スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /実際に人物がそこにいるような感覚に!次世代の映像テクノロジーで「デジタルのリアル化」を目指すサービス「Holotch(ホロッチ)」ーーHolotch株式会社
インタビュー 2020.11.16

実際に人物がそこにいるような感覚に!次世代の映像テクノロジーで「デジタルのリアル化」を目指すサービス「Holotch(ホロッチ)」ーーHolotch株式会社

「ホログラム」聞き覚えのある方もいるではないだろうか?ホログラムとはホログラフィーという技術で光を映写し、3次元像を記録した写真、映像を閲覧することだ。製造業では紙幣やカードの偽造対策に使われている。

そんなホログラム技術を利用して、デジタルとリアルの融合を実現しようとしている会社がある。Holotch株式会社だ。

Holotch株式会社が提供する「Holotch(ホロッチ)」は、ホログラム映像を使用して、スマートフォンをかざすと実在する人物がそこにいるような感覚を味わえるサービスだ。

代表取締役の小池浩希さんは、映画業界にいたときにホログラムに”映像の可能性”を感じ、同社を立ち上げた。サービスの提供を通じて、「デジタルのリアル化」を目指すそうだ。

「Holotch」とはどんなサービスなのか。詳しく見ていこう!

プロフィール

 

Holotch株式会社 代表取締役

小池浩希

ありのままをありのまま届けることができる新しい映像サービス

ー「ホロッチ」を一言でいうと?

ホログラムのエコシステムを構築するプロジェクトです。言い換えれば、ホログラム映像・技術がどのような場面で利用され、社会に循環できるかを開拓していいます。

ホログラム映像は、実在する人物をどこからでも立体的に見ることができる3Dデータです。

HolotchはVRやARを使うことで、スマートフォンをかざしたり、専用グラスを通して見ると、実際にそこにいるように立体的に実写のホログラムを映し出すという技術を開発しました。3Dなので、大きさや角度など自由に変えて楽しめますし、実際に自分がホログラム映像に写った人と本当に会っているような感覚になれるんです。

ーーどんな場面で利用していきたいですか?

私はもともとエンタメ業界出身なので、エンターテインメント向けにホログラムを活用できたらいいなと思っています。

実際に、あるアイドルのオンラインライブで彼女たちの映像とホログラム映像を同時に配信しました。立体映像なので、大きさを変えたり、角度を変えたりして「推し」だけを見ることもできます。ホログラム映像を見るということは、自分が一番ベストだと思う席、つまりVIP席にいつも座れるようなものなのです。

コロナウイルス流行の影響で、劇場に人を集めることが困難になり、エンターテインメント業界も苦しい状況が続いています。そういったときにホログラム映像を使うことで、家でも実際にアーティストや芸術作品を見ているような感覚を味わってもらえるようになると思うんです。新しいおうち時間の過ごし方として、また、新しいエンタメのあり方として、ホログラムは今の時代にぴったりの技術です。

ホログラムに”映像の未来”を感じたため諦めきれず、2度目の企業

ーーなぜこのサービスを始めようとしたのですか?

ホログラム映像の可能性に魅せられたからです。

私はもともと、映像の未来を創りたくて映画業界に入りました。そして、2014年にVRに出会いました。そのときに、「映像の未来は画面でみるものから、グラスを通して何かを見る、という風に変わっていくんだろうな」と思ったんです。私は実写の映画を作っていたので、実写の人物をVR・ARで見るにはどうしたら良いか考えていた時、ホログラムに出会ったんです。「ホログラムこそ、映像の未来だ!」と魅せられ、思い切って起業しました。

それが1回目の起業ですね。私は技術者ではないので、会社を立ち上げてからホログラムの技術者を探したり、資金を調達したり、かなり大変でした。

—1回目ということは今回は2回目なんですか?

実は今回2回目の起業なんです。1回目はカナダで起業したのですがうまくいかず、1度閉じていて。どうしても諦めきれず日本で再挑戦中です。

ーー1回目の起業と違う点は何ですか?

社会情勢が違うところです。

1回目の起業の時は、何不自由なく劇場に足を運び、楽しむことが可能でしたが、今は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴いエンターテインメント業界は苦境に立たされています。現在はすべての活動が「オンラインファースト」となり、オンラインコミュニケーションの難しさという課題が浮き彫りになってきていますよね。

そこで、ホログラム技術を使えば、実在する人物をありのまま映せるので、オンラインで生まれてしまう人との距離感やコミュニケーションの難しさをを解消できると考えています。その点で、1回目の起業に比べて今は、課題感に対応できるソリューションとして時代のニーズが高まったと言えると考えています。

ーー印象に残っているハードルや乗り越えた壁はありますか?

1番難しいのは、ホログラム映像はほとんどの皆さんが今までに経験したことがないことなので、文字や言葉で説明するのが難しい点です。

ホログラムと言葉で言われても、なんとなくでしか理解できないと思います。実際に見て経験しないことには、ホログラムの可能性を感じてもらえないことが、我々の一番の課題です。

また、ホログラムが活躍できるマーケットを見つけることが必要だと思います。いろいろなものに使えるからこそ、誰もが使えるものとして広まってほしいですね。今は、さまざまな場面での活用を検討し、マーケットを絞り込んでいます。

ホログラムを使った「スポーツのリアルタイム配信」が一番の夢

ーーこのサービスの今後は?

2021年の春にはβ版でのローンチを考えています。

ホログラムの可能性は無限大で、使う人によって、用途も変わってくると思います。ローンチに向けて、どんな分野でどのように、どんな人たちに使われていくのか実証実験を続け、探っていきたいです。

また、オリンピックの開催も予定されているので、テレビ放送と合わせて同時配信なども挑戦してみたいと思っています。

自分の家にメダルを獲った選手を映して、その選手の身長や筋肉の厚さ、躍動感、臨場感を感じ取ることができたら面白いと思いませんか?いくら画質がよくなっても2Dでは把握しきれない情報がたくさんあります。ホログラムだからこそできることを見つけて、実用性の可能性を広げていきたいです。

ーー目指す世界観を教えてください。

「デジタルのリアル化」、「スポーツのリアルタイム配信」を目指しています。

映像をホログラム化することによって、リアルと変わらない体験や、リアルだったら絶対にできない体験をすることができるようになります。Holotchでは、「デジタルのリアル化」を押し進めるべく、これからもホログラム映像の実験、開発、改良を行い、私たちの生活にどのように活用できるかを探っていきたいと思います。

また、私自身とてもスポーツが好きで、中でもバスケが大好きなんです。そこで、スポーツのリアルタイム配信、特にバスケの試合をリアルタイムでホログラム配信をしてみたいと思っています。これができるようになったら、選手のスピードや雰囲気を感じ取って楽しむことはもちろん、トレーニングの教材として応用することもできます。このスポーツのリアルタイム配信に関しては私個人が一番やりたいことなので、これができるまではホログラムをやり続けます!

取材させていただけるスタートアップ、募集中。詳しくはこちら

無料取材を申し込む

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

アイデアカベウチ フューチャーコンビニエント株式会社 法人設立

日本初の障害者雇用専門の企業口コミサービス「アンブレ(Umbre)」ーーネクストワン合同会社

空気からミネラルウォーターを作り続ける!次世代のハイブリッド型ウォーターサーバー「無限水」ーーENELL株式会社

業界初「移籍金」システムで実現するプロ人材のオープンな転職「HR TRADE(エイチアールトレード)」ーー株式会社プロフィフティーン

クライアントに寄り添う分析で間接経費を削減する「COSTON」ーー株式会社アイキューブ

AIでオンラインゲームや経費申請の不正を見抜く!不正検知プラットフォーム「Stena(ステナ)」ーー株式会社ChillStack

G検定直前対策セミナー 法律・社会編 開催

【医療従事者に調査】 コロナ禍で生活「変わった」は84.6%、収入「変わらず」は47.1% コロナワクチン接種希望は48.1%

〜コロナ禍で創業60年の老舗管工事会社が後継者不在で事業承継〜 M&A総合研究所を介して東海管工株式会社と株式会社イシイ設備工業のM&Aが7ヶ月で成約 M

「未利用の農作物を減らしたい」作って欲しい農作物を作る、逆転発想の農作物安定供給プラットフォームーー株式会社エーエスピー

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK