スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /【女子大生大塚】が日本最大級の人事交流コミュニティ「グローバル人事塾」に取材に行ってみた!!!!
インタビュー 2017.02.28

【女子大生大塚】が日本最大級の人事交流コミュニティ「グローバル人事塾」に取材に行ってみた!!!!

皆さんこんにちは!
最近時間が空いたときはとりあえずコンビニの中を徘徊するインターン生の大塚理子です!
・・・どうでもいいですね。

実はなんと初めて取材というものやらをやらせて頂きまして。

今回は!一般社団法人グローバル人事塾さんにお邪魔させて頂きました!!

実は前にこんな記事を書きまして。。。

↓  ↓ クリッククリック ↓  ↓

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

夢が叶いました。

ガクガクブルブル、、、緊張するなー

win_20170212_03_40_59_pro

(目が乾いてきた。。。

あ!!!これは・・・)

dsc_0535-1

↑あああ、、エレベーター前の案内板。
普通は案内板はどこでセミナーが開催されるか迷わず行くことができる重要な道しるべ的存在であるが、
今回はそれが逆に緊張をそそる

という緊張しすぎてなぜか案内板の分析をはじめる私。

本題に入ります。

実はグローバル人事塾さんは毎回、人事・雇用・採用・育成分野のオピニオンリーダーを招いてセミナーを行っているそう。

私が取材に行ったときには
過去にアイデムで働いており、現在は株式会社働きかた研究所の代表取締役 所長
平田未緒さんが講演をされました。

unspecified

 

私が特に印象に残っている言葉は

「雇う側と雇われる側の『相思相愛』」→働いてほしい!働き続けたい!をお互い思うことができる環境

それを叶えるためには,

変化対応→労働人口が減少傾向となっている。そのために、さらにパート、アルバイトが働きたいと思えるような環境づくりを目指す

学ぶは真似ぶ→他社の経営の成功例を真似する

一気通貫→会社の魅力が伝わり、雇われる側へ質問や長所など教えてくれる→自分への興味を持っていると分かり、面接官に好感を持つことができる

 

確かにバイトとかで相思相愛を叶えるために、

コミュニケーションシフトの融通が自由に利く働きやすさ、広告や面接によって魅力が伝わる会社

の方が「この方々と一緒にお仕事がしたい!自分も頑張らなければ」とやる気も出てきます。

相思相愛をどうしたら実現させることができるか。アルバイトだけでなく新卒、転職の採用にも当てはまるものばかりで大変勉強になりました!!


そして!!!

グローバル人事塾の創設者でもある樫村周磨さんにもお話を伺いましたぞ!

12823253_1167184896655476_196946759302277540_o

樫村周磨【プロフィール】
1970年横浜生まれ。広告代理店、大手求人情報会社にて数千社の企業経営者、人事部門対象に一貫して人事・採用コンサルティング業務に責任者として従事。
その間、社長賞始め数々の部門でMVPを受賞。インテリジェンスで活躍後、日本人材ニュースでBtoBサイトの立ち上げに加わり、ゼスト創業後は国内外の成長企業へ中途・新卒採用支援事業を展開する。
経営層・人事勉強会「一般社団法人グローバル人事塾」代表理事。他多数の人事コミュニティを運営。
米国CCE,Inc.認定GCDF-Japanキャリアカウンセラー。
趣味は、陶芸、書道、釣り、アジア旅行、散歩。

上記にもあるように

樫村さんは採用支援や求人広告を取り扱っているゼスト株式会社の代表取締役もやっているそう。

グローバル人事塾」とはなんぞや!?

おおつか記者

いきなりですが、グローバル人事塾とは何ですか

樫村氏

グローバル人事塾とは「過去2500名以上の経営者や人事・人材業界の方々が参加したHR業界の日本最大級のコミュニティーです。HR業界の第一線で活躍するゲストを月2回ベースで招いて、学びや会社という枠にとらわれない交流の場を作り出すことを目的としています。

おおつか記者

すごいですね!毎月二回ほどやられているそうですが、定期的に開催するのは大変なことではないでしょうか。

樫村氏

そうですね。そこが一番大変です。現在は理事や運営が20名ほどいて各タスクごとで役割を分担していますが、当初は3名体制で運営しており、本業の傍ら、深夜帰宅し朝まで勉強会の準備などをやっていました。笑

グローバル人事塾をやろうと思ったきっかけ

おおつか記者

大変なこともたくさんあると分かりました。では、そんな苦労もはねのけてしまうほどの樫村さんがグローバル人事塾をやろうと考えた原動力は何ですか。

樫村氏

「人事のチカラで世界をかえる!」を具現化するためです。ちなみに、グローバル人事塾は[グローバル化時代]に活躍できる人事やビジネスパーソンの学び場、という意味になります。

おおつか

なるほど。それまた意外です。他に理由はありますか。

樫村氏

そうですね。普通の勉強会は単発で終わっちゃったり、定期的に行われても高額なものが多かったりします。定期的に安い値段で行われる勉強会があれば!と考えていたのも人事塾を作った要因の一つに入りますね。

グローバル人事塾の魅力

おおつか

では、樫村さんが考えているグローバル人事塾の「魅力」は何でしょうか。

樫村氏

業界や職種を越えて、横のネットワークを作ることができたり、HR業界で活躍している人も毎回多数参加するので、新しい関係性を構築したり、刺激をたくさん受けることができることが一番の魅力であると考えています。

グローバル人事塾のこれから

おおつか

最後に!!グローバル人事塾さんで「これから」やっていきたいことがありましたら教えてください!。

樫村氏

私が代表を務めているゼストも海外展開をしていますが、海外での人事勉強会を考えています。日本はもちろん世界最大の人事ネットワークをつくることを目標とし、日本発世界で活躍できるビジネスパーソンを増やすことが我々の最大の使命ですね。

まとめ

もともと樫村さんとはお知り合いで、ずっと「グローバル人事塾」のうわさは聞いていたのですが
いやぁ、産業医、ホテルマン、同じ大学の先輩などなど色々な人がいて非常に面白かったです。

定期的にセミナーを行うことは、運営側としては大変なところもあるのではないかと思います。
ですが、樫村さんの「会社という鳥かごにはまった人間ではなく外部の人との交流を大切にする」といった自身の経験に基づいた考え方が、
今のグローバル人事塾の軸にもなっているのだとお話をお伺いして実感しました。

アットホームな雰囲気で楽しかったです。また来たいなぁ。。

樫村さんをはじめ、登壇してくださった平田さん、関係者、参加者の皆様!
取材のご協力本当にありがとうございました!

以上、インターン生の大塚でした。

どろん

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

ニュース記事に特化した文章要約AI「タンテキ」β版(無料)リリース

【第1弾にJR東海】 上質なコーヒーを無人で提供。AIカフェロボット「root C」正式リリース 5月6日(木)より東京駅丸の内中央ビルに設置

自分らしく働くヒントがここに!『働くこと』に悩む双極性障害の方に向けたWebメディア「双極はたらくラボ」ーー株式会社リヴァ

産官学金38機関で構成する大学発ベンチャー創出支援プラットフォーム JSTのSCORE事業で研究開発課題の募集開始 総額予算3億円規模で起業推進

公開記事数は約800!就活生のあらゆる悩みを解決する就活専門ブログ「就活攻略論」ーー株式会社L100

睡眠の質を向上させるブランド寝具のサブスクリプションサービス「SLEEPX(スリープエックス)」ーー株式会社レアリスタ

ミートキャリア、法人向けサービスを拡充 オンボーディング(定着・離職防止)・女性管理職育成を支援

日本のキャリアSNS「YOUTRUST」がiOSアプリを正式リリース

参加者の募集から購入品の分配までを一括で行えるグループオーダーアプリ「comono」で、特別な購入体験を分かち合える世界にーーcomono株式会社

SONAR ATS、4月27日(火)に採用担当者向けオンラインイベント「どこよりも早い23採用~求める応募者を採用するためのKPI&フロー設計~」を開催

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK