資料作成における作業やコミュニケーションを自動化するSaaS「flouu」

内田 孝輔

2004年早稲田大学政治経済学部卒業。新卒で東日本電信電話株式会社に入社し、以降、スカイライトコンサルティング、アクセンチュア経営コンサルティング本部にてコンサルティング業務に従事。 その後、スプリックス、フリービット(事業本部長)、カカクコム食べログ本部にて新規事業の立上げに従事した後、株式会社ietty取締役COOとして、既存事業の変革、新規事業の立ち上げ等を経験。 2018年1月より「働くひとの価値を最大化する」をミッションとしたプライズ株式会社を創業。労働生産性をテーマにしたコンサルティングやサービス開発を行っています。 特技は即レスです。

Previous

資料作成の効率化から働き方改革を推進するサービス「flouu」(フロウ)※現在開発中

現代社会人は資料作成に莫大な時間を使っている。また、一つの資料におけるコミュニケーションコストもバカにはならない。flouuは資料作成の効率化から人々の働き方改革を推進する。

「flouu」は一言でいうと「資料作成の作業や対話を自動化するSaaS」のサービスです。資料作成によって現代社会人は価値ある時間をほとんどとれていません。flouuは文章作成の自動化と成果物に関係するコミュニケーションの自動化、この二つに特化しています。

ユーザー同士の同時編集機能やフィードバック反映機能があり、成果物に関係したコミュニケーションコストを削減する作りになっている。

自動レイアウト機能やデータからグラフを自動生成など、資料作りにおける時間効率そのものを改善している。

よく使うコミュニケーションツールと連携できるのもポイントだ。

ユーザーは主にスタートアップの営業マン、広告代理店にも向いていると思います。たくさんの資料を作らなきゃいけないし、時間もない人がターゲットです。

自分が一番忙しかったことに疑問を感じた。僕らってこんなに忙しい必要あったっけ?

サービス開発の経緯について聞いた。

僕は元々コンサルティング会社に8年勤めていました。転職の際に起業を意識したものの、自分が生涯かけるテーマがその時はなく事業会社にいきました。

コンサルティング会社でも事業会社でもハードに働いている中で、この忙しさの理由を客観的に考えるようになったんです。そこで、自分の時間の多くが「資料作成・文書作成」に費やされていることに対して強い課題感を持ち、flouuを構想するに至りました。

働く人が誇りを持ち、働く人を誇りに思える社会にしていく。

将来の展望を聞いた。

社名のprid:zeはprideとprizeを掛け合わせた造語。働く人が誇りを持ち、働く人を誇りにもてる社会を作っていきたいという想いを込めています。

調査によると、労働者は1日4時間資料作成に使っていると言われています。世の中のRPAは特定の業務を90%削減するようなサービスが多いですが、僕らは全ホワイトカラーが使えるサービスで、それぞれの業務時間を20%削減できるものにしていきたい。そうしたら、多分とんでもない時間が削減されるはずなんです。

全ホワイトカラーの資料作成を効率化する、大きな野望を持つ「flouu」を今後も追い続けたい。

編集後記

取材担当中山
元iettyCOOの内田さん。現在は5人で活動しています。

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *