Sai reco-HRオートメーションツールで人事情報を一元管理

大野順也

株式会社パソナ(現パソナグループ)の営業、営業推進、営業企画部門を歴任し、同社の関連会社の立上げを手掛ける。後に、現デロイト・トーマツコンサルティング株式会社にて、組織・人事戦略コンサルティング業務に従事し、2006年1月に『株式会社アクティブ アンド カンパニー』を設立、現在に至る。

Previous

人事情報の一元管理ツール「Sai*reco」(サイレコ)

HRtechは日本に浸透しつつある。多くのHRtechスタートアップが台頭し、企業の人事部はこぞってそのテクノロジーの導入を進めている。しかし、既存サービスとの親和性の低さが往々にしてツールの導入障壁を高めている。既存ツールとの連動を重点として、人事情報の一元管理ツール「Sai*reco」(サイレコ)に取材を持ちかけた。

「Sai*reco」(サイレコ)を一言でいうと「人事情報の一元管理ツール」になります。法人事業者向けの社内用の人事管理ツールです。従来の紙の情報をデータ化し、ペーパーレスを実現。日付ベースでの情報保持により、1年前の組織図を復元できる機能も備えています。

総合的な管理ツールとして、社内の人事業務すべて関与できるものだ。

人や組織の分布をわかりやすく表現し、部署や役職などの詳細情報を蓄積できる。

また、入力した人事情報を蓄積し賃金やスキルを元に評価をすることも可能だ。

過去の組織図を復元できる機能は、時々の実績に応じた組織体制を評価し戦略立案にも役に立つという。

導入する組織についてもきいた。

現在多店舗を持つ企業、アルバイト関係やIT企業などのスキルが情報資産になる企業がメインターゲットになります。薬剤や看護・介護などの企業にも使えるものです。

 

競合サービスについて聞いた。

他社さんとは差別化を図るために、僕らは500~1000名の社員を抱える企業への総合的な管理ツールとして作りました。同じステージで競合はほとんどいません。

科学されていない人事界隈をもっと科学したい。

サービスを立ち上げた経緯について聞いた。

新卒ではパソナに入社、営業の責任者や経営企画を経験しました。その時に感じたのが、人材界隈って全然科学されていないということ。データ化をして、それを科学すればもっと仕事が捗ると思いました。じゃあ今度は根底から変えたいと思い、トーマツに転職。人事制度設計などのコンサルを始めたが今度は絵に描いた餅。美しい立案はうまくいくとは限らないんです。

いつしか自分で制度設計と運用の両面に携わりたいと思い始めました。それで今の会社を創業、コンサルと運用までを行いました。そして、今回のツール(Saireco/サイレコ)の開発に至りました。

人事情報を科学するために現在のサービス「Sai*reco」(サイレコ)を生み出したという。

より予測に近い人事管理のAIを作りたい。

将来の展望を聞いた。

僕らのビジョンは3ステップ。スタートは情報収拾、今は2ステップ目のタレントマネジメント、目指しているのは、その知見を活かし、どのようなタレントマネジメントをすれば良くなるかという予測の部分。

会社についても聞いた。

僕らのやりたいことは、人事・人材を科学をすること。Saireco/サイレコを使うことで、入力・管理されたデータひとつひとつを日付を付けて管理することができます。つまり、非常に精緻にクレンジングされた人事データをSaireco/サイレコは管理することができます。そして、それらを用いてAIによる高度な分析を実現していきます。

より人事情報を解析し、総合的なAIツールを生み出そうとしている。引き続き追っていきたいと思う。

編集後記

取材担当中山
弊社の社長を古くより知る起業家さんの一人。間違いなく今後の注目の一社である。

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *