スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /子どもが学校や保育園からもらってくる紙のプリントを管理するアプリ「ポスリー」
インタビュー 2018.05.09

子どもが学校や保育園からもらってくる紙のプリントを管理するアプリ「ポスリー」

【編集部注】この記事はマッハ取材βで基礎取材したものを編集部が再構成したものです。

子どもが学校や保育園からもらってくる紙のプリントを管理するアプリ「ポスリー」

おしん記者

なんとお呼びしましょうか?名前はなんておっしゃるんですか?

齋藤さん

齋藤明日香といいます。

齋藤明日香

新卒で株式会社VOYAGE GROUPに就職。ウェブディレクターとして、ポイントメディアの開発・運用、アライアンスディレクターとして新規Webサービス、アプリの立ち上げを多数経験。その後、2018年2月に社内ベンチャー制度により、VOYAGE GROUPの100%子会社として、ITを活用した子育て支援事業を行う株式会社cosoralを創業。プライペートでは、3人の子供を持つワーキングマザー。3回の産休育休を経て、自身の実体験から産まれたママ向けのサービス開発を実行中。

おしん記者

どんな事業をやっているんですか?

齋藤さん

子どもが学校や保育園からもらってくる紙のプリントを管理するアプリを運営しています。子ども毎に分類したり、タグ付で見つけやすくすることができます。アラート通知で忘れ物防止にも役立ちます。

おしん記者

創業のきっかけはありますか?

齋藤さん

実際に自分が3人の子育てをしながら働いている中で感じていた課題が原点です。保育園や小学校、習い事など、3人がそれぞれのプリントを持ち帰ってくるため、紙で管理して大事な予定を忘れないようにするのはとても大変で、家が片付かないというイライラもありました。また、保護者会など、平日にある子どもの予定は、仕事のスケジュールと調整するために自分に秘書の方がいれば良いのにと思い、今回のサービスを企画・開発に至りました。

おしん記者

サービスの利用法を教えてください。

齋藤さん

アプリストアで「ポスリー」を検索、インストールしてください。「ポスリー」を開いて、早速お子さんが持って帰ってきた学校や保育園のプリントを撮影してもらうことができます。プリントに子どもの名前を設定したり、好きなキーワードでタグを設定できるので、簡単に分類し、探すことができます。

おしん記者

競合サービスってありますか?

齋藤さん

Evernoteは、お便りの管理に使ってる方がいらっしゃるそうですが、ビジネス向けのため使い方が難しく使いこなせないという意見がありました。ポスリーは、誰でも使えるUI、シンプルな機能を実装しています。

おしん記者

これからの目標を教えてください。

齋藤さん

ITを活用し、子育てを楽に、楽しくすることで、子育てを頑張っている人たちの笑顔を増やしていきたいです。
「ポスリー」について知る

スタートアップタイムズでも起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。

15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか?


マッハ取材はこちら

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

プログラミング転職大陸のリリース|株式会社プルチーノ

ICTの力で先生たちの業務負担を軽減!保育業務支援システム「Hoisys」

飲食店の経営に役立つサービスを見つけられる情報比較メディア「CAROT(キャロット)」ーーキャロット株式会社

ホテルの客室、ラウンジや朝食会場などの遊休空間を活用し、スキマ時間に働く場所を提供するワークスペースサービス「Threes(スリーズ)」ーートーキョーサンマルナナ株式会社

イメージ通りの曲が作れるAI作曲クラウドサービス「SOUNDRAW」で楽曲制作の民主化を実現するーーSOUNDRAW株式会社

AppsFlyer、“永年無料”のアプリマーケティングツール利用サービス「Zero Plan」リリース

ベネフィット・ステーションの福利厚生サービスとして、 5月からミートキャリアのカウンセリングを提供開始!

Nishikaが新たなデータサイエンスコンペティション「日本絵画に描かれた人物の顔分類に機械学習で挑戦!」をスタート

【業界初】フリーエンジニアの悩みを一挙に解決するサービス「Stanfit」始動!

高度な営業企画書をオンライン上で自動生成。クラウド型提案書作成サービス『YAORDER』β版の事前登録を受付開始。

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK