ニュース

幅広い備品群でクルマの激変を好機に 森谷弘史 カルソニックカンセイ社長

  Interviewer 金山隆一(本誌編集長)       ── 主力の自動車部品は。       森谷 カルソニックとカンセイという大きな部品メーカーが合併してできたため、非常に幅広い製品群を持っているのが強みです。最大の柱はコックピットモジュールなど内装事業で全体の3割強を占めます。       次いでラジエーターなど熱交換器とエアコンなど空調器をまとめたサーマル(熱)関連が3割弱、速度メーターなどの計器類を含めたエレクトロニクス(電子部品)関連が2割、さらにマフラーなど排気関連が2割という構成です。今後は電気自動車(EV)化の流れもあり電子部品が増えていくでしょう。     カルソニックカンセイは、日本ラジエーター製造(1938年創業)として始まったカルソニックと、関東精器(56年創業)として始まったカンセイという、日産自動車を顧客とする2大手部品メーカーが2000年に合併して誕生した。05年には日産の連結子会社となるが、17年に日産が米投資ファンド、コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)傘下のCKホールディングス(HD)が実施した株式公開買い付けに応じたことで同社の完全子会社となる。       ── 2大部品メーカーの合併は大変でしたか。       森谷 当時、日産の買い付け部門にいた私は、非常に近い立場で合併を見ていました。ちょうど自動車業界にも「モジュール化」、つまり、パソコンなど電子機器のように、標準化されたモジュール部品を組み合わせて製品を設計するという新しい流れが起きていました。相乗効果が出るまでは時間がかかるとの見方もありましたが、スムーズに一つの組織としてまとまりました。日産がモジュール化で他社に先行できたのは合併の効果だと思います。       ── 具体的な効果とは。       森谷 当社の強みは製品群の広さのほかに、コックピットモジュールなど通常は完成車メーカーが内製する製品の開発をリードしていることです。これは他社にはない特長で、クルマの開発の全工程を理解しているからできることです。       クルマは自動運転化や電動化、インターネットとつながるコネクテッド化など複数の領域で技術革新が進んでいて、完成車メーカーは開発のための人材や技術が不足しています。重要パーツの開発を任せられる当社のような部品メーカ

インタビュー

おじさんAIからAIレコメンドまで7種類のAIサービスを提供、ファッション特化のAIスタートアップ「NEWROPE」

酒井聡 2011年、株式会社マイナビ新卒入社。大学や専門学校の情報を取り扱う教育広報事業部にて、情報誌の編集、マーケットリサーチ、プロモーション、営業支援などの業務に就く。進学情報誌「進路のミカタ」創刊にて、編集デスクを務める。2012年、株式会社ランチェスターにてウェブアプリケーション、スマホアプリケーションの開発をメインとする当社にて、複数のプロジェクトに従事。2013年、中小企業診断士資格を取得、株式会社 Present Square執行役員就任。2014年サイバーエージェント主催の「アントレプレナー・イノベーションキャンプ」で優勝し、同社より出資を受けて株式会社ニューロープを起業。 ファッション特化、7種類のAIサービスを提供 矢野経済研究所によると2016年の国内アパレル総小売市場規模は前年比98.5%の9兆2,202億円、紳士服、婦人服、ベビー・子供服いずれも減少している。一方で通販チャネルのシェアが高まっていく見通しで、ファッションテックと呼ばれるIT企業が成長を見せている。 その中でファッションに特化して様々なAIをリリースしているスタートアップがある。それが「NEWROPE」だ。 ひとことでいうと「ファッション特化の人工知能を使った分析、レコメンドシステム」をアパレルサービス企業に提供している会社です。 中核になっているのは#CBK scnnr API。 #CBK scnnr はどんなエンジンなのだろう。 CBK scnnrはファッションスナップの解析をして、アイテム分類しアイテムごとのタグ付をするAIエンジンです。そのエンジンをAPIで利用し、ECサイトでのレコメンド、オウンドメディア内などでのメディアコマース、EC内での画像検索、接客チャットボット、 ファッション特化のアドセンスサービス、SNS等でのファッショントレンド分析、売り場でのカメラを使った顧客ファッション解析まで、幅広くサービスを開発して提供しています。 どんな顧客がいるのだろう。 EC、出版社、アパレル(SPA)さんまでファッションの画像を持たれている会社に幅広く使っていただいています。特にアパレルのSPA系企業さんはは品数が多くて当社のAIが力を発揮しやすいですね。社名は明かせないことが多いのですが、モバオクさんではメディアコマース、マガシークさんでは画像検索をご利用いただいたりしています。 『モバオク』内に新しく展開されたWebマガジンの『M/Mag.』。記事に掲載されているコーデに気に入ったものがあれば、読者はワンタップで類似商品を『モバオク』出品アイテムから検索できる。各社が展開するオウンドの収益化に有効な仕組みだろう。 マガシークではユーザーがSNSや雑誌、街で見かけた商品、コーディネートの写真などをアプリへ読み込むと、読み込んだ商品の類似商品が出てくる。テキスト検索の頻度が減っているスマホユーザーに有効な施策だ。 ただ、画像認識の領域は競合も多い。 競合さんと比較すると、精度が自慢です。優位性が3つあります。ひとつは2014年からコーディネイトアプリをやってるので教師データがたくさんあります。もうひとつは画像を言語化してタグ付しているので画像だけでなく言語との掛け合わせができることです。最後にチューニングもずっとやっていますのでノウハウも溜まっています。 特に言語化しておくと、チャットボットでの展開なども強いのですが、画像認識の多くは似た画像を探すものですので、ここまで言語化できているところも珍しいかもしれません。 ファッション解析LINEBOT「ファッションおじさん」などはその成果のひとつと言えるだろう。 言語化されている画像データは今後の自然言語への展開なども考えやすい。 サイバーエージェント主催の「アントレプレナー・イノベーションキャンプ」で優勝 なぜこのようなサービスを始めたのだろう。 元々起業ってかっこいいと思っていて、領域×サービスを掛け合わせてアイデアだしたりしてたんですが意外とファッション×テックで勝っているものがなかったんですよね。そこでサイバーエージェント主催の「アントレプレナー・イノベーションキャンプ」に応募したら優勝しました。出資ももらえてコーディネイトアプリ「CUBKI」を始めました。 現在も「CUBKI」は運営されている。 そこからAIに至るには紆余曲折があったようだ。 「CUBKI」はスタイリストが提供するメディアですが、それ1本だと厳しいかったですね。インフルエンサーを抱えていたのでイベント送客とかもやってみましたが、当日来ないとかトラブルもあって自分に向いてないなと考えました。あとはSEOや記事作成もやりましたけどライティングの安値競争はつらくてやめました。 気づきはメディア運営の中にあったそう。 「CUBKI」のファッションスナップの中にアフィリエイトをいれると結構購買してくれることに気づきました。マッチしたアイテムを自動で挿入できるようにと考えて、そこからAIを作りはじめました。 プレスリリースを出すまで1年、初期で解析しなければいけない物量が大きくてデータを解析する時間がかかりました。そのあと教師データの追加などもしたのでさらに時間がかかりましたね。 アイテム組み合わせのレコメンドBOTなどは、スタイリスト発のメディアを運営したノウハウが生きている。 起業からの積み重ねが現在の優位性につながっている。 テクノロジーをとがらせてサイエンスティックな会社に 将来を聞いた。 直近はファッションテックNO1を目指しますが、ヘアスタイル、メイク、インテリアまでAI領域を広げていきたいです。 酒井さんはその先も見据えているようだ。 テクノロジーをとがらせてサイエンスティックな会社にしたいですね。個人としては自然科学に興味があって、ユーグレナ、昆虫食、とかにも興味があります。サメの肌構造を活かした飛行機とかあるじゃないですか、そういうのはわくわくします。フロンティアが楽しいと思っているので感性を科学するみたいな方向性もあるかもしれないですね。 まだ構想は始まったばかりだが、ファッションを超えてテクノロジー企業として成長する構想だ。 編集後記 スタートアップタイムズでも起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。 15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか? 日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資

ニュース

トーセは売り一巡して反発期待、18年8月期大幅増収増益予想

トーセ<4728>(東1)は家庭用ゲームソフト開発・制作請負の専業最大手である。複雑化・多様化するゲーム市場において、豊富なパイプライン展開を可能とする多彩な技術ポートフォリオなどを強みとしている。18年8月期は収益性の高い案件の受注拡大で大幅増収増益予想である。株価は地合い悪化の影響で水準を切り下げたが売り一巡感を強めている。大幅増収増益予想を再評価して反発が期待される。■家庭用ゲームソフト開発・制作請負の専業最大手 家庭用ゲームソフト開発・制作請負の専業最大手で、デジタ..

ニュース

イスラエル8200部隊出身の起業家が描く「サイバーグリッド構想」

CyberGym(サイバージム)のハッカールーム。軍のサイバーインテリジェンス部隊で活躍した講師陣がクラッカーに扮し、ハッカールームから攻撃を仕掛ける。近年、サイバー攻撃の急増に伴い、各国の企業でセキュリティに対する意識が高まりつつある。そこへ、イスラエルの起業家が世界的なサイバー防衛ネットワークを

ニュース

大企業も試されるピッチイベント 技術をサーチ、成果につなげる

大企業の依頼を受けて、中小企業やスタートアップの持つ技術をピンポイントで探索してきた企業が、より広いテーマを設定したピッチイベントを開催する。外部から技術や知見を取り入れたい大企業と、大企業との連携を通じて成長したい中小・スタートアップ。成果を出す鍵となるのはスピードだ。

ニュース

融合を試みる、ふたつの ブロックチェーン :パブリック型とプライベート型

パブリック型とプライベート型のブロックチェーンは、アーキテクチャが異なるかもしれないが連携は可能だ。パブリック型のブロックチェーンは、プライベート型よりも急速に拡大しているが、まだ本当に実用的なものになるには至っていない。 The post 融合を試みる、ふたつの ブロックチェーン :パブリック型とプライベート型 appeared first on DIGIDAY[日本版].

ニュース

#バーバリー が2018 February コレクションをロンドンで発表 ショー直後から一部を #カプセルコレクション として発売

【ロンドン発・2018 年2月18 日】2 月17日、 バーバリーは2018 February コレクションを… Related posts: 2016年春夏 バーバリー プローサム メンズコレクションをロンドンよりライブストリーミング Burberry ロンドンからライブ中継 バーバリー最新 ウィメンズコレクション バーバリー(burberry)がレーベル統合発表後、初のウィメンズコレクションをロンドンで発表 H&M、初のブラックフライデーをテーマにしたカプセルコレクションの発売 バーバリー クリストファー・ベイリーとジェファーソン・ハック主催の「WE CAN’T DO THIS ALONE – JEFFERSON HACK THE SYSTEM」ローンチ記念イベントを開催

ニュース

AI関連本は、どんな本が売れているのか? どんな人が買っているのか?

『AI vs.教科書が読めない子どもたち』がHONZのレビューをきっかけに大きく売上を伸ばしています。この本をはじめとして、昨年末からAI関連の書籍の点数が急激に増えてきています。成長著しい分野のため、読者が求めるのも最新の情報ということで、やはり新刊への注目度が高い模様。実際にどんな本が売れているのか、どんな方が買っているのか、今回はAI関連本について見ていきたいと思います。

ニュース

Amazonジェフ・ベゾスが弟マークに語った「ワークライフバランス」の危険性

外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンが、日本・マレーシア・シンガポール・香港・中国の3000社の従業員を対象に「ワークライフバランス」について意識調査を行った結果、日本が随一に悪いことが判明した。実際、日本での労働時間は、世界でも話題になっている。“Karoshi(過

ニュース

「移住が絶対条件ではない」地方創生を成功に導く“民間企業的マインド”の公務員

岡山県西粟倉村役場の地方創生特任参事・上山隆浩さん(写真:西粟倉村提供)ローカルベンチャースクールは、西粟倉村だけでなく他の10自治体と協力して行う(写真:西粟倉村提供)地方創生の成功の陰には、その「黒子」ともいえる公務員の姿がある。岡山県西粟倉村の場合は、民間企業的マインドの公務員がその立役者とな

ニュース

疲れた日は「今日は寝る」と書くだけでいい。月収10万円が1400万円になった自分と向き合う習慣をつける「3行ノート」の魔法【後編】

4人の子どもを育てる月収10万円のシングルマザーが、たった2年で月収1400万円を稼ぐ起業家に。そんなおとぎ話のような夢を実現した藤本さきこさんが、もっともっと豊かな世界を見るため実践しているのが「3行ノート」の法則。誰でも簡単に、あっというまにザクザク稼げて幸せになれるという、その実践方法を大公…つづきを読む