スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /人間も蟻とキリギリスに分かれます。東大、早慶クラスの優秀な大学生が持つノートを見れる「Airi Kiri note」
インタビュー 2020.02.18

人間も蟻とキリギリスに分かれます。東大、早慶クラスの優秀な大学生が持つノートを見れる「Airi Kiri note」

山口 貴士

大学時代にAIを研究。新卒で外資系コンサルティングファームに入社。事業再生部門において、中期経営計画策定支援、財務モデリング、事業戦略策定及び実行支援、事業及び財務デューデリジェンス、資金繰りモデル作成支援等のプロジェクトを経験。ファンドや経営者と非常に近い距離で支援する中、自らも経営の立場に身を置きたいと考えるようになる。学生時代3回留年した原体験から、学生生活をより良くするサービスの立ち上げを決意し、ExPA創業に至る

Previous

優秀な大学生のノートを共有する。知識共有プラットフォームの「Airikirinote」(アリキリノート)

人間界にも蟻とキリギリスの寓話は存在しているとされる。研究者によると、労働者の生産性は、組織単位でいうとその内2割がほとんどの割合を占めている。つまり、少数の働き者が組織を支えている構造のようだ。また、「2・6・2の法則」が存在しているように多くの場合勤勉者は少ない。蟻とキリギリスの理論を独自な解釈で学習のサービスに活かしたスタートアップがある。今回初回する「Expa」社だ。

一言でいうと「大学の知識共有プラットフォーム」サービスになります。大学生活をする上で、学生はいろんな活動と面と向かうことになります。勉学に励むものもいれば、サークルに打ち込むものも。そんな勉学をする学生の知識を効率的にシェアをし、大学生全体の学力を上げる。僕らはそんなサービスを展開しています。

使い方としては、サイト上で学生はノートを探せます。見つけて気に入ったノートは購入をすることができます。勉学に励んでいる学生は、自分の努力の成果を報酬としてもらえ、ノートを買う学生は知識を得られることができる。そういった意味で知識の共有プラットフォームとさせていただいています。

現在ベータ版で展開している本サービスは、東大や早慶・明治の学生が中心となっている。実際に東大生のノートは1,200円という価格で販売されているという。

僕らのプラットフォームでは、アリ学生とキリギリス学生とユーザーを分けております。アリ学生は大学で勉強に多くの時間を費やしアルバイトなどができない学生になります。一方、キリギリス学生は適度に勉強しつつも課外活動に精魂込めている学生さん。現在学生100名にインタビューをしている段階です。将来的には、大学数を広めようと思っています。

知識を与えると言う観点で、オンラインとオフラインで多くのサービスは分かれていますよね。オンラインでいうといくつかサービスがあり、競合という立ち位置になります。彼らの場合は幅広いノートの共有を主軸にしているのが多くのケースです。僕らの場合は、大学特化型。他大学のノートでは学びにくい部分を解決できるサービス設計になっています。

潰れそうな会社の事業再生をコンサルファームで経験。財務や経営戦略のノウハウを学んで起業。

起業の経緯について聞いた。

僕は最初外資系のコンサルファームに入社。潰れそうな企業の事業再生をメイン業務としていました。とても厳しい現場で、社運をかけたプロジェクトが多く。一番ハードだったのは、「2週間で調達を完了する」プロジェクトでした。やはり大変な分、学ぶことが多く財務知識や経営戦略を学ばさせていただきました。

僕実は3回留年をしています。というのも居酒屋のアルバイトに打ち込み過ぎたんですね。当時の僕のバイト先のオーナー社長は、本当にかっこいい人で。僕らの何倍も働いて、何倍も仕事ができる。その当時の僕の社長像を作った人でした。彼に憧れて、僕もいつか社長になりたい。この思いが起業にいたりました。

世の中の課題をときほぐし、まだ繋がっていない人やモノ、コトを編むように解決していき

僕らは学生がいきいきと大学生活を過ごせる、学生に沿ったサービス展開を続々としていくつもりです。その第一弾がこのアリキリノートです。チャレンジする学生を応援したい。その役に立つことはなんでもやっていきたいですね。

また、大学生ってやりたいことがあっても金銭面で断念せざるをえないことも多いです。ここの部分にも何か解決法を作ってあげたい。わかりやすく言うと、学生向けのファイナンスサービスです。留学したいけどお金がない、起業したいけどお金がない。そんな夢を持つ学生を応援できるサービスを作っていきたいです。

夢ある学生の伴走者になる。社会意義性の高い事業展開をするExpa社を応援していきたい。

サイトへ

編集後記

取材担当中山

大変お待たせいたしました。Expa社の山口さんです。バイトに明け暮れて留年を3回したというのは経歴から見て驚きでした。僕も山口さんが憧れた店長さんに会ってみたい!

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

フリマアプリの出品が面倒な人と出品スキルを活かしたい人をつなぐ日本初の出品代行マッチングプラットフォーム「マカセル」6月2日より提供開始

日本の外国人材を留学から就労まで一貫して支え、「日本に来てよかった」を最大化するーー株式会社Linc

トークンエコノミーの導入で食レビューの形を変えるグルメSNS「SynchroLife」ーー株式会社GINKAN

ペットの健康維持をよりカンタン・手軽なものにするサービス「pett」をリリースしました

コロナうつを未病の段階で食い止める!現役精神科医が作成した、日本で唯一の精神疾患スクリーニングWebツールを期間限定で無料提供開始

紹介予定派遣の実態とは?派遣社員500人にヒアリングして分かった真実

【コロナ対策サービス】低価格、ジム&スクール向け連絡アプリ「Linker Bell」を7月初旬ローンチ予定!

健康管理を徹底できるヘルスケアアプリ『カロミル』ーライフログテクノロジー株式会社

企業の採用をより効率的に!『HRFan』ーsasry株式会社

食事を寄付につなげ、2つの社会問題を解決に導く「tabekifu」ーー株式会社tabekifu

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK