スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /MAツールを無料提供!?リモートワーカー集団の「takusale」
インタビュー 2018.04.26

MAツールを無料提供!?リモートワーカー集団の「takusale」

田中亮大

結婚と息子の誕生で価値観が大きく変わる。今までの仕事中心から家族を軸に置いた人生に変えたく、自らの働きかたを変えるためにも、タクセル社を設立した。

MAツールは初期費用が高い、なので無料でやります

MA(マーケティングオートメーション)ツールが日本に進出したのはかなり前のことだ。企業にとって、非常に関心を持てるジャンルではあるものの、導入費用が高い、使い方が難しいなどいまだに課題は山積みだ。その両方の課題に対して、ソリューションを提供するスタートアップが「takusale」である。

一言でいうと「クラウド営業部を社外で持てる」サービスです。サービスの名前は「KAIGAN」。大きく二つの点で、お客様にメリットを提供できます。

 

「takusale」では、現在B2B向けビジネスを行っている。ソリューションとしては2軸の構えだ。

1つ目は、MAツールの無料化です。現在市場に大きな問題としてあるのが、単純にMAツールが高い!ことです。どのツールも導入費用として安くて数十万円~高いと数百万円は優に超えます。また月額の利用料も20~30万円以上。ここに社内の運用者、コンテンツ作成費、システム設定手間賃などいれれば、MAの運用には、大げさでなく、月100万円は超えます。大企業にとっては検討可能な金額ですが、中小ベンチャーは尻込みしてしまう。

そこで私たちはMAツール自体は無料で導入運用できるようにしました。高額なままだと市場に浸透しませんし、知識もいつまでもつきません。無料だったら導入してみようかなと思ってもらえる、皆様のお役に立ちたいと思いました。

もう一つの特徴は、MAに関するコンサルティングと運用代行をやっていること。先ほどお話しした市場に浸透しない理由として、知識がない使いにくいという点が挙げられます。弊社では、そういったMAサービスの難しいところをコンサルだけでなくアウトソーシングで運用代行をすることが可能です。

特筆すべきは、他社で20~30万円以上する機能を有するツール代が無料であることだ。では、なぜMAツールを無料で提供できるのか。そこに迫る。

ツール代を無料にしても、現実的に、クライアントが自社内で、全てMA関連業務を内製化することは難しいです。導入設定、シナリオ構築、コンテンツ作成、システム設定、インサイドセールス構築、CRM項目設定・・・これらのツール以外の実作業部分のサポート業務を請け負うことで事業化をしています。

もう一つの特徴としてこれらのスタッフは、リモートワークです。日本中(今や海外も)いろんな場所でワーカーを確保しています。

リモートワーカー、クラウドワーカーを用いたサービス展開は今までにない。ツールの無料化というのも導入のきっかけとしては非常に障壁が低い。業界の課題を抑えたビジネスづくりをしているようだ。

リモートワークという働き方

なぜ創業をしたのかきいた。

以前はバリバリ働くことが幸せだと思ってました。だけど、子供が生まれてからきがつきました、家族に向き合う時間の大切さを。そこでリモートワークをはじめ新しい働き方の重要性に痛感しました。私自身は、違和感なく新しい働き方に移行できましたが、世間ではリモートワークの導入、働き方改革が進んでいません。

弊社では、一人一人が大切なことを大切にできる働き方を実現してほしく、新しい働き方を推進し、リモートでも働ける職域を広げることを使命としています。デジタルのITの力を上手く活用すれば、仕事と大切なこと、人を大切にできる時間との両立は可能だと信じ、「タクセル」を創業しました。

MAツールのサービスを作ったのも、たまたまの偶然。私自身が長く営業に携わり、また またかねてより課題をかかえていたフィールドだったからでした。営業という旧態依然とした職業の価値を再発見し、MAによって働き方の再構築をしたかったからです

 

「地方で働くのってかっこいいよね」そんな世の中にしたい

将来をきいた。

現在私たちはすでに、地方の自治体と手を組んで採用活動を行っています。サービスの展開するにつれて、ワーカーもどんどん増えていくでしょう。リモートワークの導入が進めば、東京で働く必要がなくなります。そんな世の中を作ってみたいです。

今って関東中心で人材が集まりますが、私の思い描く未来は、家族とゆっくり過ごせて、かつ人口が分散された社会です。そこに近づけるよう努力していきます。

「takusale」は、革新的なビジネスプランと社会を変えるビジョンを持つ。ここから大きく「働き方改革」を変えてくれることを願う。

KAIGANを使ってみたい!

編集後記

取材担当中山

MAツールの初期費用は本当に高い。そこを0円にする、ビジネスプランは恐れ入りました。弊社でもリモートワーク推奨なんですけど、僕リモートするとサボっちゃうので、田中さんどうすればいいですか?

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

【第1弾にJR東海】 上質なコーヒーを無人で提供。AIカフェロボット「root C」正式リリース 5月6日(木)より東京駅丸の内中央ビルに設置

自分らしく働くヒントがここに!『働くこと』に悩む双極性障害の方に向けたWebメディア「双極はたらくラボ」ーー株式会社リヴァ

産官学金38機関で構成する大学発ベンチャー創出支援プラットフォーム JSTのSCORE事業で研究開発課題の募集開始 総額予算3億円規模で起業推進

公開記事数は約800!就活生のあらゆる悩みを解決する就活専門ブログ「就活攻略論」ーー株式会社L100

睡眠の質を向上させるブランド寝具のサブスクリプションサービス「SLEEPX(スリープエックス)」ーー株式会社レアリスタ

ミートキャリア、法人向けサービスを拡充 オンボーディング(定着・離職防止)・女性管理職育成を支援

日本のキャリアSNS「YOUTRUST」がiOSアプリを正式リリース

参加者の募集から購入品の分配までを一括で行えるグループオーダーアプリ「comono」で、特別な購入体験を分かち合える世界にーーcomono株式会社

SONAR ATS、4月27日(火)に採用担当者向けオンラインイベント「どこよりも早い23採用~求める応募者を採用するためのKPI&フロー設計~」を開催

横浜で活動するアーティストやクリエイターを支援 2021年度アーツコミッション・ヨコハマの助成募集開始!

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK