大学・カテゴリ別「学生起業家カオスマップ2019」1位は東大に

こんにちは,スタートアップタイムズ編集部です。
最近では,全ての学生を対象とした起業支援プログラム「GAKUcelerator -ガクセラレーター」に取り組んでいます。

毎日のように起業家のみなさんにお会いする中で,学生起業家さんは知名度で不利なことが多いことに気づきます。そこで,なんとかPRのお手伝いになればということで「学生起業家カオスマップ2019」を作りました。このマップから、学生起業家に注目が集まり、資金や人材、問い合わせが集まることを願います。

2019年4月時点在籍の学生起業家を対象に調査を実施し,在籍大学・サービスカテゴリ毎に分類しました。
もし,「あのスタートアップがない」「俺の会社が抜けている」との自薦他薦、大歓迎です!どんどん追記・修正いたします。

カテゴリー別スタートアップ一覧

学生起業サービスカテゴリで最も多いのは「BtoB・受託系」(13社)、続いて「メディア」(10社)、「人材」(7社)となりました。
また,「受託開発」「研究開発系」は合計19社。人工知能(AI)技術をはじめとする大学で培った専門知と技術をビジネスとして還元させようという意図が読み取れます。「メディア」や「人材」は,学生として培ったネットワークや学生ならではの課題感を活かしたビジネスです。

大学別スタートアップ一覧

大学別では大学の知名度に比較的比例する形で創業が行われていることがわかります。
起業家育成が各大学で行われる中,1位は「Global Tech EDGE NEXT」を運営する東京大学(計14社),第2位は「藤沢イノベーションビレッジ(SFC-IV)」を運営する慶應義塾大学(計9社),第3位は「WASEDA-EDGE人材育成プログラム」を運営する早稲田大学(計7社)となりました。

東大・慶応・早稲田ではどんなジャンルの企業が多いのか?

最後に,学生起業家が多かった東京大学・慶應義塾大学・早稲田大学ではどのようなジャンルのスタートアップが多いのかをまとめてみました。
各大学共通で「メディア」や「受託」が多いですが,東大では慶応・早稲田では現役学生スタートアップが無い「人材」ジャンルで3社あるのが特徴的です。慶応では,D2C・FinTech・クラウドファンディング・ライフスタイル系と時代の流れに乗った幅広いジャンルのスタートアップが生まれています。一方,早稲田では,受託,SaaS,研究開発などが目立ちます。
分母数は少ないものの,各大学のカラーが少しうかがえる結果といえるかもしれません。

※1.順不同 敬称略
※2.サービス、企業ロゴを掲載
※3.対象全社に対し連絡、オプトアウト方式で許諾

スタートアップの追加・要望

マップに関する、追加・ご指摘が有りましたら、こちらのフォームよりご連絡ください。

小学校〜大学院まで。すべての学生を対象とした起業支援プログラム

最後になりますが、いくつかご支援を行っております。ぜひご覧になってみてください。


15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか?