スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /テレワークの新たな救世主!さまざまなテレワークのスタイルを支え、活性化させるサービス「Remorks(リモークス)」ーー冒険社プラコレ
インタビュー 2021.05.20

テレワークの新たな救世主!さまざまなテレワークのスタイルを支え、活性化させるサービス「Remorks(リモークス)」ーー冒険社プラコレ

現在もまだ収束する気配のない新型コロナウイルスの流行。コロナ禍に伴い、テレワークを初めて導入した企業も多いのではないだろうか。だが、現場ではコミュニケーション不足や労働時間の管理など、課題が浮き彫りになりつつある。

そんな課題を抱える企業に導入してほしいサービスがある。

冒険社プラコレが提供する「Remorks(リモークス)」だ。2015年の創業当時からWeb上に本社を置き、テレワークを導入してきたことで見つけた課題を解決するためにサービスを立ち上げたという。

「Remorks」とはどんなサービスなのか。詳しく見ていこう。

プロフィール

冒険社プラコレ

田辺 梓   打訳美由

「4つの機能」でテレワークを活性化させる唯一無二のツール

ーー「Remorks」を一言でいうと?

テレワークの活性化ツールです。

新型コロナウイルスの流行に伴い、テレワークが当たり前になってきた中で、テレワーク活性化のお手伝いをさせていただきたいと思っています。

ーーどういった企業に向けたサービスですか?

在宅やオフィスへの出勤の両方を採用している企業、サテライトオフィスなど各地に他拠点を設置している企業、オール在宅で行っている企業などの、さまざまなテレワークのスタイルをもっている企業に向けたサービスです。

ーー利用するメリットを教えてください。

「社員とのコミュニケーションが取りづらい」「労働時間の申告が適正かどうかの確認が難しい」「勤怠管理が難しい」などといった、テレワークを導入することで発生しがちな課題を解決できることです。

ーー具体的にはどのような機能がありますか?

大きく分けて4つの機能があります。

1つ目は、音声会話機能です。ボタンを押すと、その場でメンバーとの会話が始まります。ZoomやMicrosoft Teamsなどといったきちんとした通話ツールではなく、オフィスに出社している人に声をかけるような、ビデオ通話をするまでもないちょっとしたコミュニケーションを図れる機能です。

2つ目はコミュニケーション機能です。出退勤を打刻するときにTo doや日報を送ることができ、そこでチームメンバーからコメントやアドバイス、評価などを受け取ることができるので、社員同士のノウハウの共有やコミュニケーションの活性化に繋がります。また、「今度ランチ行きましょう」といったメッセージから始まる気軽なコミュニケーションを取ることもできます。

3つ目は位置情報機能です。出勤したメンバーがアイコンで表示されるようになっているので、誰がどこのオフィスにいるのか、お休みなのか、休憩中なのかなどが一目で分かります。また、スマホアプリ限定ですが、マップでメンバーの位置が共有できる機能も搭載しています。マップ上にメンバーのアイコンが表示されるので、例えば営業の方がどこへ移動しているのかなどを把握することができるでしょう。

4つ目は勤怠管理機能です。出退勤の管理はもちろん、メンバーがどのくらい休憩や残業をしているかなども管理できます。

ーー競合サービスはありますか?それとの違いは何でしょう?

先ほど説明した4つの機能それぞれに特化したサービスはたくさんありますが、Remorksはこうした機能をすべて一つのツールにまとめており、どのようなニーズにも対応できることを大きな強みとしています。

また、最近は「Zoom疲れ」という言葉も耳にします。ビデオ通話をするまでもないちょっとしたコミュニケーションが不足している会社も多いと思いますので、Remorks独自の音声会話機能をぜひご利用いただきたいですね。

創業当時からテレワークを導入してきたからこそ分かる課題を解決するために

ーーサービスを立ち上げた経緯について教えてください。

弊社は創業した2015年からWebを本社として、「オンラインで繋がりながら、オフラインでは自由な場所で働く」という働き方の多様性を重視してきた会社です。そのため、リモートワークが一般的になる前から5年ほど実践し続けてきましたし、リモートワークの実践で浮上しがちな課題に数多く直面してきました。そういった課題を解決して、リモートワークで働く会社を増やしていきたいという思いからRemorksの開発に至りました。

ーー新型コロナウイルスが流行する前から計画されていたのですか?

はい。「リモートワークの不便な点を解決するためのツールがあるといいよね」と開発を進めていたところで新型コロナウイルスが流行し、リモートワークの導入にたくさんの企業が困っていると耳にしました。それなら、社外に公開して弊社のようにテレワークを豊かに実践する会社を増やしていきたいと思い、リリースに至りました。

世界中どこにいても出勤できる未来を目指して

ーーこのサービスの今後は?

まずは、β版として社外にローンチし、導入社数を増やしてフィードバックをいただきながら、サービスをさらにブラッシュアップしていきたいと思っています。

ーー目指す世界観を教えてください。

今後はRemorksを仮想オフィスとして開発し、リモートワークとオフィスワークという区分をなくし、「実際に出勤しているよりも出勤している」ような体験を提供したいと思っています。

このツールは世界中のどこからでも利用できます。日本だけでなく、世界中どこにいても出勤できる未来を創って、人々の自由な働き方を促進していきたいです。

「Remorks」が気になった方は、以下のリンクまで。

サイトへ

取材させていただけるスタートアップ、募集中。詳しくはこちら

無料取材を申し込む

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

収集品の共同保有プラットフォーム「alty(オルティ)」、 コレクター間取引機能やウォレット機能等をリリース

DX推進における統合管理ソリューション「INTEGRATION」をリリース

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

入札市場の発展、拡大に貢献した自治体を表彰する 「NJSS 入札Award 2022」が開催  大賞は、秋田県庁、京都市役所

「ミライノピッチ2022」予選通過者10名が決定!情報通信分野で輝くビジネスモデルをキャッチ

エビソル、飲食店向けインバウンドに関するアンケート調査結果を発表 インバウンド規制緩和から1ヶ月、飲食店の半数以上が客足が増加していると回答

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

HRサービスのマーケットプレイス「sonar store」運営のThinkingsと、 HRサービス企業17社が、“採用を、変えよう。プロジェクト”を始動!

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK