ニュース

町工場の後継者はベトナム人 後継者難で異例の決断 名古屋

後継指名したグエンさん(左)の肩に手を添える長尾安祐社長=名古屋市西区で、斎川瞳撮影中小・零細企業の多くが後継者が見つからず事業存続の危機に立たされている。そんな中、名古屋市の町工場社長がベトナム人社員を後継者に指名した。親族経営が中心の中小・零細企業で外国人に後継を託すのは極めて異例。人手不足で外

ニュース

デジタルトランスフォーメーション — 先行事例から経営のヒントを抽出するには

デジタルトランスフォーメーションが企業存続に不可欠と考える世界中のお客様の取り組みのニュースは、日々私たちの目に耳に届きます。今回のブログでは、主にDXレポートリリース後の6ヶ月間に公開された新しい取り組みをいつものように弊社においてThought Leadershipを担うインダストリーエキスパートから共有しますが、業界の垣根を超えてお読みいただくことできっと新たな気づきを得ていただけるはずです。

インタビュー

「シフト管理アプリのCAST(キャスト)が13ヶ国語対応するってよ。」ん!?13ヶ国語だって??

 シフト管理効率化アプリ「CAST」、4月施行の改正入国管理法をうけ中国語、ベトナム語、フィリピン語などの全13ヵ国語に対応拡大              ~外国人労働者の利便性を向上させ、言語の壁を超えた働きやすい職場環境を実現~ hachidori株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:伴 貴史)が運営する店長・アルバイト向けシフト管理効率化アプリ「CAST(キャスト)」は、4月1日よりiOS・Android両端末にて対応言語を11カ国語(中国語(簡・繁)、ベトナム語、フィリピン語、ポルトガル語、ネパール語、韓国語、タイ語、インドネシア語、スペイン語、ビルマ語、セブアノ語)追加し、日本語・英語と合わせ、13カ国語に拡大します。アルバイト側が利用する端末の言語設定に合わせ、「CAST」も自動的に各言語に対応しました 今回の対応言語の拡大は、本年4月に施行予定の改正入国管理法による外国人労働者の増加を見込んで行なった。本拡大により店長とのスムーズなシフト調整を可能にし、外国人労働者が働きやすい職場環境の実現に貢献していきます。 ▲左から日本語、中国語、ベトナム語の「CAST」上におけるシフト提出画面 現在日本で働く外国人労働者数は約146万人で、平成19年の届出義務化以降過去最高を記録しています。国籍別割合は、1位中国(26.6 %)、2位ベトナム(21.7%)、3位フィリピン(11.2%)、4位ブラジル(8.7%)、5位ネパール(5.6%)です。(図1参照) 日本で働く外国人労働者数は年々増加しており(図2参照)、本年4月に施行予定の改正入国管理法でさらなる増加が見込まれています。改正入国管理法では、新たな在留資格として「特定技能1号」「特定技能2号」が創設されます。在留資格「特定技能1号」では、まず外食業などでの就労が可能になります。人手不足も相まって、外食業界では特に外国人労働者の就労が増加することが予測できます。 現在、飲食店を中心に利用が進んでいる「CAST」アプリが多言語表記に対応することで、シフト管理の効率化をはじめ、外国人労働者の利便性を向上させることができる環境が整いました。 今後「CAST」では、多言語表記対応箇所の拡大や、勤怠管理機能、労務管理機能、給与振込機能などを実装予定です。アルバイトの業務管理が一気通貫で可能になる環境を提供し、店舗運営の効率化や言語の壁を超えた働きやすい職場の実現を支援します。 ▲図1 日本で働く外国人労働者の国籍別人数・割合(2018年10月末)    ▲図2 日本で働く外国人労働者数の推移 hachidori株式会社について hachidori株式会社「先端技術と上手く共存し、すべての人が、人間にしかできない「価値ある」仕事に集中できる世界を作る」ビジョンを持ち、チャットボット開発に取り組んでいます。プログラミング不要なチャットボットツールを開発、既に導入案件は6,500件以上である。大手チャットツールとの合同開発や連携も多く取り扱われています。業務改善の部分やチャットボットの開発時にユーザーにとってより使いやすい機能を考案、数々の案件に携わるうちに、アルバイト、店舗経営のコミュニケーション課題に気が付きました。業界課題を解決するべく、独自プラットフォームである「CAST」をローンチしました。 店長とアルバイトのための業務管理アプリ「CAST」とは    シフト管理がアプリ上で効率的に行えるサービスです。WEBブラウザ、iOS ・Androidアプリで利用可能です。店舗向け管理機能には、アルバイト側のシフトの提出機能・提出を受けての店長側のシフト作成機能などを搭載しています。チャット機能も備えており、プライベートチャットを経由することなくCAST上ですべての業務連絡を完結することができます。また、「CAST」利用店舗で働いていないアルバイト個人が、「CAST」を給与計算アプリ・カレンダーアプリとして利用することも可能です。 サービス名:CAST(キャスト) 利用料金:従業員の登録シフト1時間あたり3.5円の従量課金制 対応機種: Android5.0以降、iOS11.0以降 公式サイト:https://cast-baito.com/  iPhoneアプリ版:https://itunes.apple.com/jp/app/cast/id1314320276 Androidアプリ版:https://play.google.com/store/apps/details?id=io.hachidori.cast サービス開始時期:2018年5月 会社概要 会社名:hachidori株式会社 代表者:代表取締役社長 伴貴史 設立:2015年5月 所在地:東京都千代田区神田錦町3-17 廣瀬ビル7階 事業内容:WEBブラウザで開発運用できるチャットボット開発ツール「hacidori」運営 アルバイト・パートを抱える店舗に特化した業務管理アプリ「CAST」運営 URL:https://hachidoriinc.com/   編集後記 AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらやこちら。

ニュース

プロダクトを成功に導く「プロダクトマネージャー」とはどんな仕事なのか?プロジェクトマネージャーとの違いは?専門家二人に根掘り葉掘り聞いてみた

日本でもスタートアップを中心に広がりをみせる「プロダクトマネージャー(PM)」という職業。しかし、日本では今のところ経験者や指導者が少なく、PMについて学ぶ機会が不足しているのが現状です。今回は世界最大級のオンライン学習プラットフォーム「Udemy(ユーデミー)」でプロダクトマネジメント講座の講師をしている曽根原春樹氏と、日本でのプロダクトマネジメントの普及を推進する活動を行っている及川卓也氏に、現場でPMとして活動している経験からPMの必要性や魅力、持つべき考え方やスキルなどを多岐に渡って語ってもらいました。続きを読む…

ニュース

名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋

情報発信スポットのイメージ画像=松坂屋名古屋店提供松坂屋名古屋店(名古屋市中区)などは、栄地区活性化に向けた情報発信スポット「S.Core(エスコア)」を5月上旬にオープンすると発表した。若手起業家などが集うシェアオフィス機能と、同店が名古屋大などと設立したセミナー事業「サカエ大学Common―S(

ニュース

Xilinxが提案する次世代データセンターに向けたアクセラレーション手法

ザイリンクスは3月19日、日本のデータサイエンティストや機械学習/AIエンジニア、システム設計者などを対象に同社のデーターセンター事業戦略についての紹介を行う「Xilinx Data Center Acceleration Seminar 2019 ~ポストムーア時代のデータセンターを加速する新たな選択肢~」を開催した。

ニュース

Amazon化する食農業界に一石を投じる、アグリゲートが思い描く未来

地域活性化と都市部に豊かな食生活をもたらすことを経営理念に、テクノロジーで食農流通を変革するアグリゲート。創業から10年目を迎える2019年、同社に若きCTOがジョインした。アグリゲートが思い描く食農流通の未来とそのテクノロジーについて、創業者で代表取締役 CEOの左今克憲氏、新CTOの長俊祐氏に話を聞いた。

ニュース

経済学者からAIの権威に ある教授に学ぶ成功する「キャリアシフト」

人生100年時代と言われる今、新卒で就職した企業や職種でキャリアを終える人は、今後ますます少なくなるでしょう。私が情報工学で修士号を取得した1996年には、その20年後に、自分がエンジニアではなく、医療や消費財などの業界で事業開発の仕事をするとは思ってもいませんでした。偶然も作用していると思いますが

ニュース

ウィーチャットのミニプログラム、182万件の就業機会を提供

【3月25日 東方新報】「微信(ウィーチャット、WeChat)は一つの生活方式だ」。この広告文が初めて大衆の面前に現れた時、多くの人は疑問に感じたものだが、今や10億人のユーザーを擁するウィーチャットは、人々の生活のあらゆる面に深く浸透し、就職活動に使う人も少なくない。2018年にウィーチャットのミ

ニュース

ソフトバンク巨大ファンドが狙う5大分野

最近のスタートアップ市場をにぎわす資金の出し手として世界中で注目を集めているのが、ソフトバンクグループ(SBG)が主導する「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」だ。サウジアラビアなどと組んで1000億ドルもの資金を手に、有望なスタートアップに次々と巨額出資を決めている。投資先の大半が株式未公開の新興企

ニュース

テクノロジー分野で「復活」狙う日本の、イスラエルでの前進

1970年代から80年代にかけて、世界のイノベーションをリードした日本のエレクトロニクス企業は、今やその地位を追われつつある。ソニーや東芝、パナソニックらが家電市場を支配した後も、2004年頃までは液晶テレビ分野では日本メーカーが市場の支配的地位に立っていた。しかし、2009年頃には韓国のサムスンや