョンに掲げ、ユーザーにとって価値ある情報発信に尽力している。 おしん記者 どんな事業をやっているんですか? 岸田佳祐 さん インターネットメディアを複数運営しています。代表的なメディアは大きく2つで、 1.ライブナウ・・・個性をもっと輝かせる世界を、ライブ配信情報を提供して実現する https://livedays.jp/ 2.ワンカレッジ・・・たった1度の大学生活にNo.1の選択を与え続ける https://1colle.com/ があります。 おしん記者 創業のきっかけはありますか? 岸田佳祐 さん 与えられる「情報」によって、誰もが最良の選択をすることができ、より人生を豊かに過ごせると考えています。 しかしながら、世の中には本当にユーザーにとって良い情報が溢れているかどうかという観点では疑問。そもそも情報が手に入らない、もしくは変な情報をつかまされたり…。そういった課題を解決したい。 その想いを胸に、ほぼ個人で2019年まで闘ってきたが、ユーザーの未来を創るSEOメディアをグロースさせていくにあたって、チームを組む必要性を感じ、一念発起して創業。 インハウスにて、ユーザーの未来を創るコンテンツを作成できる体制が整えば、様々なジャンルにおいて「面白い!」と思ってもらえるような存在になれる!そう確信し、創業に至りました。 おしん記者 サービスの利用法を教えてください。 岸田佳祐 さん WEB記事のため、誰もが閲覧できます。 ライブナウやワンカレッジと検索 あるいは livedays.jp 1colle.com とアドレスバーに打ち込んでいただけると、サイトにたどり着けます。 おしん記者 これからの目標を教えてください。 岸田佳祐 さん メディア規模を大きくしつつも、ユーザーの未来を創っていきたいですね。 具体的には、私たちの運営するWEBサイトを通じて、新たに何か挑戦してみよう!と思ったり、実際に人生が変わった!という声を生で沢山聞けることですね。…

マッハ取材

「次世代のエンタメカンパニー」Coupe

「次世代のエンタメカンパニー」Coupe おしん記者 なんとお呼びしましょうか?名前はなんておっしゃるんですか? 竹村恵美(たけむらめぐみ) さん さん 竹村恵美(たけむらめぐみ) といいます。 竹村恵美(たけむらめぐみ) さん 1991年生まれ。高校生活をスイスで過ごした後、立教大学文学部へ入学。インターンシップをきっかけにプログラミングに出会い、自ら開発しサロンモデルと美容師をマッチングする「Coupe(クープ)」をローンチ。2014年12月、大学4年生で株式会社Coupeを設立。「個人を輝かせる」というビジョンのもと、新たにライバーなどのインフルエンサーマネジメント事業を開始。2019年2月にサイバーエージェントグループへジョイン。 おしん記者 どんな事業をやっているんですか? 竹村恵美(たけむらめぐみ) さん 「次世代のエンタメカンパニー」を目指して、インフルエンサーマーケティング、ライバー(ライブ配信サービスの配信者)のマネジメントのほか、ウェブサービスで美容師さんとサロンモデルをマッチングするサービスを展開しています。 おしん記者 創業のきっかけはありますか? 竹村恵美(たけむらめぐみ) さん きっかけは、中学3年生のときに父親の仕事の関係でドイツに引っ越したことがきっかけです。海外の寮での一人暮らしが始まり、学校に全く馴染めず、仲が良い友人もおらず寂しい思いをしていました。しかし、両親が頑張って学費を出して通わせてくれたということもあり、弱音を吐けなけず辛い高校生活を送っていました。そんな時、日本にいた親友が、Skypeでずっと悩み聞いてくれて、励ましてくれました。親友がいたからこそ、高校生活を3年耐えて卒業することができました。そして、卒業後に帰国すると、親友は念願だった美容師になっていました。しかし、彼女の最初の業務は、「1日中外で、朝から晩までサロンモデルを探す」というものでした。モデル探しはとても大変で、苦労して良いモデルを見つけても、カットするのは彼女ではなくベテランです。帰国後、アナウンサーを目指してアナウンサー学校に通っていた私には、幸いにも、サロンモデルにぴったりの友人が多くいました。そこで、彼女のために友人をモデルとして紹介する仲介のようなことを個人でやりながらサポートし始めました。 そんな中、数人でアプリを作っている会社でインターンに参加する機会がありました。プログラマーの皆さんがアプリを作っていく様子がとてもかっこよく見えて、早速、夏休みにプログラミングの集中講座に通いました。「身の回りの問題を解決することがウェブサービスの醍醐味だ」ということをそこで学び、プログラミングの魅力に気づき、モデル探しに困っている友人と、モデルをやりたい人とを結ぶウェブサービス「Coupe」を作ることにしたことがきっかけです。 おしん記者 サービスの利用法を教えてください。 竹村恵美(たけむらめぐみ) さん 当社は現在、ウェブサービスで美容師さんとサロンモデルをマッチングするサービス 「Coupe」と、インフルエンサーマーケティング、ライバー(ライブ配信サービスの配信者)のマネジメント「COUPE MANAGEMENT」の2つのサービスを展開しております。「Coupe」は、美容師さんは当社ウェブサイトからご登録いただけます。また、サロンモデル登録に関しましては、当社サイトからご応募いただき、そこからオーディションを経て合格された方は、当社所属のサロンモデルとしてご登録いただけます。「COUPE MANAGEMENT」に関しましては、インフルエンサーを起用したインフルエンサー広告や、モデルのキャスティングも可能ですので、当社ホームページよりご連絡ください。 おしん記者 これからの目標を教えてください。 竹村恵美(たけむらめぐみ) さん 今後、個人で活躍するインフルエンサーが増えれば、マネジメントする側の役割も変わっていくと考えています。影響力を持つ個人が、服屋さんを開きたい、NPO活動したい、といった目標を持った時に、一番に力を貸せるような組織を作り、特定のメディアやプラットフォームに依存するのではなく、「個人をメディアにする」とことを目標に、どこでも活躍できる人達をサポートできる場所を作っていきたいです。現在は、新たにYouTube事業にも挑戦しています。「次世代のエンタメカンパニー」として、多岐に渡って個人が輝ける環境をこれからも創って行きます。 このサービスについて知る

マッハ取材

花より嬉しい「オフィスギフト」

花より嬉しい「オフィスギフト」 おしん記者 なんとお呼びしましょうか?名前はなんておっしゃるんですか? 冨田仁 さん さん 冨田仁 さん といいます。 冨田仁 さん 元々、サラリーマンで、様々な企業様の望むことを支援していました。しかしながら、理想とはかけ離れて上手くいかないプロジェクトが多く、組織力を発揮するという事はどういうことなのか、やるべきことをスムーズに進めるためには何が必要なのかを考えるようになりました。そして自分の能力とすべきことを冷静に判断しました。 2016年までに経営に最低限必要なFPや会計等の資格を取得し、独立。最大9社の経営に参画。 健康食品や化粧品の企画製造・販売や飲食店の経営など、多方面で苦労中。 おしん記者 どんな事業をやっているんですか? 冨田仁 さん 日本のビジネスマーケットでは「移転」「オープン」等、 様々なシーンでオフィスに贈り物をする文化があります。​ ただ、その多くは個人向けの贈り物とは違い、 胡蝶蘭のような生花、観葉植物が一般的で、 受取り側がその処分に困る、 同じのもがたくさん来るような マーケットになっています。​ 当社は花より嬉しい「オフィスギフト」をコンセプトに 今まで目を向けられることがなかった オフィスに贈るギフトの 新しいマーケットを創造し、 ​マーケットリーダー企業を目指します。 おしん記者 創業のきっかけはありますか? 冨田仁 さん サラリーマン時代に多くの場面で限界を感じたためです。 おしん記者 サービスの利用法を教えてください。 冨田仁 さん お祝い事の際にサイト上でご購入いただくだけです! おしん記者 競合サービスってありますか? 冨田仁 さん 法人様のご活用が80%を超えており、競合他社は見当たりません。 おしん記者 これからの目標を教えてください。 冨田仁 さん 従業員の給与賃金向上と雇用促進 このサービスについて知る

マッハ取材

第 2 回 B-SKET Startup Acceleration Program デモデイを開催!〜IPOに向けて〜

ライターの大野です! 今回は、第 2 回 B-SKET Startup Acceleration Programデモデイ模様をレポートします。 ベーシックは2月15日から6月14日の約4ヶ月に渡り行われるスタートアップのアクセラレ ータープログラムをおこなっており、その最終報告会に参加してきました。 【ごあいさつ】 株式会社ベーシック チーフストラテジーオフィサー 田所 雅之 株式会社ベーシックが提供するSaaS領域スタートアップ向けのアクセラレータープログラムです。実践的なメンタリング/事業開発サポートを通じて、短期間で事業価値を最大限に高めることがB-SKETの目的です。 ベーシックのアクセラレータープログラムでは、多くの起業家の事業立ち上げを遠回りさせずに事業化できるように支援をしています。 弊社はこれまで「社会のあらゆる問題を解決する」をミッションに掲げ、問題解決型の事業を中心に50を超える事業、サービスを立ち上げてきました。 そして弊社ではこのような経験を体系化して、事業化の成功確率を上げています。 しかしながら多くの起業家は同じような失敗や迷いを抱えています。そのような話の相談を受ける中で、同じ道を通った身として彼らの役に立ちたいと思い至りました。 今回のプログラムは2月15日から6月14日の約4ヶ月にわたって行われました。メンターによるセッション、田所雅之氏による個別のメンタリングを行われました。 パネルディスカッション「IPOを目指すスタートアップに必要なもの」 パネラー紹介 株式会社アドライト 代表取締役CEO 木村忠明 大学院卒業後、大手監査法人に入社し、株式公開支援業務に従事。2008年、イノベーション共創を手掛ける株式会社アドライトを創業。合わせて国内スタートアップ企業へ社外役員就任によるハンズオン支援を行い、うち5社(ユーグレナ、じげん、クラウドワークス、エスエルディー、マネーフォワード)が上場を果たす。 アジアやアメリカの海外スタートアップ企業の支援にも積極的で、これまでに20社以上の投資育成を行いうち3社が買収される。これら国内外スタートアップの知見やネットワークを活かし、大手企業のオープンイノベーションにおける一気通貫での事業化支援を得意とする。 主要な国立/私立大学との産学連携プロジェクトの支援実績も豊富。東京大学経済学部経済学科、東京大学大学院経済学研究科修士課程卒業。 一般社団法人日本スタートアップ支援協会 代表理事 岡隆宏 1985年 関西学院大学商学部卒業後、1998年夢展望株式会社を創業。学生時代から手がけた事業はレンタルレコード&ビデオ事業、中古レコード&ファミコン事業、フランチャイズ事業、玩具雑貨卸事業、家庭用ゲーム代理店事業、ライセンス事業、玩具製造業、コスメ事業、ダイエット食品事業、ネットオークション事業などがある。これらの数多くの事業転換を経験したのち、現在のネット通販事業を2005年に開始。スマホを使った若い女性向けファッションに特化したビジネスモデルで、2013年に東証マザーズへの上場を果たす。その後ライザップと2015年に資本業務提携をしてグループ入り。2016年7月にIPO経営者仲間らの協力により一般社団法人日本スタートアップ支援協会を設立し、起業家が最短最速でEXITできるように、IPOを目標としたスタートアップ専門のベンチャー支援を行う。 株式会社ライトアップ 代表取締役社長 白石崇 1997年に筑波大学第二学群人間学類を卒業後、1997年に日本電信電話株式会社に入社。NTT東日本上野支店法人営業部、株式会社ぷららネットワークなどを歴任。2001年に株式会社サイバーエージェントに入社しコンテンツ部門の立ち上げ責任者を歴任後、2002年にライトアップを設立する。 株式会社ラクスル 取締役 守屋実 明治学院大学卒業、1992年に株式会社ミスミ(現ミスミグループ本社)に入社後、新市場開発室で新規事業の開発に従事しました。メディカ、フード、オフィスの3分野への参入を提案し、自らは、メディカル事業の立上げに従事することになりました。2002年、新規事業の専門会社、株式会社エムアウトをミスミ創業オーナーの田口弘氏とともに創業しました。 自社で案件を立ち上げ、その後イグジットさせるというビジネスモデルで、いくつかの事業のイグジットさせました。 その後、2010年守屋実事務所を設立。 そして、ラクスルに参画。 IPOを目指すにあたっての失敗体験 『上場を目指すとなると、個人戦からチーム戦で進んで行くことになります。社員間のコミュニケーションがうまく取れていなかったり、メンタルケアがきちんと出来ていないと言ったように、内部体制がしっかりしていないと社内は崩壊してしまいます。また、上場目前になって価格競争ビジネスの壁に当たり、上場がまた引き延ばされたこともありました。』 IPOを目指すスタートアップに対して 『自分のものから社会のものになるという意識をしっかりもつことが大切。個人戦からチーム戦になります。また、上場するとさらにモチベーションが上がります。出会う人もガラッと変わり、さらに刺激的な交流関係が生まれると思います。そして、リクルート数が大幅に上がり、相対的にいい人材が増えます。そしてそれがさらに事業拡大に繋がって行きます。上場するというのはとても大変なことです。しかし、上場すればまたさらに新たなスタートをきることができます。どんなに小さな会社でも諦めずに進んでいけば上場はできます。勝負精神を忘れないで。』 第2期生によるピッチ GLIT「スマート採用を実現するAIエージェント」 サービス概要 求職者へ相性の高そうな求人情報をレコメンドし、その求人情報を興味あり・興味なしにスワイプするだけで、興味ありにした企業からスカウトが届くため、求人検索が不要。求人企業にとっては運用工数が低く、自社に興味を持ってくれる方へのスカウトを送るため、開封率・返信率が非常に高くなる。 AIR Design「AIでデザイン業界を変革」 サービス概要 「デザインを空気のように当たり前に、AI使って。」というビジョンの元、”AIR Design”というデザイナーのAIを使って運用しており、ロゴ生成で人間の生産性の1,200倍を実証し、その技術をマーケティングクリエイティブ(バナーやLPなど)に展開している。SaaS月額サブスクリプション型BPO事業から開始し、RPA/AI化。そしてより多くのユーザーに使われることを目指している。 LEARNie「コミュニケーションを価値あるアセットに変える」 サービス概要…

マッハ取材

5分でほぼ100%掲載、マッハプレス

本サイトにおける業務効率化として初のRPAを導入いたしました。広報の担当者様はぜひ、プレスリリースをたくさんお送りいただければ幸いです。 「STARTUPTIMES」では、サイト上に設置したプレスリリース配信専用フォームに、プレスリリースの概要を入力するだけで、自動的に記事を作成するRPAロボットを開発しました。なお、記事に関しては編集部による最終チェック(※2)を行い、全ての記事を掲載いたします。 (※1) 人がパソコンで行う単純作業をロボットに記憶させ全自動で代行することを目指すテクノロジー (※2) 編集部の最終チェックにより適正を欠く記事については掲載されない可能性があります プレスリリース正直めんどくさいんですよね、受ける側もする側も。わたしが言っちゃあおしまいか。お前は誰?というかたはこちらから。 でも起業家はPRはしたいし、私は取材したい!ということではじめました。スタートアップは、取材を受けたい、けど1個目の取材が決まらないと2個目が決まらない、というジレンマに陥りがち。試してみるといいかもしれません。 スタートアップはPRが重要、しかしなかなか掲載されない ディップでは日本初のAI・人工知能ベンチャー支援制度「AI.Accelerator」にて、AIスタートアップ60社以上の支援を行っている他、スタートアップタイムズを通じて約300社のスタートアップ企業を取材してまいりました。この活動の中で、スタートアップ企業はPRを重要視しプレスリリースやメディア向け広報に力をいれているものの、最初の1本目がなかなかメディアに掲載されず苦しむことが分かりました。一方、メディア側では、多くのプレスリリースに目を通しながらも記事の作成には工数がかかるため、すべてのプレスリリースを掲載することはできませんでした。 RPAで記事作成時間を8割削減 「STARTUPTIMES」は、現在3万件以上のスタートアップに関するニュースを掲載するキュレーションメディアで、AIが収集したニュースに加え、各企業から送付いただいたプレスリリースの掲載も行っております。また、ディップではこれまでに、RPAサービスを運営する企業への出資など、業務効率化や事業の生産性向上に向けてRPA導入を積極的に推進してまいりました。 そこでこの度、ディップの推進するRPA導入の取り組みの一環として、「STARTUPTIMES」のプレスリリース掲載プロセスにおいて、RPAの導入を行います。RPAを用いることで、これまで属人的に行われていたプレスリリースの掲載を自動化し、記事作成にかかる時間の8割削減を可能にしました。これにより、ほぼ100%のプレスリリースを掲載することができるようになります。 日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資

インタビュー

若者の転職にスキルを、スキルアップした状態で転職を紹介する「逸材は君だ」

若者の転職にスキルを、スキルアップした状態で転職を紹介する「逸材は君だ」 酒井翔平 1994年生まれ。埼玉県出身の24歳。慶應義塾大学経済学部を2018年3月に卒業。在学中の20歳の時から起業し2017年7月に若い世代向けに無料で主にウェブマーケティングの研修を行い転職を支援する株式会社逸材は君だを設立。現在は慶應義塾大学や東京工業大学で講演をおこなったり、映画のスポンサーとしても2作品と関わり、さらに2018年6月にはテレビ出演をするなど活躍の幅を広げている。 若者の転職にスキルを、スキルアップした状態で転職を紹介する「逸材は君だ」 スタートアップタイムズでも起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか?

インタビュー

自分の知らない音楽・アーティストを発掘できる「音楽発掘アプリDigDig」

自分の知らない音楽・アーティストを発掘できる「音楽発掘アプリDigDig」 後藤颯太 株式会社アダビトCEO iOSエンジニア。1994年9月 宮城県仙台市生まれ。21歳まで起業という選択肢を知らなかったが、大学在学中に起業。独学でiOSエンジニアリング、デザインを学び1ヶ月で「音楽発掘アプリDigDig」を開発。 自分の知らない音楽・アーティストを発掘できる「音楽発掘アプリDigDig」 スタートアップタイムズでも起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか?

インタビュー

専門家のナレッジを製造業に届け、課題解決を支援する「ものづくりドットコム」

専門家のナレッジを製造業に届け、課題解決を支援する「ものづくりドットコム」 熊坂 治 田舎大学の工学部を卒業後パイオニアに技術者として入社。米国駐在を含め、色々な部門を転々と経験して30年で早期退社。技術コンサルで独立したものの顧客開拓に苦労しているうちに、専門家のナレッジを製造業に伝える「ものづくりドットコム」公開の為に株式会社産業革新研究所を設立。 スタートアップタイムズでも起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか?

インタビュー

現場を知るシリアルアントレプレナーによる起業家向けオンラインサロンの「IT Startup Community」

シリアルアントレプレナーによる起業家向けオンラインサロンの「IT Startup Community」 池森裕毅 IT業界でひっそりと起業家をしております。 今まで二社起業し、二社とも売却しております。 2003年に大学を中退し、2004年にまず一社目を起業しました。業務内容はオークションサイトの運営です。オンリーワンのポジションを手にいれ、順調に業績は伸び、億超えのMAオファーを何度も頂きました。2015年に売却いたしました。 二社目は2011年に創業しました。業務内容は日本初のソーシャル婚活サイトの運営です。VCやエンジェルから出資を頂いての運営です。2013年に売却しました。2015年よりフリーランスとして活動開始しました。複数のプロジェクトに参画しております。同時に、コンサルティング業、顧問業、投資業を開始しました。スポットコンサルティングプラットフォームでは、Startupカテゴリーにおいて売上が3800人中1位を記録しております。投資業は積極的には行っておりませんが、シリーズAからちょこちょこいれております。趣味は海外旅行、小説執筆、などです。 スタートアップタイムズでも起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか?

インタビュー

マンションやオフィスビルの共用部分にある空きスペースを広告スペースとして有効活用するためのサービス「WallBank」

マンションやオフィスビルの共用部分にある空きスペースを広告スペースとして有効活用するためのサービス「WallBank」 橋本一幸 大学卒業後に大手コンビニに採用されるも、仕事に面白さを見つけられず1年と立たずに退職。その後、地元の厨房備品専門商社に就職し、2年間の国内営業を経てニューヨーク支店に駐在。帰国後に、東証一部上場の商社へ転職し、主に海外営業と新規事業開発に従事。その間に個人で不動産の取引を経験し、不動産業界に興味を持つ。ビジネスモデル特許を取得し、現在のベンチャービジネスをスタート。 スタートアップタイムズでも起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか?

インタビュー

子どもが学校や保育園からもらってくる紙のプリントを管理するアプリ「ポスリー」

子どもが学校や保育園からもらってくる紙のプリントを管理するアプリ「ポスリー」 齋藤明日香 新卒で株式会社VOYAGE GROUPに就職。ウェブディレクターとして、ポイントメディアの開発・運用、アライアンスディレクターとして新規Webサービス、アプリの立ち上げを多数経験。その後、2018年2月に社内ベンチャー制度により、VOYAGE GROUPの100%子会社として、ITを活用した子育て支援事業を行う株式会社cosoralを創業。プライペートでは、3人の子供を持つワーキングマザー。3回の産休育休を経て、自身の実体験から産まれたママ向けのサービス開発を実行中。 スタートアップタイムズでも起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか?

インタビュー

「いつでもどこでも高品質なパーソナルトレーニングを受けられるようにする」為のウェブサービス「すぐトレ」

「いつでもどこでも高品質なパーソナルトレーニングを受けられるようにする」為のウェブサービス「すぐトレ」 宇野健人 大学卒業後、外資コンサルティング大手アクセンチュアに入社。 その後トランス・コスモスなどで多数のベンチャー企業インキュベーションに関わりました。 2011年「発注ナビ」を創業、2015年アイティメディアにより買収。 その後は大企業のイノベーション創出支援、戦略策定支援などにコンサルタントとして携わり、2018年より現職となります。 スタートアップタイムズでも起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか? AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらやこちら。

インタビュー

海外で言葉が通じず困ったときに、プロの通訳者にオンラインで通訳を依頼できるアプリ「JellyTalk」

海外で言葉が通じず困ったときに、プロの通訳者にオンラインで通訳を依頼できるアプリ「JellyTalk」 徳嶺あかり(右)ディレクター 1990年生まれ。沖縄県出身。琉球大学観光産業科学部卒。沖縄学生ビジネスコンテストで2年連続最優秀賞を受賞。Samural Incubate主催のピッチコンテストで出資の話をうけるが、学生期間中の起業は断念。沖縄のIT企業にマーケティング担当として入社、営業、広報、新規事業担当を歴任。Startup WeekendやPOStudy等、沖縄でのスタートアップ関連の沖縄コミュニティに参画。2015年にフリーランスのWebディレクターとして独立。半年間の東南アジア巡りを経てとくしま有機農業サポートセンターで農業を学んだ後、ベトナム農業プロジェクトに参画し、約1年間現場で農業に携わる。現在はオンライン通訳アプリJellyTalkとベトナム農業メディアを運営。 宮里悠平(左)エンジニア 1984年生まれ。沖縄県出身。早稲田大学教育学部英語英文学科卒。在学中コンピュータに目覚め、秋葉原の組込システム開発会社にてアルバイト。卒業後、沖縄のIT企業にエンジニアとして入社。2014年8月にフリーランスとして独立。JINS MEME ハッカソン優勝。ウェアラブルデバイス向けのアプリ開発などに携わる。以後同上。 スタートアップタイムズでも起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか? AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらやこちら。

インタビュー

留学選抜率84%、交換留学支援「交換留学.com」

留学選抜率84%、交換留学支援「交換留学.com」 天野央登 慶應義塾大学経済学部入学後、在学中に海外留学の支援を行う合同会社イニシャルを設立。2017年5月、学生起業家輩出プロジェクトKBB Nextにおいて最優秀賞を受賞。この賞で評価された交換留学志望学生を支援するサービスを開始し、Webメディア「交換留学.com」を開設。交換留学選抜の支援実績を順調に増やし、1年目の交換留学選抜率は、84%と圧倒的な実績を誇る。受講者からも「自分1人では絶対に知らなかった事柄や交換留学の選考に向けて非常にタメになることを教えてもらった」「事前準備が大切だということを改めて感じた。実際交換留学を経験した方ということもあり、とても説得力がある」という声が多数。 現在、シンガポール国立大学に交換留学をしながら、シンガポールと東京で事業を展開中。 スタートアップタイムズでも起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか? AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらやこちら。

インタビュー

「ハタラキゴコチをより良くする会社」GOOD GREENの観葉植物レンタル事業

「ハタラキゴコチをより良くする会社」GOOD GREENの観葉植物レンタル事業 西澤正文 慶應義塾大学総合政策学部を卒業し、新日本監査法人国際部、J.P.Morgan証券株式調査部、デロイトトーマツコンサルティングCFOサービスを経て、レバレジーズ株式会社にて新規事業開発室・中途採用責任者・事業部長を経験。2016年に「ハタラキゴコチをより良くする会社」を目指してGOOD GREEN を創業。 スタートアップタイムズでも起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか? AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらやこちら。

インタビュー

話題のWebサービス・アプリが見つかる「Apppla(アプラ)」

話題のWebサービス・アプリが見つかる「Apppla(アプラ)」 酒井英伸 大学で情報コースに配属された事を機にプログラミングを学習し始める。Misoca、リクルートを始めとするIT企業でインターンを経験。U-22プロコンで英語学習サイト「ついまな」が経済産業省商務情報政策局長賞を受賞。学生クリエイティブ集団「OthloTech」代表わず。 GitHub: https://github.com/hyde2able スタートアップタイムズでも起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか? AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらやこちら。

インタビュー

ビデオチャットを活用した、リユース(買取)業界初のオンライン買取サービス「SEL-LIVE(セルライブ)」

ビデオチャットを活用した、リユース(買取)業界初のオンライン買取サービス「SEL-LIVE(セルライブ)」を運営する株式会社マクサスの関 憲人さんより、マッハ取材にお申し込みをいただきました。 ビデオチャットを活用した、リユース(買取)業界初のオンライン買取サービス「SEL-LIVE(セルライブ)」 関 憲人 起業すると決めたので、ビジネスのノウハウを得ることが出来ない学業が非常に無駄だと感じ、高校を早めに卒業(中退)。ニュージーランド留学などを経験後、起業するにあたりまともな社会人経験を積むことと起業資金を貯めることを目的として、不動産業界で営業マンとして働き始める。(採用条件は高卒以上だったのになぜか中卒の私が採用された) その後トップセールスを獲れたことと資金も貯まったので2012年、22歳で計画通り起業。8人いた社員が1ヵ月で7人辞めるマクサスショックなどを経て、現在は32名程度の会社となり事業拡大中。 編集後記 スタートアップタイムズでも起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか? 日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資

インタビュー

放置系ITエンジニア専門スカウト転職サイト『スカウトミー』

『スカウトミー』ITエンジニア専門スカウト転職サイトを運営するstudio Usagi株式会社の浦岡憲二さんより、マッハ取材にお申し込みをいただきました。 『スカウトミー』放置系転職サービス。 浦岡憲二 IIJグループ、GMOグループでのエンジニア経験を経て独立。エンジニア暦15年。 編集後記 スタートアップタイムズでも起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか? 日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資

インタビュー

ソーシャルメディアでの学生集客力を活かした採用支援サービスを展開「リアライブ」

ソーシャルメディアでの学生集客力を活かした採用支援サービスを展開する株式会社リアライブの水本 豪さんより、マッハ取材にお申し込みをいただきました。 ソーシャルメディアでの学生集客力を活かした採用支援サービスを展開 水本 豪 大学在学中に新卒採用コンサルティングを行う株式会社リアライブの企画広報長期インターンシップ第1期生として約2年活動。 新卒就活生へのリーチ数&カバー率で日本一を誇るソーシャルメディアアカウントの形成を主に、別プロジェクトとしてコミュニティ参加人数日本一の就職活動支援団体「シェア活」を立ち上げ、企業と学生を結びつけるマッチングイベントを数度開催。 大学卒業後は新卒で株式会社ボーダーズ(現マーケティングアプリケーションズ)にて消費者購買データを基にした新規アプリ制作事業、オンラインサーベイツールを用いたインターネットリサーチ事業に従事。 2015年11月よりカンボジア現地法人企業FujiSakura Co., Ltd, のGeneral ManagerとしてWebマーケティング、経理/会計、人事総務を担当中。 日本国内においては、メンズアパレルブランド「junhashimoto」のECストアを手掛ける株式会社SNCを経て、2016年9月よりリアライブに再ジョイン。 編集後記 スタートアップタイムズでも起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか? 日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資

インタビュー

CtoCレンタルアプリ「Anyble」

CtoCレンタルアプリを運営するAnybleの松本悠利さんより、マッハ取材にお申し込みをいただきました。 CtoCレンタルアプリAnyble 松本悠利 東京大学大学院広域科学専攻物理部卒業。外資石油サービス会社シュルンベルジェSchlumberger, NYSE: SLBにて、油田検層機器のハードウェア及びソフトウェアの設計、開発の経験9年。デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社にて国内外のM&A案件に関わる企業価値評価サービス、アドバイザリーサービスの経験1年。2017年8月よりAnybleのサービスを開始。 編集後記 スタートアップタイムズでも起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか? 日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資